三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

959パニガーレがお買い得?

959パニガーレが遂に値下げとなりました。
赤男爵のフェスタ対象になったからですが、新しいモデルの発表もなかったので、謎であります。
新車もDucatiの項目はやたらとラインアップが寂しいですし、もしや取り扱いを縮小する方向なのでしょうか?

それはさておき、959の価格です。
フェスタ前は200万超えでしたので、20万弱もの値下げとなります。
Ducati_festa5.png

何という美しさ。
もはや、バイクという枠を超えているのでないでしょうか。

カラーは白ですが、赤と甲乙つけがたいですね。
格好良さより、芸術的な美しさを強く感じるという、ほんと希有なバイクだと思います。
マフラーもこれなら許容範囲でしょう。

しかし、値下げしたとはいえ、まだ高いですな……w
国産ならリッターSSが買えるお値段。
ミドルクラスなので150万くらいなら良かったのですが。

ちなみに前フラグシップモデルの1199はまだ残っています。
Ducati_festa.png
959より安いですね。
何でこんなに売れないのか。
私は恐らくスペックではないかと思います。
鬼規制の時期に発売されたからか、馬力が135PSしかないのです。
(959はそのままで140PS)

勿論、あの最高にクールなマフラーを付けて、フルパワーにすることも出来ますが、30万近くかかりますからね。
騒音基準を超えてしまうので、赤男爵だとメンテも受けられなくなるというデメリットも出てしまいます。
これなら899、959を買うわという人が多数なのも致し方なし。

ただ、959は重量増になってしまいましたので、悩ましい所ではありますね。
まあ、お金に余裕がある方は1299という選択肢になるのでしょうけど。

ちなみに150万ちょっとだった899はあっという間に売り切れました。
無理して抑えておけば良かったかなと、少し後悔しております。
出来れば、このまま959が売れ残り、150万くらいになってくれれば……w

ただ、この価格でも間違いなく売り切れてしまうと思います。
購入を迷っている方は、赤男爵へダッシュを!
  1. 2017/05/12(金) 21:24:44|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亀田興毅に勝ったら1000万

長かったGWも終わりました。
(私は1日しか休みがありませんでしたが……)
皆さん、五月病は発症しておりませんでしょうか?

ご覧になられた方も多いかと思いますが、GW最後の日、興味深い番組がやっていました。
亀田興毅に勝ったら1000万という番組で、元世界王者の亀田興毅氏と素人が戦うというものです。

1人3Rで行い、4人の挑戦者が挑みます。
大雑把に職種で説明しますと、ホスト、ユーチューバー(ボクシング経験者)、学校の先生、元暴走族総長となります。
グローブは14オンス、両者ともヘッドギアありというルール。

現役時代はヒールといって差し支えない亀田氏でしたが、今回は一癖、二癖もあるチャレンジャーです。
亀田氏を応援していた方も多かったのでは、と思います。

各試合はこちらから。

Abema TVへ

後半になるほど挑戦者が有利になりますね。
ユーチューバーのジョー氏は最後だったら、もう少し接戦になったかもしれません。
一番ボクシングっぽい戦いになっていました。

途中で感じたのが、その昔、一世を風靡したガチンコファイトクラブの臭いがするということ。
見終った後、TBSが制作に関わっていると知り、膝を打ちました。
この確かなDNA……紛れもなく、とw

見せ方も上手かったです。
最最後に一番悪そうな総長をもってきたりと、大いに盛り上がりました。
グローブの大きさに加えてヘッドギア、さらに連戦で消耗していたこともあるのでしょう。
最後はちょっと本気でやっていたように見えましたが、唯一KO出来ませんでしたね。
とは言え、最初からフルパワーのコンビーネーションで攻めていたら、全員1R負けだったはず。
尺的、絵的にそれも出来なかったでしょうから、亀田氏は相当きつかったかと思います。

挑戦者の中ではこの総長がMVPではないでしょうか。
何せ、「亀田氏と戦えたことは1千万以上の価値がある」と、およそ悪人とは思えない名台詞を口にしましたからね。
終わってみればノーサイドというか、ちょっと感動してしまったわ。
亀田氏もそうですが、前日会見の煽り方も役どころを知っている、素晴らしい演技でしたしね。

視聴者数が示すように興業的には大成功みたいです。
これらの試合はAbemaTVにより、YouTubeでリアルタイムに放送されたのですが、サーバーがダウンするほどの視聴率だったとか。

やはり、亀田氏を起用したのがデカかったですね。
これが仮に「マイク・タイソンを倒したら1千万」だったら、誰も挑戦しなかったかとw
あの条件でも死者が出る可能性がありますw

今回、一番心に残ったのは、入場曲でした。
亀田氏の入場曲、サバイバーのBurning Heartです。

私の中では断トツで、筋トレしたくなる曲No.1。
前から欲しかったダンベルを注文してしまいました。

この手の企画は回を重ねるごとにマンネリ化してきます。
それこそ、ガチンコファイトクラブの末路を辿る恐れも十分に。
とりあえず、この大成功で綺麗に終わるのがいいかもしれませんね。

でも、かなり楽しめました。
今後も面白い企画を期待しています。
  1. 2017/05/09(火) 20:27:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪夢再来

皆さん、GWは楽しんでいますでしょうか。
私は1日しか休みがないという激務に溺れています。

そして、GWと言えば……。
ついにこの時期がやってきてしまいましたね。

「おいしょ、おいしょ」

というかけ声で何か分かった貴方は浜松マニア。
そう、浜松祭りの開催です。

この浜松祭り、去年も記事にしましたが、私の中では忌避したいお祭りになりつつあります。
24時間勤務に備えて早く就寝しようと思うものの、爆音にやられてしまうのです。
こんな感じです。

これが23時近くまでw

21時までという法規制があるみたいなのですが、祭り好きの浜松人にとっては、そんなルールはあってないようなもの。
むしろ、取り締まる立場の警察官すら、そちら側の人間という可能性が高いという。

祭りに積極的ではない地域の生まれだからでしょうか?
私にはこれの何が面白いのかさっぱり分かりません。
まー、屋台が綺麗なのは認めますがね。
(これも場所によって差があります)

祭り好きからしたら、つまらないヤツと思われるかもしれませんね。
しかし、こちらは仕事です。
安眠を妨げる輩は許せぬ……と言いたいところですが、そんなことを口にしたら袋叩きにされること必至。
ある種、仕事はおろか、宗教よりも凄いというか、皆、とにかく異常な熱意なのです。
実際、有休を使って打ち合わせしたりしますしね。

近くで爆発が起ころうが、銃声が聞こえようが、彼らは止まらないでしょう。
もはや唯一の対策方法はパチンコ耳栓。
深くすればかなりの音がシャットアウト出来ますし、枕元の目覚ましは聞こえるという優れもの。
パチ屋でも必需品ですね。
これに頼るしかありません。

開催日は5月3~5日です。
日中には凧をあげたり、色々なイベントもあるみたいです。
興味のある方は、是非浜松へお越し下さい。

……私はガン無視で寝ますけどw
  1. 2017/05/02(火) 21:11:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Xデーは25日?

北朝鮮が4月25日に核実験をするのでは、という情報が流れています。
今まで何度か実験してきましたが、今回は少しばかり状況が違います。

何と言っても、現アメリカの大統領はトランプ大統領です。
施策に賛否はあるでしょうが、実行力は大したもの。
そのトランプ大統領が、もしも核実験(ミサイル飛ばしても)したら攻撃すると言っております。

個人的にですが、トランプ大統領はやると言ったらやる、承太郎のような男ではないかと睨んでいます。
今までのように何も出来ないだろうと北朝鮮が高を括って実験しようものなら、戦争になること間違いなし。

いや、戦争にはならないかもですね。
一方的な蹂躙となるでしょう。
頼みの綱のミサイルを潰したら、北朝鮮は何も出来ない気がします。

そもそも、食糧不足で兵士が動けないとか。
食ってないから力が出ず、燃料も不足しているので訓練も出来ず。
こんな状態で白兵戦(爆撃でケリがつきそうですが)なんてどう考えても無理です。

思うに、一番の被害者は彼らかもしれません。
口だけで何も食わせてくれない主君に、無理矢理……かどうかは分かりませんが、忠誠を誓わされ、勝ち目のない戦に赴かされる。
拒否しようものなら、処刑でしょうし。

心から忠誠を誓っている人間が何人居るのやら。
いっそ、クーデターでも起こせばと思うのですが、なかなか難しいのでしょうね。

ただ、少なからずメリットもあります。
金体制が崩れたら拉致問題、国民の食糧問題も解決するかもしれません。

願わくば、頭を潰すだけで片付いて欲しいですね。
何と言っても、国民の方々に罪はありませんから。
必死に食べものを探して、必死に生きている人たちに何の罪があるというのか。
自分だけあんなに肥えやがって。

25日に実験を行うというのも、周りが言っているだけで、北朝鮮が発表したものではないみたいです。
私はさすがにこの状況では行わないと見ています。

が、万が一、アメリカが攻めることになった場合、こちらに被害が出ないとは限らないので、皆さんもご用心を。
かなり低確率だとは思いますが。

どこの国であろうと、罪のない人たちに被害が出ないことを祈るばかりです。
  1. 2017/04/24(月) 19:42:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CBR250RR、正式発表

すでに情報は出ていましたが、CBR250RRが正式発表となりました。
発売日は5月12日となります。

カラーは3種類あります。

ヴィクトリーレッド
CBR250RR_8.jpg
ソードシルバーメタリック
CBR250RR_9.jpg
マットガンパウダーブラックメタリック
CBR250RR_10.jpg

価格ですが、ヴィクトリーレッド以外は75万6000円。
ヴィクトリーレッドは77万7600円と2万円高くなります。
あと、ABSモデルはそれぞれ、80万6760円、82万8360円となります。
上記は全て税込み価格。

いや、たけぇ、たけぇ。
Ninja250が50万程度で買える今となっては、尚更高く感じてしまいます。

でも、スペックは凄いです。
車重はABSモデルで167kgと軽く、パワーは圧巻の38PS。
ちなみにNinja250が174kg(ABSモデル)の31PSです。
ノーマルで180キロは出る……と思います。

その他にも、倒立フォーク、250cc初となるスロットルバイワイヤ、SSにあるような3段階のパワー調整など、至れり尽くせりといった感じ。
この値段も仕方なし、と思わせる装備ですが、ちょっと待って下さい。

インドネシアだと20万くらい安いのは一体何故……。
ドゥカティみたいに日本国価格にしてきたということでしょうか?
でも、国内メーカーがそれをやっちゃなあ……。
10万くらいならまだ輸送料とか税金やらで納得も出来ますが、ちょっと足元を見すぎていませんかな。

さらにインドネシアではレプソルカラーも発売されます。
CBR250RR_11.jpg
カッケー。
これなら80万も納得ですわ。
私が買うなら、絶対この色が欲しいです。
何故、日本でこれを出さないのか?
まあ、色に関してはR25みたいに後から限定色を出す可能性もありますが、インドネシア >> 日本という印象は拭えませんね。

とは言え、車検がなく、普通免許で乗れる250ccの中で最強と言っても良いスペック。
プレミアムな1台と割り切れば、アリかもしれません。
でもね。
返す返すも、だからこそのレプソルカラーだと思うのですよ。

さてはて、この値段だとNinja650と変わらないことになります。
果たして売れるかどうか。
今後、高級路線が流行るのかどうかを占う上でも、要注目の1台ですね。
  1. 2017/04/18(火) 23:09:18|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (176)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する