三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ミニマグライトを購入

前回ご紹介した、マグライト3D。
頼りになる相棒ですが、いかんせんデカすぎる。
と言うことで、ハンディライトを購入しました。

選定は難航しました。
一番欲しかったのが、ThruNite TN36 UTです。
TN36.jpg
暗闇は明るければ明るいほど、心強いというのは揺るぎようのない真理。
こいつは18650充電池という高価な充電池を4本も同時に使います。
360ml缶ジュースほどの大きさにもかかわらず、MAX7300ルーメンを叩き出すという、もはや光学兵器と呼んで差し支えない代物であります。

が、断念しました。
だって、2万8千円ですぜ、旦那。
さらに電池代と充電器代もかかるので、総額で諭吉さんが4人必要という……。

単3を4本使うタイプもありましたが、それだと1000ルーメンくらいまで落ちるんですよね。
例え、それを買ったとしても、フラッグシップモデルであるTN36が欲しくて悶々とするのは明白だったので、諦めました。

他の18650電池を使う、700ルーメンくらいのものにしようかと思ったのですが、ここはブランドを優先。
ミニマグライトのPROモデルを購入しました。
MINIMAG.jpg

価格は4000円くらいだったかな。
このミニマグプロ、密かにマイナーチェンジされています。
現行モデルだと光量が上がっていて、単3電池2本で272ルーメンを出せます。
実際の光量はこんな感じ。
MINIMAG2.jpg
単3にしてはかなり頑張っている方だと思いますが、どうでしょうか。

3Dに比べると儚さを感じるくらい小さいので、携帯性も良いです。
スイッチがなく、捻ると点灯というのはちょっと使い難いかな。
両手が必要になりますので。

ただ、3Dにない素晴らしい機能もあります。
その名もキャンドルモード。
MINIMAG3.jpg
大層な名前ですが、ご覧のように先端のキャップを外しただけですw
でも、ランタンのように広範囲を照らしてくれるので、電気が全くない場所だと、安心感がありますね。
また締め直さないとOFFに出来ないのが、難点ですが。

個人的には多少太くなってもいいので、18650電池1本で500ルーメンくらいの明るさと、プッシュスイッチを実装してくれれば、至高の1本になるかと思います。

ミニといっても、マグライトであることに変わりはなく、相変わらず質感はグレートの一言。
さすがはMADE IN USA。MADE IN CHINAとは一味違います。
この1点だけでも、買って良かったと思いますね。
耐久性は分かりませんが、末永く活躍してくれるのを期待したいです。

お金のある人はTN36を是非試してみて下さいw
  1. 2016/01/10(日) 19:44:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トップブリッジ保護の弊害 | ホーム | 油山寺へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/830-ab946e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (189)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (302)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する