三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

FF15、予約完了

ゲームファンならご存じかと思いますが、11/29にはファイナルファンタジーXVが発売されます。
現在、体験版が出ております。

私、2016年のゲーム・オブ・ザイヤーはペルソナ5で決まりと思っていました。
それはもう破格の面白さで、飽きやすい私でも最後まで一気にクリアしてしまったほど。
これを超える作品はないだろうと、確信しておりましたが……。

いや、さすがFF15。
凄かったですw

プログラム的にもペルソナ5より遙かに高度な処理を行っていますし、スケールが違います。
制作費、下手したら10倍ではきかないかもしれません。

圧巻だったのは体験版クリア後に流れるプロモです。
動画がありましたで、どうぞ。

痺れました。
汚い、さすがスクエニ、汚い。
体験版のプレイ後にこんなの見せられたら、買ってしまうに決まっています。
映像も素晴らしいですが、音楽、盛り上げすぎでしょう、これw

このFF15、価格的に店頭で買った方が安いです。
しかし、ダウンロード版は29日の0時からプレイ出来るというメリットがあります。
私、29日は休み(FFの為に休暇を取りましたw)なので、23:55にお菓子とコーヒーを用意し、PS4前で正座してスタンバイするつもりです。
これほどの祭り、FFとドラクエくらいしかありませんからね。
こんなビッグウェーブ、乗るしかないじゃないですか。

もう2日ほどで遊べると思うと、ワクワクして寝られません。
私も、その日だけは狩猟やBlenderを忘れて没頭します。

PS4お持ちの方は、是非とも体験版をプレイしてみて下さい!
  1. 2016/11/26(土) 19:34:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任天堂、新ハードを発表

任天堂が次世代機を発表しました。
以前から噂はありましたが、今回は正式発表。
名前はスイッチとなります。

まずは公式動画を。

これは……。
個人的には微妙な気がします。
立ち位置がイマイチ分からない印象。

携帯ゲーム機として見れば、他の追随を許さないハイスペックとなります。
が、据え置きハードとして見た場合はどうか。
このサイズでPS4、XBOXを超えるとは思えません。
勿論、後発ハードなので、それらを凌ぐ可能性もないとは言えませんが。

で、携帯ハードとした場合も、値段がネックになりそう。
少なくとも3DSみたいに親が子供に気軽に買ってあげられるプレゼントではないでしょう。
安くても4万くらいはしそうです。

確かにコントローラとかをカシャカシャ脱着出来るのは他のハードにない着眼点なのですが、煩わしさ、耐久性が心配です。
まあ、耐久実験とかはやっているはずなので、すぐ壊れたりはしないと思いますが、頻繁に外出する場合、面倒臭くて持っていかなってしまいそう。

酷評していますが(別に任天堂嫌いではないですw)、世間も同じなのか株価がかなり下がっているとか。
新ハード発表で株価が下がるというのは一体……。
これが3DSの次世代機なら上がったと思うのですよね。
そちらに注力すれば良かったのに。

ただ、こういうゲームも引っ張り込めれば、多少の勝機はあるかもしれません。

このロマン溢れる、圧倒的な臨場感。
私が最も期待しているレッド・デッド・リデンプション2です。
スカイリムの時もかなり興奮しましたが、それ以上の期待感。
これはやばいです。売り上げ記録を更新しそう。

本ゲームは現在PS4とXBOXのみとなっていますが、マルチの仲間入りハードにならないと厳しいでしょう。
ゼルダやスプラトゥーンも優れたゲームですが、自給自足だけでは限界がありますから。

しかし、こういう発表がある度に思うのが、皆で力を合わせて1つのハードを作ってくれ、ということ。
独占タイトルなんて我々ユーザからすれば、百害あって一利なし。
PCでも出るタイトルが増えれば、そちらに移行する手もあるのですが、中々ハードルは高いですね。

とりあえずは現行のPS4で何の不満もないので、このまま来春の動静を注視したいと思います。
件のレッド・デッド・リデンプション2は来年の秋発売予定。
本当に待ち遠しいですね。
  1. 2016/10/22(土) 20:08:36|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケモンgoをプレイ

先日、国内でもリリースされ話題沸騰中のポケモンgo。
「乗るしかない、このビッグウェーブに」と、プレイしてみましたので、レビューしたいと思います。

……結構、厳しい意見となりますので、楽しんでいる方は気分を害されるかもしれません。
読まない方がいいかもw

ゲーム画面はこちら。
pokemon_go.png
どう思いますか、この画面。
個人的には予想外にクオリティが低いと思いました。
初代PSを彷彿とさせるというか……。

GPSと連動していて、自分が歩くと画面のキャラもリアルタイムに移動します。
で、近くにポケモンが居るとバイブが震えて、画面に表示されるという仕様。

ポケモン捕獲画面。
pokemon_go2.png
モンスターボールをスワイプしてぶつけます。
これが意外と難しい。

まあ、それはいいとしましょう。
問題はですね、このモンスターボール、投げる度に消費するのです。
当然ながら、失敗すればする分だけ数が減ります。

勘の鋭い方は気が付かれたと思います。
そう、このモンスターボール、課金アイテムなのですw
レベルアップ時に貰えたりしますが、金を投げているようなものというわけで……。

あと、UI周り。
pokemon_go3.png
このプロが作ったと思えない、やっつけ仕事感はどうです。
私でも外観だけならもう少しマシなのを作れますわ。
これはちょっと頂けません。

ただ、ブームが来ていることは間違いないです。
本日、浜松駅に行ったのですが(ポケモン目的じゃなく飲み会ですw)、もう老若男女、ポケモンgo一色。
スマホを縦にして動かしている人は、9割方ポケモンgoをやっていましたw

とりあえず、5体ほど集めました。
pokemon_go4.png

ここでギブアップ。
メインであるバトルを体感出来ませんでしたね。

いや、もう何が面白いんだか。
ゲームとしてはハースストーンの方が100倍優れていると思います。

ただ、ウォーキングツールの一種として考えれば、評価は変わるかもしれません。
旅先の名所でレアなポケモンをゲットするとか、そういう楽しみ方も出来ると思います。
そういったアウトドア派の人に受けているのかなあ。

あと、散々ニュースになっていますが、やっぱり歩きスマホになっちゃいますね、これ。
大人ならともかく、子供はゲームに入り込むので確かに危ないと感じました。

アップデートで大幅な梃子入れをしない限り、もって一ヶ月という気が……。
株価は爆上げのようですが、私なら様子見しますね。

アプリ自体は無料なので、まだの人は試してみるといいかと思います。
私はもう満腹になりましたw
  1. 2016/07/23(土) 23:07:24|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PlayStation Storeのセールが凄い

オンラインでゲームがダウンロード購入出来る、PlayStation Store(以下PS Store)というシステムがあります。
PCのSTEAMと言えば分かりやすいでしょうか?
いや、知らない人にはさっぱり分からないかもしれませんw

で、STEAMもそうなのですが、PS Storeで夏のセールが始まっていました。
これが安いのなんの。
PS4_sale.png

ご覧の通り、20%~40%引き。
そして何と!
PlayStation Plus加入者はさらに倍!
40%~80%引きになるのです。

乗るしかない、このビッグウェーブに、ということで、かねてより気になっていたアサシンクリード4を購入してしまいました。
こんなゲームです。

結構前のゲームですが、グラフィック凄いです。
カリブの海賊をテーマにしているので、雰囲気も最高。

難点としては、現代(バーチャルマシンみたいなもので、過去を見ている設定)に戻されるのが興醒めですね。
初代アサシンクリードの時から思っていましたが、あの設定必要なのでしょうか……。

とは言え、街を歩いているだけで楽しいのに加えて、海戦やお宝探しまであるという、ロマン溢れる素晴らしいゲーム。
歴代シリーズの中で、一番美味しい時代設定かもしれません。
いいんですか、これが約1400円で買えてしまうなんて。

で、思ったのはこんなセールをやってしまうと、定価で買うのが馬鹿らしくなるなあ、と。
まあ、買う側としては安いに越したことないのですが、メーカーは大丈夫なのかな。

とりあえず、PS4をお持ちの方は要チェックです。
私も、もう1本くらい購入しておこうかと考えています。

本セールは7月19日までですので、購入はお早めに!
  1. 2016/07/13(水) 11:47:34|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒーローズIIが面白い

久し振りにゲームにハマりました。
タイトルはドラゴンクエストヒーローズIIです。
作業の息抜きにと買ったのに、完全に弊害と化していますw

公式プロモはこちら。


個人的に前作はイマイチな出来で、途中で止めてしまいましたが、今作は大ハマりです。
改善された部分はかなりありますが、一番大きいのはマルチプレイが実装されたことだと思います。

ちょっとロードが長いのですが、知らない人と一緒に戦うのはやはり面白いです。
足を引っ張らないようにと、シングルプレイを進めるモチベーションも高まります。
ファミ通式に点数をつけるのなら、前作は7点、今作は9点ってところですかね。

ただ、上の公式プロモを見てもらうと分かりますが、声優が酷いです。
いや、そんなに詳しくない私でも知っている、凄いメンバーが出てはいるのです。

ただ、何で主要キャラの声に素人を使うのか。
頻繁に出てくる「じわじわたぎってきたぜー(棒)」は興ざめです。
全然たぎってねーやんか、とw
せめて、無双シリーズの甘寧が言う「血が滾ってきたぜぇぇぇ!」くらいの迫力は出して欲しいところ。

唯一、山田孝之さんは上手かったですね。
他と遜色ないどころか、途中まで本職の人だとばかり思っていました。
テリー役の神谷浩史さん並みの渋い声です。

ちなみにマリベルはまどマギのまどかの人のようですが、全然分かりませんでしたw
役によって声がかなり違うんですね。
これぞプロフェッショナル!

しかし、2作目にして、この進化は凄いです。
このシリーズも無双みたいに定番化が期待出来ますね。

次作に望むとすれば、純粋な声優の方たちのみの起用。
(ドラクエクラスなら話題作りに芸能人を起用する必要はないのでは)
無双オロチとまではいかないまでも、キャラ数の増加。
それにモンスターコインも成長要素があればベストかなと思います。

マルチプレイは人が居てこそ。
今が旬なこのゲーム、まだの人は是非プレイしてみて下さい。
  1. 2016/06/11(土) 19:32:35|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する