三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

日本人力士が10年ぶりに優勝

琴奨菊関がやってくれました。
モンゴル勢にほぼ優勝を独占(ほとんど白鵬ですがw)されていましたが、本当に久し振りとなる、日本人力士が優勝です。

何を隠そう、この私、若貴時代から相撲を見始めたので、結構、観戦歴は長いのです。
しばらく観ていない時期がありましたが、最近は時間さえ合えば観ていますね。

ちなみに、現在は特に贔屓の力士は居ないものの、嫌いな力士は居ます。
変化しまくる某力士ですが、名前は伏せておきましょう。

引退した中で言えば、朝青龍関が好きでしたね。
あのスピーディな相撲は大変に魅力的。
引退の原因となってしまったように、酒癖は悪いものの、裏表がない性格もどこか憎めません。
ボクシングでモンゴルが韓国に微妙な判定で負けた時、「キムチやろう!!」とツイートしたのを見て、さすがはドルジと膝を打った覚えがありますw

それにしても初場所の千秋楽は手に汗握りました。
贔屓力士は居ないと言ったものの、気が付いたら「がぶれ、がぶれ! よおぉーしっ!」と、声を上げていましたから。
職場で見ていたので、「熱入ってるねえ」と突っ込まれる始末。

今回は8割方の人が琴奨菊関を応援したと思われます。
相手の豪栄道関からすると、さぞやりにくかったことでしょう。
もしも、ここで某力士のように変化して勝とうものなら末代まで恨まれる可能性もありますのでw
膝を痛めた貴乃花関と戦った武蔵丸関に近い心情だったかもしれませんね。

あと、NHKはあざといと言うか、琴奨菊関のお父さんを映すのは止めて欲しかった。
周りに人が居るのに、もらい泣きしそうになってしまったじゃないですか。
あれはほんと、反則です。

来場所は綱取りにも期待が持てますね。
取り組み前の琴バウアー(背中を反るやつ)も定着していますし、人気横綱になれる素質は十分あると思います。
必殺のがぶり寄りで是非とも頑張って欲しいですね。

応援しています!
  1. 2016/01/25(月) 21:13:30|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっとソフトボディまで | ホーム | 大北海道展へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/837-051ac537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (179)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (294)
狩猟/射撃 (94)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する