三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

CBR250RR、正式発表

すでに情報は出ていましたが、CBR250RRが正式発表となりました。
発売日は5月12日となります。

カラーは3種類あります。

ヴィクトリーレッド
CBR250RR_8.jpg
ソードシルバーメタリック
CBR250RR_9.jpg
マットガンパウダーブラックメタリック
CBR250RR_10.jpg

価格ですが、ヴィクトリーレッド以外は75万6000円。
ヴィクトリーレッドは77万7600円と2万円高くなります。
あと、ABSモデルはそれぞれ、80万6760円、82万8360円となります。
上記は全て税込み価格。

いや、たけぇ、たけぇ。
Ninja250が50万程度で買える今となっては、尚更高く感じてしまいます。

でも、スペックは凄いです。
車重はABSモデルで167kgと軽く、パワーは圧巻の38PS。
ちなみにNinja250が174kg(ABSモデル)の31PSです。
ノーマルで180キロは出る……と思います。

その他にも、倒立フォーク、250cc初となるスロットルバイワイヤ、SSにあるような3段階のパワー調整など、至れり尽くせりといった感じ。
この値段も仕方なし、と思わせる装備ですが、ちょっと待って下さい。

インドネシアだと20万くらい安いのは一体何故……。
ドゥカティみたいに日本国価格にしてきたということでしょうか?
でも、国内メーカーがそれをやっちゃなあ……。
10万くらいならまだ輸送料とか税金やらで納得も出来ますが、ちょっと足元を見すぎていませんかな。

さらにインドネシアではレプソルカラーも発売されます。
CBR250RR_11.jpg
カッケー。
これなら80万も納得ですわ。
私が買うなら、絶対この色が欲しいです。
何故、日本でこれを出さないのか?
まあ、色に関してはR25みたいに後から限定色を出す可能性もありますが、インドネシア >> 日本という印象は拭えませんね。

とは言え、車検がなく、普通免許で乗れる250ccの中で最強と言っても良いスペック。
プレミアムな1台と割り切れば、アリかもしれません。
でもね。
返す返すも、だからこそのレプソルカラーだと思うのですよ。

さてはて、この値段だとNinja650と変わらないことになります。
果たして売れるかどうか。
今後、高級路線が流行るのかどうかを占う上でも、要注目の1台ですね。
  1. 2017/04/18(火) 23:09:18|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Xデーは25日? | ホーム | 牝馬で皐月賞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/981-72dd5b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する