三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ちょっとずつですが

現在取り組んでいるゲームですが、まだまだ完成までは遠いものの、形にはなってきました。
難所と思っていたUnityですが、不気味なほど躓きません。
これも色々なやり方をアップしてくれているサイトやブロガーさんあっての賜物です。
心から感謝!

ただ、今は実装の方をストップしております。
とあるキャラを作ろうかと。
これです。
project_P8.png
これだけでは何も分からないでしょうね。
むしろ、分かったら天才かとw

はてさて、こんなしょぼい造形が、どのように変化するのか。
数日中には作れると思うので、予想しながら待っていて貰えると嬉しいですね。

Unity自体はシーン2まで進みました。
私が勝手にシーンを分けているだけですが、座った状態のことです。
project_P9.png
注目は左のメーターです。
とりあえず、胸を触る度にメーターが上昇するようにしてあります。

よくこんなの作れたな、と思うかもしれませんね。
しかし、Unityに関しては素人に毛が生えたレベルの私ですら、5分くらいで実装出来てしまいました。
そう、実はこれ、Unityの基本UIにある機能なのです。

クリックでメーターが増えるというのはスクリプトでの制御ですが、数行程度のコードです。
それすらも他のサイトに書いてあったので、すんなりと実装出来ました。
HPゲージとか色々なゲームに応用出来る機能で、さすがUnityと唸ってしまうほど便利なものです、これ。

ただ、見て分かる通り、バーがちょっとシンプル過ぎます。
こいつを改良しようと思い、先程のキャラを作成しているわけなのです。
エロ同人ゲームなのに、注力する箇所が間違っている気がしないでもないですがw

この素っ気ないバーがどのように変化するか。
次回の更新をお楽しみに!
  1. 2016/05/19(木) 20:44:15|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Unity恐るるに足らずも

進行している例のプロジェクトですが、非常に順調です。
と言うのも、最大の壁であろうと考えていたUnityが、拍子抜けするほど簡単に実装出来ているのです。
アニメーションさせる部分は苦労しましたが、一度実装してしまえば、そのパターンを変えていくだけなので、少し頭を捻るだけで済んでいます。

似非プログラマーの私でどこまでやれているのか。
ちょっと、画面でご紹介しましょう。

まず、口の部分にマウスを持っていくと、カーソルが変化します。
Project_P5.png

クリックすると、会話ウィンドウが。
(内容はテキトーですw)
project_P6.png

で、ここからが本番です。
胸の部分にカーソルを持っていくと、エロい手つきのアイコンに変わり、クリックすると胸揺れが!
さらに驚いた表情のアニメーションまで!
Project_P7.gif

しかし、おかしいですね。
小説の宣伝になれば、と思って開設したブログで、私は何をやっているのか。
何処へ向かっているのか。

まあ、全ては貧が悪いのです。
深く考えるのはよしましょう。

で、ご覧の通り、Unityの実装は問題なしです。
最終的には吹き出しみたいなものなどを実装する予定ですが、今のパターンを駆使すれば多分、何とかなります。
いや、なってもらわないと困りますがw

キツイのはBlenderの方です。
上記の2秒程度のアニメーション、どれくらいかかったと思います?
半日かかっていますw

体の動きもそうですが、表情が大変なのです。
よく見ると、目がウルウルしているのが分かると思いますが、3フレームごとにテクスチャをずらして、とかやらないといけません。
で、完成したらレンダリングしてムービーを作成して、おかしい箇所を修正しての繰り返し。
しょぼいCPUの化石PCなのでレンダリングにも時間がかかります。
改めてピクサーの凄さが分かりましたね。

でも、止めるわけにはいきません。
頼みの綱のグリーンジャンボは駄目でした。
私が買った売り場で1億が出た、という垂れ幕があったので、もしやと思ったのですがw

バジリスクの弦之介も言っているではありませんか。
「もはや止まれぬ」と。
ここまで来たら最後まで完成させるしかないです。

パニガーレとは言わないまでも、願わくば何かSSが買えますように。
親のクソみたいな借金問題が片付きますように。

頑張ります。

そうそう、ここまでの実装で知りたいことがあれば、何なりとどうぞ。
相当ニッチな実装だと思いますが……w
  1. 2016/04/04(月) 20:25:39|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何とか動作

Unity上でBlenderで作成したアニメーションが、何とか動作しました。
こちらをご覧下さい。
Project_P3.gif
上の方にUnityのマークがあるのが、その証拠ですw
キャプチャなので、アニメーションがぎこちないですが、PC上では非常にスムーズです。

いやー、大変でした。
3Dモデルを動かす方がずっと簡単だと思いますね。

最初はUnity2Dでやっていたのですが(初回作成時に3D、2Dが選べます)、どうにも上手く行かず。
結局3Dで1枚板を貼って、そこのテクスチャを切り替えるという手法を取りました。
こんな感じですね。
Project_P4.png
この動画、後で瞬きとかもしますが、累計76枚のjpegを順番に表示させるという実装になっています。
え、こんな実装でメモリとか大丈夫なのかって?
そんなの関係ねえ!
まあ、私のヘボPCで落ちなければ、大丈夫でしょう、多分w

次の目標ですが、例えば口の部分にカーソルを当てると、マウスアイコンが話すマークになり、クリックで会話みたいなことをやってみようかと思います。
……いや、会話とか大変そうだから、クリックで座るアニメーションを再生して、シーン遷移させる程度にしておきますw

ここまでのやり方を講座にしてもいいのですが、本来のUnityとはかけ離れた実装だと思います。
特に本職が見たら、噴飯ものの実装ではないかとw
勿論、要望があれば、アップしますけど……ないだろうなあ。

累計20時間近く格闘していました。
つ、疲れた。
  1. 2016/03/27(日) 19:54:52|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日かけても

この2日間、ずっとUnityを触っていました。
いやー、緩くないですね。
Blenderとは桁が違います。

それだけの時間を費やして出来たのはこちら。
PP1.png
何てことのない画面に見えますよね。
でも、このように余白の出ないカメラの設定にするだけでも、数十行に渡るワケの分からないスクリプトが必要になりますw
Unityは開発を楽にするツールのはずなのに、全然楽じゃないっす。

まあ、そのスクリプトは他の方が上げておいてくれたものを丸々使ったという。
そう、我が座右の銘は他力本願。(ほんとはもっと崇高な意味らしいですが)
これぞ、私の真骨頂ですw

あと、テストでビルドしてみたのですが、果たして皆さんの環境で動くのかどうか。
exeファイルとフォルダが出来るのですが、これ、Unityが入っていないと動かないんじゃないかなあ……。
ホームページにアップしてテストしてもらおうと思ったのですが、ファイルサイズが凄まじくて置けませんでした。

いやもう、分からないことだらけ。
講座を書こうかと思っていましたが、こんなレベルじゃ到底書けないですねw

最終目標はカーソルを特定の箇所に当てるとアイコンが変わり、クリックするとアニメーションというのを考えています。
横にアイコンを並べたりとかも考えたのですが、何もない方がスタイリッシュかな、と。
こんなスキルで実現出来るかは極めて怪しいですがw

画面を見る限り、エロ同人臭は出てきたと思うので、何とか完成まで持っていきたいですね。
次はテクスチャを切り替えて、アニメーションというハイレベルな実装にチャレンジしてみます。
1週間以上かかりそうだなあ……。
  1. 2016/03/23(水) 22:16:28|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びUnityに

現在、制作中のゲーム? ですが、風向きが変わってきました。
と言うのも、頼みの綱であるsuzuka(gifアニメーションでFlashを作るソフト)が、何とWindows7に対応していないという。
一応、インストールは試してみましたが、エラーで出来ませんでした。
無理矢理動かす方法もあるようですが、フリーソフトなので将来的な事を考えると、他の選択肢に移らざるを得ません。

そこに、白羽の矢が立ったのが、Unity。
最後の講座を書いて幾星霜。
ずっと、起動すらしていなかったのですが、この度、最新の5.3をインストールしました。

Blenderで簡単なモーションをレンダリングしたので、それをパラパラ漫画のように表示させてアニメーションをさせるテストを、手始めに試してみました。

だが、しかし。
色々なサイトでやり方が書いてあったのですが、スクリプトがエラーになってしまいます。
というか、1枚絵すら表示出来ないという。

Unity5.0だからなのか、何か設定を間違えているのか。
何故なんだ、と2時間くらい悩みました。

原因はこれ。
unity5_3.png

起動時に選べたというorz
さすがにここまで初期段階のことは、何処にも書いてませんw
こんなところで2時間とか、前途多難にも程があります。

基本的に向いていないんですよね。
自分の意に反した作品を、苦手な分野で四苦八苦しながら作るというのは、ほんと吐き気を催してきます。
叶うことならば、のんびりと小説を書いて過ごしたいです。
しかし、運命が、宿業がそれを許してくれないので、やるしかありません。

それにしても、苦労して身に付けた技術は体が覚えていてくれると思っていましたが、完璧に忘れているというのは最大の誤算でしたw
知り合いのプロで、私のBlenderの師匠の方に泣きつく手もありますが、とりあえずアニメーションが出来るところまでは自力で何とかしてみたいと思います。

また、何か技術的な発見があれば、講座の方に追加していく予定です。
余り役に立たないレベルだと思いますが……。
  1. 2016/03/22(火) 23:36:20|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (206)
小説 (29)
時事 (59)
ゲーム (79)
Blender (93)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (308)
狩猟/射撃 (106)
Unity (76)
マイニング (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する