三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

GSX-R1000価格決定か

首を長くして続報を待っていた方も多いと思います。
何を隠そう私もその中の1人ですが。

公式ではありませんが、ショップさんのツイッターにて新型GSX-R1000(1000Rも)の価格が発表されたようです。
気になる価格はこちら。

モトマップの逆輸入車
約170万円(R1000)
約200万円(R1000R)

国内仕様はGSX-R1000Rのみで、ETCが装着され約210万円位です。

いいんじゃないでしょうか!
さすがスズキ、攻めてきましたね。

ただ、逆輸入だと諸経費が結構かかるので、国内仕様とそれほど差がなくなるかも。
しかし、リミッターが300km/hというのは嬉しい利点です。
そんなに出すところはないでしょうけど、気分的に。

R1000だと電子制御等がない(劣る)のだったかな。
しかし、エンジンは同じだったと思います。
つまり、圧巻の202馬力。
個人的な意見ですが、買うのであれば、モトマップのR1000ですな。

国内仕様も魅力的ではあるのですが、リミッターが……。
確か、190km/hくらいでしたっけ。
300km/hはサーキットでも難しいでしょうけど、190km/h程度ではサーキットで使いたい人は困ると思います。
簡単にリミッターカット出来るのであれば、国内仕様もありですかね。
私はサーキットなんてとても行けませんが、気分的に。

あとは好みですが、この外観が好きになれるかどうか。
gsxr1000p.jpg

私はいいんじゃないかと思います。
ただ、マフラーは替えたいですねえ。
あと、青もスズキらしくていいのですが、少し派手なので選ぶならこれにします。
GSX-R1000_Black.jpg
欲を言えば青は止めて、赤のワンポイントで統一して欲しいです。
リムも赤の方が精悍な気がするんですよね。

Ninja400の限定モデル、これですね。
この方向で進めて頂きたいところ。
Flat_ebony.jpg

とは言え、確実に売れると思います。
SSなので販売数はそれほどではないかもしれませんが、10RやR-1と比べて、価格面では絶対的なアドバンテージがあります。
廉価版でも200馬力というのは凄い魅力です。
使いこなせるなんて到底無理でしょうけど、そこはそれ。
何度も書いていますが、気分の問題です!

パニガーレ959並みの値段で、それを遙かに上回る戦闘スペックを誇るマシンが買える。
これは悩みますね。
まあ、パニガーレはスペック云々より芸術的とも言えるデザインに惹かれているのですけど。

すでに予約を開始している店舗もあるとか。
気になっていた方はすぐに動くのが吉だと思います。

緑色のNinja250を見かけても、煽らないで下さいねw
  1. 2017/02/07(火) 18:16:23|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ちゴケよ、さらば

ホンダがバイクにて凄いシステムを開発しました。
その名もHonda Riding Assist。

何かと言いますと、バイクが自動でバランスを取って、転倒を防ぐというものです。
R1とか10Rなども6軸、5軸センサーなどで補正する機能が付いています。
ですが、それらは立ちゴケを防ぐ類いのものではありません。

百聞は一見にしかず。
この動画を見ると、凄さが分かります。


うーむ、素晴らしい。
これさえあれば、取り回しの際や、右左折での痛ましい転倒などから、完全におさらば出来ることでしょう。

後半の後ろをついてくるというシーンも、よく考えたら凄いですね。
もはやペットというか、アイアンマンのジャービスみたいに喋ってくれれば、完全に未来の乗り物となりそうw

市販車への搭載は未定とのことですが、動画を見る限り、いつ実用されてもおかしくないレベルにありそうな感じ。
重量が何十キロも増えるとかだと微妙ですが、数キロアップ程度で収まってくれるのであれば、今後はスタンダードの装備となるやもしれません。

ホンダ以外も標準装備になってくれる日を心待ちにしています。
  1. 2017/01/06(金) 21:01:21|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豪快、ウニ丼

もう何度目なのか分かりませんが、焼津市に行ってきました。
何と、魚センター内にウニ丼を出す店があると聞いたからです。

バイクに乗るのは、実に10日ぶりくらいです。
まだ必要ないだろうとリストバンドとネックウォーマーをしなかったのは痛恨の極み。
急激に寒くなりましたね。
ノロノロ運転の1号バイパスが有り難かったです。

目当てに店は初めて魚センターに行った時に、強引に呼び止められて食べた店でしたw
ウニ丼はこちら。
unidon.jpg
少し画像がぼけてしまってすいません。
お値段は驚異の3千円でございます。
観光客向けにぼっているとはいえ、高過ぎませんかね……。

悔しいことに味は非の打ち所がないです。
私のグルメ細胞に完全適合しましたw
スシローのウニとは何だったのか。
別格というか、もはや別の食べ物です。

正直、腹は一杯になりませんでしたが、これ以上ウニがあるとクドくなると思います。
ただ、やはり値段がネックですねえ……。
リピートするのは厳しいです。
2千円くらいなら言うことなしでした。

ついでに港から冬の富士を見てきました。
unidon2.jpg
さすが、世界に誇る富士山。
美しいの一言。
もう山頂の方は、雪が凄いんですね。

帰りは暖かくなってきたので、東名をかっ飛んできました。
久し振りにバイクで遠出しましたが、何とも言えないワクワク感がありますね。
きちんと着込めば冬場でも雪が降らない限り、大丈夫でしょうし、やはりバイクは最高です。

ただ、狩猟とバッティングするのが痛し痒しといったところ。
雨だと、どちらも辛いですし……。

ともあれ、宿願だったウニ丼を食べることが出来て満足しました。
(お金に余裕のある方は)是非、魚センターへ食べに行ってみて下さい。
味は請け負いますよ!
  1. 2016/11/12(土) 20:36:00|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja1000、Ninja650がフルモデルチェンジ

まだか、まだかと首を長くしていた方も多いかと思います。
遂に来ましたぞ。
Ninja1000、Ninja650がフルモデルチェンジです。

Ninja1000
2017_ninja1000.png
Ninja650
2017_ninja650.png
Marvelous!
この溢れるZX臭はどうです。
いやあ、格好良くなりました。
ある意味、Ninja250に近付いたとも言えるかもしれませんが。

それにしてもこれは、カワサキ乗りとしては熱くならざるを得ない緊急事態。
ちと、長文失礼します。

あ、Ninja1000については割愛します。
進化はしていますが、それほど特筆するべき要素は感じませんでした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さて、このNinja650。
スペックを見てみましょう。

馬力は50.2kW(68.2PS)/8,500rpm。
シート高が790mmと15mm下がり、足つき性アップ。

で、凄いのが車重です。
現行モデルが211kgなのですが、何と193kgに。
約18キロという大幅シェイプアップを果たす模様です。

こりゃ売れるぞ、と一瞬思ったのですが……。
やはり、クソみたいな免許制度がここで首をもたげます。

Ninja650は大型免許が必要で、それを持っているのであれば、Ninja1000に行くのでは、と思うのです。
誰しもZX-10RとNinja1000で迷うと思いますが、10Rは200万超え、Ninja1000は(予想ですが)130万くらいかと。
さすがにこれだけの価格差があれば、競合はしないでしょう。

もう一つ言うのであれば、ZX-6Rの存在もあります。
生産中止とは言え、まだ買えるみたいなので、設計は古くなりつつも紛うことなきSSであるZX-6Rに食指が伸びてしまうケースも出てくるはず。
価格はNinja1000と同じくらいか、ちと安いくらいです。

となると、私が期待したいのはNinja400。
現行のNinja400はNinja650をベースとしたモデルとなります。
馬力は44PSに落ち、車重はNinja650並みという、哀愁漂うスペック。

今回もそうなる可能性が大ですが、ここはひと頑張りして頂きたい。
馬力は44PSで良いと思います。
車重の方を頑張って頂きたい。

そうですね、180……いや、178Kg。
178Kgで出してくれれば……起こりますよ。旋風がw
Ninja250登場時のような熱い旋風が400cc界にも巻き起こるに違いありません。

まあ、ベースが同じでそんなに軽量化は出来ないのは火を見るより明らかです。
ガラパゴス排気量である400ccに向けて、専用開発なんてのは無理ということも。

でも、期待してしまいます。
免許制度がこのままなのであれば、400cc市場は狙い目だと思うんですよね。
逆にNinja250が売れなくなる恐れもありますが、400ccにも日の目を見せてやって欲しいです。

どちらにせよ、新型が出るのは喜ばしいことです。
今回の発表で、次のバイクを何にするかと悩んでいる人は、さらなる悩みの種を抱えたのは間違いないでしょう。

CBR1000RR、GSX-R1000、S1000RR、Panigale or Super Sport、ZX-10R、Ninja1000……etc

パッと思い浮かぶだけでも、これだけの車種があります。
悩める日々はまだまだ続きそうですね!
  1. 2016/10/08(土) 18:45:43|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Ducati Super Sport

世界最大級のモーターサイクルショーと言われるINTERMOTにて、色々なバイクが発表されました。
その中で目を惹いたのがDucatiの新型バイク、Super Sportです。

外観はこちら。
ducati_SuperSport.jpg
ducati_SuperSport2.jpg
何というパニガーレ感。
が、やはりパニガーレのが格好良いですね。
まあ、上位モデルという位置付け(になるのかな?)であるパニガーレより格好良かったら、問題がありますが。

メーターは良い感じです。
ducati_SuperSport3.jpg
気になるスペックですが、113馬力、総重量210kg、シート高810mmみたいです。
馬力は100もあれば必要十分、シート高も低く、両足つきそうなのはいいですね。
重量がちと重いかな。
1299パニガーレは約200kgですので。

跨っていないので何とも言えませんが、パニガーレを少しツアラー寄りにした感じですかね。
ポジションも多少は楽になっているのではと思います。

気になるお値段ですが、何処にも記載がありませんでした。
959が200万なので、150万を切らないと売れないんじゃないかな、これ。
130万くらいならヒットするかもしれません。
スクランブラーが売れたのは、お値打ち感があったからでしょうしね。

ちなみにホンダとスズキも発表したようです。
中でもCBR1000RRは「おっ」と思いました。
new_cbr1000rr.jpg
このバイク、総重量が195kgと、リッタークラスでは最軽量になるみたいなのです。
やはり200kgを切ると切らないでは、印象が変わってきますからね。
ただし、配色はDucatiを見習って頂きたいところ……。
まあ、国産っぽくて味はありますが。

GSXはどうかな-。
スペックは悪くないのですが、個人的にはCBRに比べるとインパクトが今ひとつかも。
まあ、今まで色々情報が出ていたということもありますけど。

どちらにせよ、値段などが出揃わないと何とも言えませんね。
アベノミクスの恩恵を全く感じない今、食指が動く値段付けを期待したいですねw
  1. 2016/10/06(木) 20:11:03|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (175)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する