三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

Ninja250/400、ニューモデル発表

遂にこの日が来てしまいました。
東京モーターショーにてカワサキがNinja250/400のニューモデルを発表です。
New_Ninja250.jpg
よ~き~か~な~(千と千尋風)
ZX-10R、Ninja650の系統を色濃く受け継いだ、アグレッシブなデザインですね。
素晴らしい。

動画もどうぞ。

Ninja250


Ninja400(250と全く同じビデオもあります)


詳細は公式サイト等で確認頂くとして、変更点で大きなところを書いておきます。

Ninja250は馬力が31PS → 39PSへと向上し、車重が174kg → 167kgと7キロ軽くなりました。
パワーウェイトレシオで言えば、5.61 → 4.28と劇的進化!
これは確実に体感出来るレベルだと思います。

Ninja250の2014年モデルに乗っている私が推察しますと、最高速度は10キロ増しの175km/hくらいまでは出るのではないでしょうか。
風がないトンネル内ならば、現行モデルでもそれくらい出る……気がしますが。

驚いたのがNinja400です。
今まではNinja650をベースとしていて、かなりの太っちょになっておりましたが、今回はNinja250をそのまま使っているとのこと。
よって車重が1kg増しで抑えられ、何と驚異の168kgに。
馬力はほとんど向上せず45PSですが、これだけ軽い400ccがかつて存在したでしょうか?
私が思い描いていた究極を体現した、至高のバイクへと変貌を遂げました。

ただ、250をベースとしたことにより、質感等は若干落ちちゃいましたね。
現行400はタンクやマフラーなど、400ccとは思えないクオリティでしたから。

それと、やはり車検のデメリットがついて回ります。
とにかくもうNinja250が進化しすぎて、これでいいやとなってしまう気がしないでもないです。

さらに言うと、上位モデルであるNinja650も優秀すぎです。
免許の手間はありますが、価格差と車検の有無を考えると、私なら650を選んでしまいます。
見た目に関しても、甲乙つけ難いほど格好良いですし。
今までずっと希っていたNinja400なのですが、ちょっと強敵(それも自社)に上下を挟まれてしまいましたね。

ただ、同じ考えの人は多いと思います。
見ていて下さい。
きっと売り上げ的にはNinja250が圧倒するはずですから。
価格差を5万程度に抑えれば或いは……いや、それでも厳しい戦いになるでしょう。

一度、Ninja400を試乗してみたいですね。
余りに良ければ、車検のデメリットを吹き飛ばして、400ccブームが到来するかもしれません。
まあ、車検がなくなっちゃえば一番良いのですが……。

国内モデルも来年には出るとのこと。
期待して待ちましょう。
  1. 2017/10/26(木) 19:37:29|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久間ダムへ

先日、佐久間ダムへ行って参りました。
職場の方に佐久間ダムが不気味という話を聞いた為、どんなものかと思い、足を運んだ次第です。

浜松から長野へと抜けるいつものコースの途中で、西に折れる感じになります。
まあ、田舎も田舎です。

例えば、こんな昭和感のある無人駅も。
sakumadam.jpg
夕焼け時に写真を撮ってみたいですね。
さぞ綺麗なことでしょう。

途中のトンネルが結構荒れていて、何度か滑りました。
暗いし、確かに不気味ではあります。

こちらがダム。
sakumadam2.jpg
デカいです。
秋葉ダムの比じゃないスケール。

以上。

自販機もトイレもありません。
ほんと、何もないところですw

ただ、少し上に行くと、電力館なるものがあります。
何と入場料は無料。太っ腹ですな。

外観を撮るの忘れてしまいました。
客は私1人で、中には暇そうにしたおじさん、おばさんの管理人が居るだけ。
職員の募集はありませんか?
是非ここで働きたい。

それはともかく、この電気館、予想外に凄いです。

例えばこれ。
ボタンを押すと、田中真弓さん……かどうかは分かりませんが、クリリンっぽい音声でダムの解説をしてくれます。
sakumadam3.jpg
模型がよく出来ており、分かりやすいです。
最近、私がジャンプでイチオシしているストーンワールドという漫画で発電に興味を持っていたので、丁度よかったです。

当時の新聞もあり、建設時の様子も分かります。
sakumadam4.jpg
ダムを造るというのは、とんでもない労力ですね。
先人に感謝して電気を使わないと……。

持ち込みとなりますが、食事を出来るスペースもあります。
誰も居なくて、少し不気味でしたが。
sakumadam5.jpg

何と展望台まで!
sakumadam6.jpg

やまびこも堪能出来ます。
どんな感じなのか気にはなったものの、独りで叫んでいたら危険人物間違いなしなので、止めておきました。
てか、子供以外無理ですな、これはw
sakumadam7.jpg

当然ながらダムも一望。
水門前に見える道を辿ると、長野へ出ることも可能らしいです。
sakumadam8.jpg

舌鼓を打つような料理などはありません。
堪能出来るのは缶コーヒーと広大なスケールの眺望のみ。

でも一度は行ってみる価値のあるツーリングスポットではないかと思います。
お金もかかりませんしね。

機会があれば、足を運んでみて下さい。
その際は電力館に寄ることをお忘れなく!
  1. 2017/10/16(月) 19:56:16|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しばちゃん牧場へ

ようやくBlenderの作業が一段落ついたので、息抜きにバイクで出かけてきました。
今回の目的はソフトクリームです。

何でも、掛川市にある牧場が、そこのミルクを使ってソフトクリームを作っているとのこと。
ソフトクリームマニア? としては行かざるを得ません。

しばちゃん牧場という場所らしいのですが、予想外の山道でした。
私が狩猟へ出かける場所に匹敵するくらい。
掛川はイノシシがよく出ると言いますが、ほんとに出そうです。
ここで狙うのもありですが、夜行性なので犬がないと厳しいですねえ。
罠免許取ろうかな……。

山道を超えたら、長野のような雰囲気に。
sibachan_farm.jpg
何とも癒されますね。
この空気感、嫌いじゃないです。

さて、ソフトクリームはこちら。
sibachan_farm2.jpg
お値段300円。
思ったより甘さ控えめで、後味さっぱりな感じ。
これで500円とかならちょっと……となりますが、300円なら及第点といったところでしょう。

やはり、これには勝てませんね。
お前がナンバーワンだ!
……倍のお値段となりますがw
fujisan_shizuoka4.jpg

近くに牛舎もありました。
中には入れないそうなので、外から撮影。
sibachan_farm3.jpg

牛が大量に居ります。
sibachan_farm4.jpg

牛を見たのは子供の時以来だっけかな。
想像以上にデカいですね。
でも、狩猟の時に見た牡鹿もこれくらいあったかもしれません。
あれは足音からして凄かったです。

帰りは同じ山道ではなく、西に向かいました。
こちらのルート、車はほとんど通らない割に道が整備されており、バイクで走るには最適と言えます。
そのまま国1バイパスに戻れるので、行かれる方は西方面ルートで是非。

久しぶりに2時間ほど走りましたが、気分爽快でした。
かなり涼しくなってきましたし、いよいよツーリングシーズン到来といった感じです。

まだ効果音、BGM制作が残っておりますが、作業の息抜きとして色々出かけたいと思います。
バイク最高!
  1. 2017/09/20(水) 21:42:36|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型ジムニーの足音が

ジムニーがフルモデルチェンジ。
この話題を聞くと、苦虫を噛み潰したかのような表情になる方も居られるかと思います。
もはや出る出る詐欺の代表格とも言える存在となってしまいました。

だが、しかし!
今度はマジっぽいです。
テスト車両が撮られております。

new_jimny.jpg
new_jimny_2.jpg
new_jimny_3.jpg

いやいや、ちょっと。
これ、やばくないですか?

安全基準がどうたらで、現行モデルより丸っこくなると予想されていたのに、こう来るとは。
これぞ原点回帰と言わんばかりの硬派っぷり。
めちゃくちゃ格好良いじゃないですか。

でも、オーバーフェンダーがあるからシエラになるのですかね?
そうなると若干の割引が必要になりますが、それでもシエラを買うという選択肢はないです。
ジムニー購買意欲において、軽自動車であることも大きなウェイトを占めておりますから。

予想CGで色を塗ったのもありました。
new_jimny_4.jpg
いやあああ、やめてえええ!
この方向性は誰も求めていない、求めていませんぞ。
ハスラーだけで十分です。

個人的には右上のベージュ色を単色でお願いしたいところです。
凄く合うと思うのに、未だにないんですよね、ベージュ。

確定ではないですが、エネチャージで燃費もアップするとか。
これは売れるでしょう。
3ドアの時点で購買層は限られてしまいますが、少なくとも買い替え需要はかなり大きいはずです。
現行モデルと同じく、息の長いモデルになることは間違いないでしょう。

恐らく、来月の東京モーターショーで正式発表があるかと思います。
デザインはこれ以上何も望みません。
価格を……何卒、価格を抑えて欲しいです。
ランドベンチャー的なやつを諸経費込みで160万程度にして頂きたい。
どれだけ素晴らしい出来でも200万じゃ解散せざるを得ませんw

めっちゃ期待してますよ、スズキさん!
  1. 2017/09/03(日) 21:40:04|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクのふるさと浜松 2017

先日、浜松で開かれたバイクのふるさと2017。
何故この時期に……と思う暑さでしたが、目当てのバイクがあったので、足を運んできました。

猛者が多いですね。
酷暑の中、お疲れ様です。
bike_furusato_2017.jpg

早速見ていきましょう。
本イベントは毎年開かれているので、レギュラー化されたバイクが多いのです。
なので、気になっているものだけピックアップ。

まずはいきなりドゥカティから!
スーパースポーツです。
bike_furusato_2017_2.jpg
意外と高級感はありましたが、やはりパニガーレの美しさには及びません。
ウィンカーがダメなのかなあ?
これを買うなら、ほぼ同額まで値下がりしている899を選びたいところ。
あちらはあちらでマフラーがあれですが。

お次はホンダです。
250ccの中で、いきなり高級路線に躍り出たCBR250RR。
bike_furusato_2017_3.png
カラーはレッドですね。
どうせならレプソルが見たかったところですが、それだと衝動買いに走りそうな恐れもありますし、これで良かったのかもしれませんw
シート高は790mmでNinja250より5mm高いだけですが、予想外に高い印象がありました。
シートの形状によるものか、展示用に固定されており、ほぼ垂直になっているからか。
5mmじゃそんなに違わないと思うのですけどね。

ちなみに来場者の中には黒のRRで来ておられる方も居ました。
個人的にはそっちのが断然格好良かったですね。
もしも買うのであれば、黒もしくは輸入でレプソルと行きたいところです。

親分の登場。
一気に値段が跳ね上がります。
CBR1000RRでございます。
bike_furusato_2017_4.jpg
これはSPというモデルでシングルシートのやつです。
192馬力を叩き出すにもかかわらず、車重が195kgという凄いバイクです。
この軽さ、もっと騒がれてもいいのでは、と思うのですが、余り話題になっていない気がします。

原因は価格ですかね。
約240万円という。

スタンダードモデルなら200万ちょいなので、そちらが人気になりそうですね。
車重も1kg増えるだけみたいですし。
820mmというシート高はSSの中だと低い方ですが、さすがに両足ベタとまではいきませんね。
立ゴケの危険性が……。
そんなこと言ったら、大半のバイクは乗れないですけど。

さて、ラストです。
真打のご登場!
暑い中、わざわざ赴いたのは、コイツの為です。
(へタれて四輪ですがw)

GSX-R1000R!!
bike_furusato_2017_5.jpg

逆輸入のEU版だったかな? それだと202馬力なのですが、これは197馬力みたいです。
国内仕様というやつでしょうか。
シート高は825mmと、結構ツンツンです。
今までのモデルだと810mmだったので、結構高くなりましたねえ。
コーナリング性能などとトレードオフなのは分かりますが、1.5cmはかなり違います。
跨った時に感じた、あの安心感が消えておりました。

あと、車重が203kgと先にご紹介したCBR1000RRより若干重いです。
同価格帯の204万なので、好みで選ぶといいかもしれませんね。
こちらの方がハイテクな感じがしますが、はっきり言って一般ライダーが差異を感じ取れるかは微妙。
どちらもスーパーバイクなのは間違いありません。

ただ、私なら逆輸入車(赤男爵で186万)を買いますな。
逆輸入車の場合、登録料が結構かかるので、値段はそこまで差が出ないかもしれません。
でも、5馬力とは言え、200馬力超えの優越感が味わえますし、リミッターも付いていませんから。
国内モデルと違いETCは付いていませんが、後付けすればよろし。
かなりお得感があります。

この他にもカワサキとかBMWなどが出展しておりましたが、割愛。
GSX-R1000RとCBR1000RRを見れた&跨れただけで大収穫と言えるでしょう。

これで国内メーカーのフラッグシップモデルは出揃いました。
が、噂ではドゥカティのSBKが四気筒でモデルチェンジするとか。
今しばらくはSS市場から目が離せませんね。

引き続き、注視したいと思います。
……買う金はありませんがw
  1. 2017/08/30(水) 19:50:28|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (212)
小説 (29)
時事 (59)
ゲーム (80)
Blender (94)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (309)
狩猟/射撃 (106)
Unity (79)
マイニング (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する