三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

中級焙煎士へ

本日、4回目の焙煎を行いました。
手探り状態な部分はあるものの、火力調整は掴めてきたと思います。

こちらは3回目の焙煎。
アンデスマウンテンという豆です。
baisen9.png
これは失敗でした。
2回目の焙煎時、あっという間に2ハゼが来て、豆が発火しそうになった記憶が呼び起こされてしまいました。
そう、びびってしまい、停止が早すぎたのです。
もう1段階、深く煎りたかったところ。
ほどよい酸味はあったものの、やはり深みが足りませんでした。

で、今日行った4回目の焙煎。
豆はエチオピア イルガチェフ G1。
baisen10.jpg
若干、ムラが出てしまいました。
手焙煎ならいざ知らず、機械でやっているので、これは豆の性質によるものではないかと思っています。
でも、狙い通りの深さで終了出来たので、過去最高の出来ではないかと。

味は……すいません。まだ飲んでいませんw
明日、明後日くらいまで寝かせて味わおうと思っています。
いやー、楽しみ、楽しみ。
もしかしたら、美味すぎてぶっ倒れるかもしれませんね。
ないですか、そうですか。

ただ、今回も失敗したことが。
この焙煎機、穴からスプーンを入れて、豆の状態を確認出来るようになっています。
baisen11.jpg
その際、ドラムは回転し続けているので、スプーンに弾かれて飛び出てくる豆があります。
で、飛び出た豆を素手で拾いました。

これが熱いのなんの。
一瞬だったにもかかわらず、軽く火傷してしまいました。
火山弾かっ(無論、触ったことはありませんがw)、と突っ込むくらいの熱さでしたね、これは。

しかし、このトレンド・アイ社製の電動焙煎機、八面六臂の大活躍です。
手焙煎とは何だったのか。
もはや、シャカシャカには戻れませんね。

その上、機能的な限界はまだまだ先にあります。
そう、さらなるパワーアップも可能なのです。

今回煎った豆が美味しければ、次のステップ、いや、最終形態とも言えるダンパー付き焙煎に挑んでみたいと思います。
こんなやつです。
baisen12.jpg
上記はトレンド・アイさんのHPのものですが、付属したマニュアルに作成方法が載っていました。
これをやると何が変わるのか。
温度が一定になり、焼きムラも皆無、最高の焙煎になるそうです。
豆のポテンシャルを最大限に引き出せる、最終奥義、究極の焙煎ッ!!

が、世の中、そんなに上手い話ばかりではないわけで。
代償として火力調整が難しくなり、失敗しやすくなるとのこと。

しかし、上級焙煎士を名乗るには、避けては通れない道……。
至高の一杯を求め、焙煎の旅は続きます。

……ちょっと格好良すぎたかなw
  1. 2016/06/24(金) 20:09:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リベンジ・ザ・海鮮丼 | ホーム | 突然の死去>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/892-231cf71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (175)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する