三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

G-SHOCK熱、再発

皆さんは何の腕時計をされていますでしょうか?
私はスマホがあれば時計などなくても良いと思うのですが、仕事で使うので仕方なくしております。
ちなみに使っているのは1万円くらいの電波ソーラー時計です。

で、会社の後輩がGーSHOCKをしていて、別のGーSHOCKも買おうと画策しております。
その話を聞いている内に、以前、時計を物色していた際に罹患したGーSHOCK熱が再び再発してしまいました。

GーSHOCKというのはその頑健さゆえに愛好家が多く、非常に多くのカラーやモデルがあり、物によっては大層な高値で取引されたりします。
見るからにタフな外観はまさに時計界のジムニー。
海外のマッチョな軍人にも愛用されている、漢の時計と言えるでしょう。

ここ数日サイトを色々見ていて、欲しいモデルが見つかりました。

まずはレンジマン。
G_Shock.jpg
トリプルセンサー搭載で、気圧、温度、標高差が分かるのみならず、日の出、日の入りまで表示したり、目標物となる方角をセット出来たりする、凄いヤツです。
これはもはや、狩猟用と言っても差し支えないかもしれません。
GーSHOCKならば、スラグ弾にも耐えてくれることでしょう。
ああ、耐えるというのは射撃時の衝撃にという意味で、当たったら粉々になるのは間違いなしですw
いや、恐らくは手首ごと吹き飛びますな。

……すいません、怖いことを書いてしまいました。

気を取り直して、お次はマッドマスター。
この時計も上のレンジマンもマスターオブGというシリーズになります。
マスターオブGには陸空海と三種類のコンセプトモデルがあるのですが、その中の陸(レンジマンも陸)のフラッグシップモデルです。
G_Shock2.jpg
こちらはトリプルセンサーは付いているものの、日の出などは表示出来ません。
その代わり、ガラスが極めて傷のつきにくいサファイアガラスとなり、全体的なタフさも増しています。
あと、国内生産というのもポイント。
レンジマンはタイです。

どちらも魅力的で悩みますが、問題は価格。
レンジマンが約3万、マッドマスターにいたっては約6万という、ぶっ飛んだ価格設定。

ちなみにセンサー機能に主眼を置くのであれば、プロトレックという選択肢もあります。
G_Shock3.jpg
これなら2万程度で買えます。
しかも、天候が悪化しそうな場合は警告を出してくれたりと、センサー類に関してはGーSHOCKを上回る性能を誇ります。
センサーに関してはこちらが元になっていますし、液晶表示も格好良いですね。

さて、どれを買うかと、考えている内に気付きました。

時計なぞ、迅速に時間が確認出来れば良いと。
気圧や温度なんて、事前にスマホで確認しておけば問題なし。
狩猟時の日の出、日の入り時刻もしかり。

今使っている時計も壊れているわけではありません。
ならば何で新しい時計が欲しくなるのか。

つまるところ、所有欲ではないかと思うのです。
そして、所有欲というのは高い物ほど高くなるのではないかと。

例えばこれらの時計が980円だったらどう思いますでしょうか?
途端にチープに感じ、購買意欲も半減するのではないでしょうか?

分かりやすくバイクでも例えますか。
仮にS1000RRやパニガーレが30万程度だったら?
すぐに壊れそうな気がしてきませんか?

さらに言えば、所有欲は生活レベルによって異なります。
年収1000万の人から見れば、マッドマスターも安い時計となるでしょう。
ああ、この格差社会……。

つらつらと書いてきましたが、結論としては見送りとなりました。
昨日、19時頃に座ったまどマギで一撃6000枚を叩き出し、半額くらいは賄える状態にありますが、やはり6万というのは躊躇してしまいます。
とりあえずは我慢、我慢。
まあ、大層デカいみたいなので、実物を見てみたいというのもありますが。

それにしてもカシオさんも罪なモデルを作ってしまいましたね。
外観の無骨さ、その質実剛健さなど、魔性の魅力があります。

いずれはマッドマスターを夢見つつ、Blenderに励みたいと思います。
ほんと、いつになったら完成するんだか……。
  1. 2017/02/27(月) 18:02:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレミアムフライデー

本日は初めてのプレミアムフライデーとなります。

プレミアムフライデーとは何ぞや? という方も居られるかもしれませんね。
簡単に言うと、月の最後の金曜は早く仕事を終えて、ぱーっと散財しましょうと、政府が勝手に呼びかけているもの。
勿論、法的なものではありません。

一部の方は外食を楽しんだり、高い買い物をしたりとかするかもしれません。
が、大半の方は散財する金もなく、仕事を早く上がる事も出来ず……ということになるのではないでしょうか。

私はと言いますと、夜勤明けだったので出かけました。
プレミアムフライデーはどんなものだ、と。

え、何処に行ったのかって?
出かけた先はパチンコ屋、打つ台は無論まどマギですw
またまどマギかよと思うかもしれませんが、これ以外に打ちたい台がないのです。
強いて言うなら甘デジでリング(運命の日)と化物語くらい。
ただ、どちらも音楽を聴くための台です。

ちなみに化物語のSurelyという曲は、名曲揃いの化物語の中でも群を抜いています。
歌っているのはClariSというグループで、まどマギの主題歌も彼女たちが参加していますね。

この曲、メロディラインが凄く綺麗なのです。
いくらハマろうが、これを聴くと許せてしまうくらいの破壊力があります。
機会があったら、是非聴いてみて下さい。
ちょっと背中がむず痒くなる歌詞ですが……。

話が逸れました。
ホールもプレミアムフライデーを意識しているのか、昨日が新台入替だったみたいです。
客の入りはいつもと大して変わりませんでした。

で、引いてしまいました。
BIGボーナス中に中段チェリーを!

素晴らしい。
最高級松阪牛だろうが、フランス料理のフルコースだろうが、中段チェリーの味には敵いません。
これぞ正真正銘のプレミアム!
各方面から批判されていますが、いいじゃないですか、プレミアムフライデー。

引いたのが18時過ぎでした。
今日は閉店コースかと時間を気にしていたら、アルティメットバトルがまさかの単発終了。
スイカを2回も引いたのに……。

結局、約1600枚で終了というしょっぱい結果に。
アルティメットを引いたら2000枚は出る、という神話が崩れてしまいました。

こんなの全然プレミアムじゃない。
何がプレミアムフライデーだ。

……まあ、勝てたから良しとしましょうかね。

しかし、このプレミアムフライデー、私は定着はしないと思いますね。
2000円札と同じ末路を辿るのではないかと。

例えば看護師などの方が、「今日はプレミアムフライデーだ、早く上がろっと」なんて出来るわけありません。
警察官や消防士の方だってそうでしょう。

景気を良くしたいみたいですが、こんな子供騙しみたいなことを考える暇があったら、恒久減税でも復活させろや、と言いたいです。
恒久なのにあっさり終了してしまった、あの減税措置を。

とは言え、毎月1回中段チェリーが引けるという可能性は無きにしも非ず。
来月のプレミアムフライデーを心待ちにしていますw
  1. 2017/02/24(金) 21:58:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大谷選手、WBCを辞退

残念なお知らせです。
日ハムの大谷選手がWBCを怪我により辞退することになりました。

大多数の方々と同じく、私もその類い希なる才能、資質に惚れ込んでおりますので、今まで何度が記事に取り上げました。
その都度、怪我だけには注意して欲しいと書いてきましたが、願いも空しく、右足首の怪我でWBC辞退となってしまいました。
限界を攻めるアスリートにとって、怪我はつきものと言えるかもしれませんが、無念極まりないです。

巷ではキックボクシングの練習が原因とかいう見方もあるようです。
が、私は違うと思いますね。

怪我をしているのに、ミット目がけてあれだけの蹴りを打つなどという愚行を、自己管理の厳しい大谷選手がするとは思えません。
また、日本シリーズでの怪我とか言われていますが、恐らくは強度を上げた練習をする内に、痛みが顕在化してきたのでは、と推測しております。

三角骨の骨棘などとも言われていますね。
調べてみたのですが、踵の少し上の骨が変形、剥離し、特定の動作を行うと痛みが出るという症状のようです。

完治には手術が必要だとか。
手術となると、数ヶ月は戦線離脱となってしまいますが、ここでしっかりと治した方がいい気がします。
何しろ将来性のある身ですし、もはや才能に関しては証明済みなので、無理して変なケチをつけられるよりは、じっくりと療養するのがベストではないかと。

WBCで「メジャーよ、これが大谷だ」という姿を見たかったですが、ここは少しの我慢。
最良の選択をして、来年にはメジャーにて大谷旋風を吹き起こして欲しいですね。
  1. 2017/02/04(土) 19:49:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型電動焙煎機、発売!

昨日知ったのですが、少し前に新型の電動焙煎機が発売されたようです。
パナソニックのAE-NR01という焙煎機。

動画があります。

本体のデザインは素晴らしいの一言。
他の電動焙煎機と比べても、断トツで洒落ております。

しかし、この本体、どこかで見たような気がしているのです。
私の記憶が確かならば、昨年に海外のサイトで上がっていたものではないかと。
それだとスマホで焙煎の時間や温度を細かく設定出来るみたいなことが書いてありましたが、本機はプリセットのみの焙煎となるみたいです。
ダウンロードで色々なプリセットが選べるみたいなのですが、少し面白味に欠ける気がしますね。
自分で色々と試行錯誤したいというか。

まあ、それはプロが考えた理想の焙煎を再現しようとしているので、良しとしましょう。
最大のネックは価格です。

本体価格、何と10万円!
……ずっこけた方、目を見開いた方など大勢居るかもしれませんねw
人気のジェネカフェとかも7~8万しますし、飛び抜けて高いわけではありませんが、一般人が出せる金額とはとても言えません。

あと、毎月5500円払うと、3種類の生豆がそれぞれ200gずつ届くようです。
(それらを総称してThe Roastというサービス名称みになるたいです)
綺麗にハンドピックしてあるのでしょうし、ハワイコナやブルマンなど高級豆を送ってくれるのかもしれませんが……私は正直ぼったくり高いと思います。
それなりの豆も1000円ちょっと出せば1Kg買えますからね。

敷居の高そうに思える焙煎を一般人に浸透させたいのであれば、5500円を24ヶ月続けたら本体は無料。
もしくは何とか5万前後で販売するべきでした。
それが無理ならせめて契約中はリースしてくれるとか。
まあ、安い生豆を自分で購入し、焙煎し続ければ、10万円でも元は取れると思います。
壊れなければ……。

あと、本体についてです。
残念なのは1回の焙煎量。

50gなのですが、これは正直少ないです。
一杯10~12g程度使うので、4~5杯分にしかなりません。
連続焙煎の耐久度は不明ですが、お裾分けなども考えると、100gは欲しかったですね。

Iotというか、スマホとの連携もiOSだけというのも、どうなのでしょうか。
私はiPhone派なのでいいのですが、androidユーザーを舐めているのではないかと感じますw

自家焙煎の素晴らしさ、コスパの良さを皆さんにも是非知って頂きたいのですが、これは間違いなく売れないでしょうね。
ただ、売れないからこそ、この価格になってしまうのもまた事実。
この状況を打破するには、どうすればいいのでしょうか……。

とりあえず、私は5万で買った焙煎機が壊れるまで、様子見です。
(気にはなっています)
ご購入された方が居られましたら、是非とも感想をお聞かせ下さい。


……と言いたいところですが、そんなセレブな方は中々居ないでしょうねw
  1. 2017/01/31(火) 21:57:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横綱昇進、待ったなし

初場所、千秋楽はご覧になられましたでしょうか?
稀勢の里関(以下、敬称略)が白鵬と対戦しました。

動画がありました。

いやはや、これだけ手に汗握ったのは久し振りです。
時間にしたらわずか数秒、瞬きをする暇もないほどの戦いですが、お互いのプライドが迸る濃密な一戦でした。

白鵬が空気を読んで負ける……などということでは、これだけの名勝負にはならなかったでしょう。
現横綱のプライドを賭けた気迫の寄り、そしてそれを受け止め、鮮やかにかわした稀勢の里の技術。
これぞ、大相撲といった、本当に素晴らしい勝負でしたね。

それにしても、勝ててよかったです。
やはり現横綱を破って勝つのとそうでないのでは、印象ががらりと変わってしまいます。

これで横綱への昇進はほぼ間違いないはず。
若貴以来、待ち焦がれてきた日本人横綱の誕生です。

しばらくは取材やテレビ出演などが続くことでしょう。
浮かれて稽古を怠らずこれからも優勝を重ねていって欲しいですね。
個人的には琴奨菊はそれでダメだったのでは、と思っています。

春場所が早くも待ち遠しいです。
手に汗握る、名勝負の数々を期待しています!
  1. 2017/01/23(月) 20:58:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する