三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

MecArmy PT16を購入

愛用していたミニマグの調子が悪いので、この度、新しいLEDライトを購入しました。

ミニマグの評価は★☆☆☆☆ですね。
個体差があると思いますが、私の場合は点灯していると、急に消えるという症状が出ました。
ライトとしては致命的な不具合。
質感とかは気に入っていたのですが。

ちなみに3Dのマグライトは★★★★☆です。
全く不具合もなく、信頼度は非常に高いです。
スポット調整周りが少し気に入らないくらいですね。

では、本題に入ります。
購入したのはMecArmy社のPT16です。
PT16.jpg
安定の中国製ですが、侮るなかれ。
LEDライトに関しては、中国が最先端を走っていると言っても、過言ではないのです。

お値段、約1万円ということもあり、パッケージも中国製とは思えないクオリティ。
PT16_2.jpg

USB充電も出来ますし、電池も付いているのでそのまま使えます。
防水性を謳っているので、蓋を外さないと充電出来ないのが残念なところ。
PT16_3.jpg

充電中はランプで知らせてくれます。
赤が充電中、青が充電完了です。
綺麗な色ですね。
PT16_4.jpg

このPTはシリーズになっていて、4種類あります。
分かりやすいように、表にまとめてみました。
PT16_5.png
正直、PT14とPT10は存在理由が分かりません。
コンパクトさのPT16、ランタイムのPT18。
この2つだけでいいような……。

何でPT16をチョイスしたかと言うのは、これ。
PT16_6.png
そう、67mmという圧倒的な小ささに惹かれたのです。
あと、18650電池を使うライトには、1000ルーメン出せてもっと安いものが沢山ありますからね。
こいつには唯一無二の個性を感じました。

LowモードとTurboモードの写真を撮ってみました。
これがLowの5ルーメン。
PT16_7.jpg

そして、これがTurboの1000ルーメン。
PT16_8.jpg

3Dマグライトと比べてみました。
元気玉みたいなのがマグライトです。
PT16_9.jpg
マグライトはスポットが非常に強力ですね。
ただ、その周りはPT16のが明るいので、1000ルーメンは伊達じゃないかなと。

上の画像を見て、「何だ、マグライトの方がすげーじゃん」と思う方も居るかもしれません。
が、ちょっと待って下さい。
PT16_10.jpg
このサイズ差。
これであれだけの光量を発しているわけですからね。
何だ、このオーパーツは。

むしろ、どうした、技術大国ニッポンでしょうか。
まあ、日本メーカーが本気で作ったら、これを上回るものが出来そうですが、コスト面とかで参入しないのでしょうね。
マニアにしか売れなさそうですし。

現時点の評価は★★★★☆です。
-1なのは、耐久性が不明なのと、レンズ内にゴミが……。
これ、蓋が外れないので除去出来ないのですよね。
この辺りは中国製といった部分が出てしまっています。

ただ、質感はかなり良し。
Turboモードは3分くらいで相当熱くなるので常用は出来ませんが、Highでも十分実用的です。
3本目にして、遂に至高のライトに辿り着いたのでは、と感じています。

あ、そうそう。
操作方法がちょっと複雑なので書いておきましょうか。

押しっぱなしでTurbo、離すと消灯。
1クリックでLow。
2クリックでTurbo。
3クリックでストロボ、そこから長押しでSOSモード。
点灯中に長押しで、Low、Mid、High、Turboと変化していき、離すとその明るさで常用となります。
2クリックはHighが良かったかな、と思いますが、1クリックのLowと押しっぱなしのTurboは凄く便利です。
手元の時計や鍵を見る時、Lowはベストですからね。
一度、腕時計を照らす際に、長押しでTurboにしてしまい、「うわあ、目があ、目があ!」となってしまったこともありますw

このPT16、ライトマニア御用達のお店、ホルキンさんでも大人気のようで、すでに品切れになっています。
次回入荷の際は是非とも購入し、手の平サイズのライトから放たれる、圧倒的な大光量を体感してみて下さい。
お勧めの一振りですよ。
  1. 2016/03/10(木) 09:32:05|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カツ丼界に真打ち登場 | ホーム | 目の前で……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/854-a7be9205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (196)
小説 (29)
時事 (58)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (305)
狩猟/射撃 (98)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する