三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

業務用コーヒーミルを購入

私は(自称)コーヒー通です。
家で自家焙煎もやっており、日々、味の追求に勤しんでおります。

コーヒにおいて、味を決める要素は何か。
私は大きく分けて、焙煎、粉砕、ドリップの3つがあると思います。

焙煎は以前に記事を書いたように、本格的な焙煎機を購入しました。
ドリップはゴールドフィルターを使い、ハンドドリップしているので、問題なし。
ただ、粉砕に関しては1600円くらいの手挽きでゴリゴリやるやつでした。

しかし、この度、本格的なミルを手に入れました。
こちら、Fuji Royal社のR-440です。
R-440.jpg
もう少し小型の「みるっこ」というミルで有名な会社です。
これはその原型となった業務用のミルになります。

お値段は7万ちょいくらいだと思います。
それが何と、オークションにて1万円で落札出来ました!
……が、壊れていましたw

メーカーにメンテナンスを頼み、プラス1万。
総額、約2万ちょっとでした。

噂には聞いていましたが、瞠目に値する粉砕能力です。
ザーッという音がしたかと思うと、粉砕完了。
1杯分が3秒ほどですw

飲む度に手で20秒以上ゴリゴリやっていた日々は何だったのか……。
物凄く楽になりました。

あと、素晴らしいのが、ダイヤルを捻るだけで挽き目を簡単に変えられること。
このダイヤルを回すだけです。
R-440_2.jpg
折角ですので、挽き目を。
撮影日が異なっていますので、豆の種類は違います。
まず、これが手挽きでゴリゴリやっていたやつ。
1600円という値段の割には、相当綺麗な挽き目ではないでしょうか。
入門者にはこういった手挽きがお勧めですね。
(上から目線ですいませんw)
R-440_3.jpg
R-440のメモリ8。
数字が高いほど粗くなります。
ほぼマックスですね。
豆の消費量は増えますが、まろやかな口当たりになる、贅沢な飲み方。
R-440_4.jpg
メモリ1のエスプレッソ用。
ただ、エスプレッソ好きな人に見てもらったところ、エスプレッソ用のミルだともっと細かいらしいです。
残念ながら、ドリップには向きませんでした。
フィルターが目詰まりを起こしてしまい、ドリップするのにえらい時間がかかってしまいます。
味に関しては雑味がよく出るのか、苦くなります。
R-440_5.jpg
数字の4、DRIPとダイヤルに書かれている位置です。
豆にもよると思いますが、個人的には4が一番バランスの取れた味になりました。
下の画像はフルシティローストのエルサルバドル、ハイローストで酸味を出したアンデスマウンテンのブレンド。
「う、うめえずら……」と、不覚にも古き良き静岡の言葉で唸ってしまうレベル。
これはやばかったです。
R-440_6.jpg
この手のレビューで「ミルでこんなに味が変わるとは!」みたいなものをよく見かけますが、それほどまでは変わりませんでした。
いや、勿論、味は変わります。
でも、機械が違う以上、挽き目を完全に同一にすることは出来ません。
粗さで味が変わるのは当然ですので、比べる事自体、余り意味がない気がするのですよね。

強いて言えば、均一性とかですかね。
それと、粒の形状自体が変わっているので、そこで差が出ているとも言えるかな。
まあ、1600円のやつよりは美味しい方向に向かったのは間違いないと思います。

素晴らしいミルですが、唯一の欠点はそのサイズです。
コーヒーを一杯飲むのに、50cm程もある大きさはどうか。
周りを威圧するかのような、凄まじい存在感があります。

そして最大のネックは重さ。
15キロという、途方もない重さです。
これはもう、あれですね。殺傷力がありますw
サスペンスドラマの凶器になってもおかしくないかと。

お金があるのなら、一回り小さく、重さも5キロ程度の「みるっこ」をお勧めしますね。
4万くらいで新品が買えます。
ただ、R-440はそのサイズゆえか、オークションで安く取引されています。
性能自体に差はないと思われますので、安さを取るか、サイズを取るか、ですね。

正直、1万以上するミルならどれも大差ないのでは、という気もしなくはないですw
でも、「俺、ミルは業務用の使っているんだわ」という、素晴らしい台詞を言える資格が得られました。
コーヒーと共に優越感を味わえるR-440。
お勧めです!
  1. 2016/09/24(土) 21:11:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豪栄道関、全勝優勝! | ホーム | 義侠心あふれる店員さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/918-058d7545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (75)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する