三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

Ninja1000、Ninja650がフルモデルチェンジ

まだか、まだかと首を長くしていた方も多いかと思います。
遂に来ましたぞ。
Ninja1000、Ninja650がフルモデルチェンジです。

Ninja1000
2017_ninja1000.png
Ninja650
2017_ninja650.png
Marvelous!
この溢れるZX臭はどうです。
いやあ、格好良くなりました。
ある意味、Ninja250に近付いたとも言えるかもしれませんが。

それにしてもこれは、カワサキ乗りとしては熱くならざるを得ない緊急事態。
ちと、長文失礼します。

あ、Ninja1000については割愛します。
進化はしていますが、それほど特筆するべき要素は感じませんでした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さて、このNinja650。
スペックを見てみましょう。

馬力は50.2kW(68.2PS)/8,500rpm。
シート高が790mmと15mm下がり、足つき性アップ。

で、凄いのが車重です。
現行モデルが211kgなのですが、何と193kgに。
約18キロという大幅シェイプアップを果たす模様です。

こりゃ売れるぞ、と一瞬思ったのですが……。
やはり、クソみたいな免許制度がここで首をもたげます。

Ninja650は大型免許が必要で、それを持っているのであれば、Ninja1000に行くのでは、と思うのです。
誰しもZX-10RとNinja1000で迷うと思いますが、10Rは200万超え、Ninja1000は(予想ですが)130万くらいかと。
さすがにこれだけの価格差があれば、競合はしないでしょう。

もう一つ言うのであれば、ZX-6Rの存在もあります。
生産中止とは言え、まだ買えるみたいなので、設計は古くなりつつも紛うことなきSSであるZX-6Rに食指が伸びてしまうケースも出てくるはず。
価格はNinja1000と同じくらいか、ちと安いくらいです。

となると、私が期待したいのはNinja400。
現行のNinja400はNinja650をベースとしたモデルとなります。
馬力は44PSに落ち、車重はNinja650並みという、哀愁漂うスペック。

今回もそうなる可能性が大ですが、ここはひと頑張りして頂きたい。
馬力は44PSで良いと思います。
車重の方を頑張って頂きたい。

そうですね、180……いや、178Kg。
178Kgで出してくれれば……起こりますよ。旋風がw
Ninja250登場時のような熱い旋風が400cc界にも巻き起こるに違いありません。

まあ、ベースが同じでそんなに軽量化は出来ないのは火を見るより明らかです。
ガラパゴス排気量である400ccに向けて、専用開発なんてのは無理ということも。

でも、期待してしまいます。
免許制度がこのままなのであれば、400cc市場は狙い目だと思うんですよね。
逆にNinja250が売れなくなる恐れもありますが、400ccにも日の目を見せてやって欲しいです。

どちらにせよ、新型が出るのは喜ばしいことです。
今回の発表で、次のバイクを何にするかと悩んでいる人は、さらなる悩みの種を抱えたのは間違いないでしょう。

CBR1000RR、GSX-R1000、S1000RR、Panigale or Super Sport、ZX-10R、Ninja1000……etc

パッと思い浮かぶだけでも、これだけの車種があります。
悩める日々はまだまだ続きそうですね!
  1. 2016/10/08(土) 18:45:43|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Ducati Super Sport

世界最大級のモーターサイクルショーと言われるINTERMOTにて、色々なバイクが発表されました。
その中で目を惹いたのがDucatiの新型バイク、Super Sportです。

外観はこちら。
ducati_SuperSport.jpg
ducati_SuperSport2.jpg
何というパニガーレ感。
が、やはりパニガーレのが格好良いですね。
まあ、上位モデルという位置付け(になるのかな?)であるパニガーレより格好良かったら、問題がありますが。

メーターは良い感じです。
ducati_SuperSport3.jpg
気になるスペックですが、113馬力、総重量210kg、シート高810mmみたいです。
馬力は100もあれば必要十分、シート高も低く、両足つきそうなのはいいですね。
重量がちと重いかな。
1299パニガーレは約200kgですので。

跨っていないので何とも言えませんが、パニガーレを少しツアラー寄りにした感じですかね。
ポジションも多少は楽になっているのではと思います。

気になるお値段ですが、何処にも記載がありませんでした。
959が200万なので、150万を切らないと売れないんじゃないかな、これ。
130万くらいならヒットするかもしれません。
スクランブラーが売れたのは、お値打ち感があったからでしょうしね。

ちなみにホンダとスズキも発表したようです。
中でもCBR1000RRは「おっ」と思いました。
new_cbr1000rr.jpg
このバイク、総重量が195kgと、リッタークラスでは最軽量になるみたいなのです。
やはり200kgを切ると切らないでは、印象が変わってきますからね。
ただし、配色はDucatiを見習って頂きたいところ……。
まあ、国産っぽくて味はありますが。

GSXはどうかな-。
スペックは悪くないのですが、個人的にはCBRに比べるとインパクトが今ひとつかも。
まあ、今まで色々情報が出ていたということもありますけど。

どちらにせよ、値段などが出揃わないと何とも言えませんね。
アベノミクスの恩恵を全く感じない今、食指が動く値段付けを期待したいですねw
  1. 2016/10/06(木) 20:11:03|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H2Rの真価

知っている方は今更かもしれません。
最近、Ninja H2Rでの最高速度チャレンジの動画を発見しました。

こちら。

いや、凄いですね。
400km/hとは……。

直線ならスロットルを捻るだけの簡単なお仕事……と考えていた時期が私にもありました。
さすがにこれは無理w
隼の動画でも度肝を抜かれましたが、更に上を行くとは恐れ入りました。

それにしても、H2R格好良すぎですね。
音楽で2割増しくらいに格好良く見えているかと思いますが、停車している姿からして只者ではない感が半端ない。
ただ、サーキットしか走れないモデルなので、金持ち向けモデル 一般モデルのH2だとどれくらい出るのかが気になるところではあります。

1000万以上するGT-Rでも不可能な加速力、最高速(300キロちょっとみたい)を600万弱のバイクで出せる。
やはり、二輪のコストパフォーマンスはずば抜けていますね。
惚れ直しました。

転けたら即死でしょうけど……。
  1. 2016/10/04(火) 20:19:45|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja250に限定モデル

Ninja250に限定モデル、KRTウインターテストエディションが登場しました。
デザインはこちら。
Ninja250_2016winter.png
シックな感じでなかなか良いと思いますが、もう少し緑成分が欲しかったかも。

ウィンターという言葉でピンと来た方はカワサキ通。
そう、ZX-10Rであったやつです。
ZX10R-Winter-edition.jpg
うーむ、さすがのNinja250といえども、これには負けますなw
Rの文字を緑色にしたところにセンスを感じます。
スクリーンの冬の文字で大幅マイナスですが……。

ただ、よく見ると分かりますが、普通のNinja250と違い、スモークタイプのハイスクリーンとラジアルタイヤも標準装備しています。
それに伴い、フロントホイールリムとリヤタイヤもワイド化されているとか。
走りも少し違うかもしれませんね。

このウインターテストエディション、600台限定とのこと。
今から買う予定で、緑成分は不要という方は、これにするのもありかもしれません。
やはり、限定カラーというのはいいものですので。

一気に600台完売ということはないと思いますが、欲しい方は早めのご予約を!
  1. 2016/09/18(日) 18:38:22|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近場で海鮮丼

新鮮な魚を使った海鮮丼はとても美味しいです。
今までは焼津へ1時間近くかけて行っておりましたが、近場で本格海鮮丼を味わえると聞きつけ、早速行ってきました。

浜松からバイクで30分ほどですかね。
着いた先は磐田市にある渚の交流館というところです。

避難タワーが目印。
nagisa_kouryu.jpg
残念ながら普段は入れないみたいです。
眺めは良さそうなので勿体無い気がしますね。

素晴らしいオーシャンビュー。
nagisa_kouryu2.jpg

で、目当ての海鮮丼はこちら!
nagisa_kouryu3.jpg
ご飯大盛りにして計1200円。

味は焼津で食べたものと比べても、ほとんど変わらないと思います。
そもそも、不味い刺身なんて食ったこと無いわけで……。

優れている点があるとすれば、一切れ一切れが巨大ということです。
一口じゃ食べられないくらいなので、ボリューム感があります。

ただ、ご飯は大盛りにしても全然足りません。
華奢な女性でも足りないんじゃないかなあ、これ。
焼津でもそうだったのですが、量が少ないのは海鮮丼の宿命なのかも。

デザートにミニパフェを頼みました。
nagisa_kouryu4.jpg
400円でしたが、250円が妥当といった感じ。
素直にソフトクリームにすれば良かったかもしれません。

しかし、のんびりしていい所ですが、何もやることがないという。
周りの道も走っていて特に面白い感じではないので、食べるか、海を見るか、の二択ですw
でも、焼津に比べると値段も交通費もお得になりますので、純粋に海鮮丼が食べたい方は、こちらがお勧めかな。

そうそう、この場所、非常に釣り人が多かったです。
釣りをやられる方は自力で調達というのにチャレンジしては如何でしょうか?
食べ放題です。
……腕があればw
  1. 2016/09/06(火) 19:01:03|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する