三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第69回(3点照明)

Point、Sun、Spot、Hemi、Areaと、Blenderには様々なライトがあります。
やってみると分かると思いますが、ライト1つで質感が全然違ってきます。
光の種類、強さ、角度、距離など、組み合わせはまさに無限で、頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなライトの基本とも言える3点照明について、書いてみたいと思います。

そうそう、やっと背景が完成しました。
ご覧の通り、センスのなさが溢れかえっていますね。
壁紙の桜模様などは、佐倉=桜と、極めて安易な連想からというw

まずは何も考えずにPointを配置してみます。
Blender69-1.png
こ、これは……。
Blender69-2.png
どう見てもAKIRAです。
本当にありがとうございました。

という冗談はさておき、3点照明の配置を。
Blender69-3.png
①がキーライト。メインとなる照明です。

②はフィルライトで、メインで出来る影を抑える狙いです。
よって、メインと反対側に配置します。

③はバックライト。輪郭を浮かび上がらせ、立体感を出す為の照明です。

横からの画像。
Blender69-4.png
フィルライトは下から上の角度がいいらしいです。
これは全部Sunですが、特に決まりはありません。

レンダリングしてみます。
Blender69-5.png
いい質感ですね。
これなら修正の必要がありません。

しかし、部屋に持っていくと……。
Blender69-6.png

天井がある部屋、つまりキャラが囲まれていると、質感が変わってしまいます。
よって、別途調整しないといけません。

Spotを足して、明るさなどを変更。
Blender69-7.png

こんな感じに。
Blender69-8.png
多少は良くなりましたね。
でも、全く同じようにするのは難しいです。
ここまで書いておいて何ですが、3点照明だけじゃ、全然駄目ということが分かりましたw
結局、シーンに合わせた調整が必要になりますね。

あと、部屋とキャラを足す場合は、照明のThis Layer Onlyをオンにした方がいいです。
Blender69-9.png
照明をキャラと同じレイヤーに配置して、上記をオンにしておけば、部屋に対して照明の影響が出なくなります。

結局、色々試すしかないのですが、3点照明から調整すれば多少は楽になるのでは、と思います。
納得いく質感が出せるまで、レッツトライです。
……私はもう挫折しそうですがw

それでは。
  1. 2016/03/20(日) 20:10:03|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再びUnityに | ホーム | ジュラシックワールド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/858-fb32be02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する