三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

Ninja1000、2017年モデル発表

カワサキイチバンさんを熱心に購読されているカワサキマニアの方はご存じかもしれませんが、Ninja1000の2017年モデルが発表となりました。

今回はフルモデルチェンジといっても差し支えないくらい、手が入っているようです。
詳細は上記サイトでご確認頂くとして、早速外観チェック。
17_Ninja1000.jpg
見た目はそれほど変化ないですかね。
もうすぐ発表されるであろう、Ninja650ほどの衝撃は感じられず。

左右で比較。
左が2016年モデルです。
16_Ninja1000.jpg
少し精悍な顔つきになっている気がしますね。
足つきも若干良くなっているそうです。

残念なのは車重が5キロ重くなったという点。
235キロというのはこれ如何に。
馬力も4PS上がっていますし、電子制御なども進化しているのですが、出来ればシェイプアップして欲しかった……。
これならハードな減量を耐え抜いたNinja650の方に食指が動いてしまいます。

しかし、価格面では頑張っています。
国内仕様モデルなら2016年モデルよりも7万5,600円安くなっているそうです。
ETCも標準で付いてくるので、コスパは上がっていますね。
この価格でカワサキツアラーのフラッグシップ、Ninjaシリーズの親玉であるNinja1000が手に入るのは悪くないかもしれないですね。

……でもなー。
ここだけの話、実は赤男爵にて旧モデルの新車が110万程度で売られているのですよ。
今回の発表でさらに寝落ちする可能性もありますので、5キロ軽くて安い旧モデルを買うのもありではないかと。
いずれにせよ、しばらく様子見した方がいいかと思います。

最後にスズキの話題を少し。

いつの間にかR600/R750の2017年モデルが発表となっていました。
中身は変化なさそうですが、このカラーリングにご注目。
17_GSX-R600.jpg
まさに私が望んでいた配色ではありませんか!
ただ、こうやって見ると、リムの赤が強調されすぎな気がしています。
シールで細めのワンポイントの方が良かったのかもしれません。

こちらも2013年モデルR750の黒が109万で売られているので、そちらを選ぶのがお得かもしれません。
……ただし!
2013年はL3型ですが、2017年モデルではL7型となっています。
どれだけ進化しているのかは不明ですが、ジムニーみたいに新しい方が熟成されているのは間違いないでしょう。
それを考えると悩ましいところ。

もっとも、GSX-R1000が劇的進化を遂げたので、いずれR600/R750にもフィードバックが来ると思います。
それを考えると、こちらもやはり様子見が吉な気がしてしまいますね。

とは言え、欲しい時が買い時とも言います。
気になっている方は、とりあえず赤男爵のHPに齧り付いていては如何でしょうか。
899パニガーレの時みたいに、劇的な値下がりがあるかもしれませんよ!
  1. 2017/03/03(金) 10:07:34|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アナ雪、初のTV放送 | ホーム | Horizon Zero Dawn>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/968-0bdeab05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (169)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する