三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

射撃大会へ

銃を所持してから、幾星霜。
人生初の射撃大会に参加してきました。

と言っても、格式のある大会ではなく、猟友会主催のアットホームなヤツです。
時期的に実猟前の練習も兼ねている感じ。

私は大勢でワイワイやるのが苦手なので、正直煩わしいと思っていました。
朝も早いし。
が、参加してみて180度考えが変わりました。
いや、これは面白いです。

トラップ射撃なのですが、10メートルの位置から20枚を2R行い、その後、ダブルトラップを20枚(つまり40枚)という形式でスコアを競います。
まず、スコア形式で順位を競うのが面白いです。
ボウリング的な面白さと言えば分かりますでしょうか。

久々の射撃だったので、当たらないだろうなと思っていたのですが、20枚中、14枚撃破!
私、思いました。
「我、遂に開眼せり」と。
やっと秘められた素質が開花したのだと。

しかしよく考えたら、通常のトラップ射撃より5メートル前から撃っています。
どう考えても理由はそれしかありませんw

2R目は初矢(1発目のことです)だけではなく二矢(2発目のことです)も撃ってみて、と言われました。
私、二矢を撃とうとすると、そちらに意識がいってしまい、酷い成績になってしまいます。
なので、1R目は撃たなかったのですね。
しかし、次はダブルトラップなので、今の内に練習しなさいと言われました。

私の相棒はレミントンM870。
ご覧のようにフォアエンド(銃身下にある木の部分)をカシャッと手でスライドさせて装填する銃です。
車で言うところのMTになりますか。
m870.jpg
この動作に意識が向いてしまい、初矢までも当たらなくなってしまうのです。

案の定、全然当たらなくなりました。
が、途中から感覚が掴めてきて、何とか11枚割れました。
通常の25枚ではなく、20枚なので5割はキープ。

そして、いよいよ人生初のダブルトラップにチャレンジすることになりました。
これはさらに5メートル前、発射台から5メートルの位置で撃ちます。
で、皿は同時に2枚飛びますw

「無茶言いやがって、こんなの当たるかよ」と思ったのですが、これが当たる当たる。
なんと、2×20の40枚中、25枚割れました。

いや、このダブルトラップやばいです。
クッソ面白い!

これ、ポンプアクション銃が真骨頂を発揮するゲームですね。
そりゃ上下二連銃のが当たるのでしょうけど、面白さが別次元。
素早く装填して2枚とも割れた時には、思わず「き、気持ちええ……」と、悦に入ってしまうレベル。

ちなみに初めてでそれだけ割れたのは、私が天才だった……からではなく近いからですw
5メートルなんざ、静止した的なら目を閉じてても当たる距離。
多分、一度も撃ったことない人でも、鼻歌を歌いながら当てることが出来るでしょう。
ただ、どっちを狙うかで迷ったり、ジャム(空薬莢が排出されず詰まること)ったりでミスが出てしまう感じ。

まあ、総合成績はお察し下さい。
下から数えた方が早かったですw

でも、今までで一番、射撃が面白いと感じました。
いやー、ダブルトラップがこんなに熱いとは。
ただ、弾の消費が尋常じゃないのがネックです。
湯水の如く金がかかりますな……。

ちなみにトリプルトラップなるものもあるみたいです。

ダブルトラップとは違い、3連続で皿が飛ぶのですね。
いや、面白そうじゃないですかっ!
愛知県総合射撃場ならやれるんですかね?
弾代がとんでもないことになるのは必至でしょうけど、やってみたいですね。

しかし、この猟友会主催の射撃大会、物凄くお得です。
参加費5000円で、洗剤やカレー、カップラーメンなどの景品も貰えますし、昼食としてお寿司のパックも出ました。
そして何より面白い!
今後は毎回出たいですね。

ただ、ジャムの原因がよく分かりません。
滑りが悪いのかなと思い、帰ってからメンテナンスを行うことにしました。
Shooting Games
フル分解!
M870は構造がシンプルで助かります。
ただ、クレー射撃程度なら、ここまでバラさなくてもいいと思います。
とりあえず木の部分以外にWD-40をくまなく塗ってみました。

……恐ろしくスムーズになりました。
フォアエンドがシルクのような滑らかさで、スルスルと動きます。
メンテを疎かにしてはいけませんね。

その後、ダミーカートリッジで試してみたのですが、やはり時々詰まってしまいます。
首を捻りながら何度もガシャガシャやっていると原因が分かりました。

二矢を早く装填しようと焦る為か、どうもフォアエンドの引きつけが弱い時があるみたいです。
その場合、排出の勢いが弱くなり、詰まってしまう。
つまり、原因は銃ではなく、腕だったわけです。
相棒よ、疑って悪かった。

射撃熱も最高潮に高まっていたので、腕が痛くなるまで練習した結果、物凄い速度で装填出来るようになりましたw
笑っちゃうくらい早い上に弾詰まりも皆無。
ただし、当たるとは言っていませんが!

あと、猟に関する耳寄りな情報も得られました。
が、長くなってきたので、次回へ。
お楽しみに!
  1. 2016/10/25(火) 20:18:38|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<獲れる予感 | ホーム | 任天堂、新ハードを発表>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/929-d8ed5f55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (75)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (298)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する