三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

しばちゃん牧場へ

ようやくBlenderの作業が一段落ついたので、息抜きにバイクで出かけてきました。
今回の目的はソフトクリームです。

何でも、掛川市にある牧場が、そこのミルクを使ってソフトクリームを作っているとのこと。
ソフトクリームマニア? としては行かざるを得ません。

しばちゃん牧場という場所らしいのですが、予想外の山道でした。
私が狩猟へ出かける場所に匹敵するくらい。
掛川はイノシシがよく出ると言いますが、ほんとに出そうです。
ここで狙うのもありですが、夜行性なので犬がないと厳しいですねえ。
罠免許取ろうかな……。

山道を超えたら、長野のような雰囲気に。
sibachan_farm.jpg
何とも癒されますね。
この空気感、嫌いじゃないです。

さて、ソフトクリームはこちら。
sibachan_farm2.jpg
お値段300円。
思ったより甘さ控えめで、後味さっぱりな感じ。
これで500円とかならちょっと……となりますが、300円なら及第点といったところでしょう。

やはり、これには勝てませんね。
お前がナンバーワンだ!
……倍のお値段となりますがw
fujisan_shizuoka4.jpg

近くに牛舎もありました。
中には入れないそうなので、外から撮影。
sibachan_farm3.jpg

牛が大量に居ります。
sibachan_farm4.jpg

牛を見たのは子供の時以来だっけかな。
想像以上にデカいですね。
でも、狩猟の時に見た牡鹿もこれくらいあったかもしれません。
あれは足音からして凄かったです。

帰りは同じ山道ではなく、西に向かいました。
こちらのルート、車はほとんど通らない割に道が整備されており、バイクで走るには最適と言えます。
そのまま国1バイパスに戻れるので、行かれる方は西方面ルートで是非。

久しぶりに2時間ほど走りましたが、気分爽快でした。
かなり涼しくなってきましたし、いよいよツーリングシーズン到来といった感じです。

まだ効果音、BGM制作が残っておりますが、作業の息抜きとして色々出かけたいと思います。
バイク最高!
  1. 2017/09/20(水) 21:42:36|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書き文字表現

本日は15日ぶりの休み(恐ろしいですね)でした。
しかし、台風接近中でどこにも行けず。

すでに忘れ去られている気がしないでもないですが、この私、未だに同人ゲームを作成しております。
今日は自宅にてガリガリと作業を進めておりました。
(ドラクエ11もちょっと進めましたがw)

今は書き文字を作っています。
書き文字というのは手描き風のフォントを指しますが、ゲーム関連で言うと吹き出し文字みたいなイメージとなります。
久しぶりに進捗を公開がてら、簡単に説明などを。

まずはフリーフォントをインストールします。
Blenderでいじれば、原型をとどめない変化が可能なので、標準フォントでも著作権は気にしなくていいと思います。
が、結構クオリティの高いものがフリーでありますので、そちらを使った方がいい感じになります。

取り込んだフォントをTextで作成。
適宜、厚みなどを調整します。
project_P16.png

吹き出し部分を作成。
この程度の造形なら、1分もかかりません。
かかりませんが、色とか決めるのにえらい悩んでしまいます。

余談ですが、あの東京五輪のパクリと噂されたエンブレム。
大したことないデザインだなあと思っておりましたが、いざやってみて感じました。
一から捻り出すというのはマジで大変だと。
いや、一から捻っていないから問題になったのかもしれませんがw
project_P17.png

閑話休題。
テキストをメッシュに変化させ、吹き出しと合体(Join)させます。
project_P18.png

何故そんなことをするかって?
ボーンを仕込むからです。

一個一個やるのは手間の嵐なので、一塊にした方が楽というわけです。
文字パターンは何個も作る必要があるので、少しでも楽しないとやってられませんな。
project_P19.png

そして、ここからがポイントです。
Transparency、つまり透明化を使います。
大体10フレーム程度のアニメーションで、開始のAlphaが0で5フレーム目に1となるようにします。
で、10フレーム目にまた0にする感じです。
講座でも書いたと思いますが、登録はAlpha上にマウスカーソルを置いてIキーです。
project_P20.png

ボーンの拡大・縮小も加えてレンダリングしたら、Blender側の作業は終了です。

Unityに持っていき、スクリプトを書きます。
全部を載せると膨大な量になってしまうので、簡単に表示部分だけ。
project_P21.png
1フレームで0-300の間を1つ選び、それが10だったら表示という動きにしてみました。
カウントフラグを用意して固定フレームでやるのも簡単に出来ますが、まあランダム性があった方が面白いかなと。

この他にも書き文字側に100行近いコードなどが必要となります。
上で言うと、アニメーション終了後にkakimoji_flagを0にしないと正しく表示されませんので。
ただ、一度作れば、大半がコピペで対応可能です。
ここら辺のテクは、リリースして落ち着いたらUnity講座にアップしていく予定ですので、お楽しみに。

Unity上の画面だとこんな感じ。
project_P22.gif

写っていない部分で何をやっているかは、製品版をお待ち下せえ。
全画面を出すと、ブログ停止待ったなしゆえ、一部分だけでご勘弁。

しかし、おかしいですねえ。
高尚な志を抱き、小説カテゴリで始めたブログだったはずですが。
どうしてこうなったのでしょうか? 私は何をやっているのでしょうか? 

ちなみに、文字を1枚だけ取り込み、Unity側のコードで拡大しつつフェードアウトさせるということも恐らく出来ます。
でも、ちょっと複雑な動きとなるとかなり面倒ですし、調整が難しいのでBlenderでやるのがお勧めです。
ぶっちゃけると、コードの書き方が分からないのですがね!

ん? 文字ごとに何枚も取り込んで、メモリーは大丈夫かって?
そんなの関係ねぇ!

まあ、最近のPCなら大丈夫でしょう。
少なくとも私のマシン上ではキビキビと動いており、落ちたことはありません。
ファイルサイズはデカくなりそうですが、動けばよし、ということで。
最終的には漫画喫茶などに持ち込み、テストする予定です。

ようやく終わりが見えてきたとはいえ、この膨大な作業量。
吐きそうです。
世の中には数多の同人ゲームが存在しますが、作った方全てを尊敬します。

project_P23.jpg

ほんと、この状態にならないと無理w
  1. 2017/09/17(日) 20:35:17|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

波乱の秋場所

大相撲、秋場所が始まりました。
3横綱が休場という非常事態となった今場所。

こうなってしまっては私の興味は宇良Onlyとなりました。
抜群の柔軟性、技の豊富さ。
あの何かやってくれそうな雰囲気は他の力士にはないものを感じます。

先場所、足を痛めていた様子が窺えましたが、初日は鮮やかな逆転劇で健在っぷりをアピール。


どうですか、この胸のすくような逆転劇。
「さすがよ」と、安心していたところ、2日目にまさかの負傷。



痛い痛い……。
見ているだけで痛みが伝わってきます。
リアルタイムで見ていましたが、ショックでしばらく絶句してしまいました。
何とか軽傷であってくれればいいのですが……。

それにしても残念です。
これで楽しみが7割くらい減ってしまいました。

「仕方ない、高安の優勝を期待するか」と気持ちを切り替えたのですが、これまた負傷。
しかも、勝った玉鷲も足首を負傷するという……。
何かが憑いているのか、これだけ色々なことが起こる場所は初めてではないでしょうか。

こうなっては唯一の横綱、日馬富士に期待がかかります。
鮮やかな相撲で2戦2勝。
さすがと思っていたら、本日、微妙な立ち合いで消化不良気味に負けてしまいましたorz

あれですね。
やはり、土俵回りにクッションでも置いた方がいいのでは、と思います。
伝統云々言うのであれば、座布団を敷き詰めるのはどうでしょうか。

別に力士が降ってくる緊張感が砂かぶりの売りではないでしょう。
これだけ休場が多いと(落下時の怪我だけではないにせよ)、そういった対策を練っておくに越したことはありません。
ファンとしては、贔屓力士が見られないのが一番悲しいですからね。

本場所、賜杯を手にするのはどの力士か。
かなり混沌としてきましたが、逆に言うと、どの力士にもチャンスがあると言えます。
個人的には曙を彷彿とさせる押し出しの破壊力を持つ、北勝富士を応援します。

頑張れ、北勝富士!
  1. 2017/09/12(火) 18:22:29|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

念願の9秒台

遂に出ました。
桐生選手が100mにて9.98秒の大記録を打ち立てました。

リレーもそうですが、100mにおける日本人選手のレベルは非常に高くなってきており、いつかは出ると見られていましたが……。
予想以上に早かったですね。
日本人初となる9秒台は桐生選手によって達成されました。

動画もありました。

いやあ、凄い盛り上がりようです。
近くのおじさんも、奮しすぎたのか、転んでるしw
この場に居たかったですねえ。
一緒に祝いたかった。

ボルト選手が桐生選手に余りプレッシャーをかけないで欲しいと言っておられましたが、やはり凄いプレッシャーだったと思います。
これでプレッシャーから解放され、更なる飛躍が見込めるかもしれません。

他の日本人選手も後に続いてほしいですね。
そしてリレーで悲願の金メダルを。

期待しています。
……ああ、こういうのがプレッシャーになっちゃうのかw
  1. 2017/09/09(土) 17:43:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まどマギがパチンコに登場

ホールでは未だに高い稼働率を誇るスロットまどか☆マギカ(初代)。
原作人気は勿論のこと、台としての完成度の高さが高稼働率の秘訣でしょう。

規制で出玉が削られた2は通路状態となっています。
ただ、個人的には新基準機の中ではマシな方だと思っています。
勝てるビジョンが全く浮かばないバジ3、打つこと自体苦痛のポセイドンなどがありますから。

そして今回、まどマギがパチンコに登場しました。
こちらが公式プロモーション。

いやあ、凄く打ちたくなりますね。
MAX機なんて当たる気しませんが、GAROばりのキュゥべえは是非見たいです。

と、思っていたところ、引き神さまこと、こしあん氏が実践した動画がアップされました。

……打つのやーめたw
ありがとう、こしさん。
打ち手の穢れを溜める装置ということが分かりました。

出すには1/319を引いて、5回転の内に1/7.3を引かなければいけません。
そもそもが1/319自体、ポンポンと引ける確率ではありませんからね。

メーカーの特色か、煽りも相変わらず派手で、散々引っ張った挙句、押せ → プシューンのオンパレード。
赤保留でバンバン外れるのはマジで穢れが溜まりそうです。

ただ、アニメーションは凝っていますね。
曲も原曲を使っているし、クオリティ自体は悪くなさそうです。
ここはやはり、アプリを待つのが吉と言えるでしょう。

命知らずなまどマギフリークな方は、ホールにて飛び出てくるキュゥべえを是非。
3万くらい突っ込んでも出てこないかもしれませんが……w
  1. 2017/09/06(水) 20:40:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (192)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する