三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第67回(FKで人体を動かす)

肩の捻れ問題ですが、何とかなりそうな手法が取れました。
結局、IKではなくFKを使って動かすことにしました。
人によりけりだと思いますが、直感的に操作出来るので、個人的にはFKの方がやりやすいです。

いきなりここを読まれた方の為に、肩の捻れ問題について説明しておきます。
こうやって手を挙げた状態があります。
これは両手を開いた状態から直線的に挙げた状態。
Blender67-1.png
問題は気を付けをした姿勢を取らせた後、手を挙げた場合です。
いわゆる深呼吸っぽい動作ですが、それをやると肩周りが捻れてしまうというのが、捩れ問題。

解決方法は2つあります。
1つはメッシュを鬼のように細分化して、細かくウェイト設定する方法。
これだと、シェイプキーによる瞬きなどが物凄く大変になります。
正直、Subsurfを外すという選択肢はあり得ないかと思います。

もう一つは普通にウェイト設定をして、二の腕を半時計方向(右腕の場合)に捻り、手首を内側に向ける方法です。
それでやったものがこちら。
手の平がきちんと内側を向いていますが、それほど肩は破綻していません。
Blender67-2.png
気を付けから手を挙げる場合は、腕を上げるのと同時に二の腕と手首を捻っていけば、何とかなりました。
動画にしてみたのですが、残念ながらアップは出来ません。
手の動きを見せようとすると胸まで映ってしまい、完全にアウトとなってしまいますゆえw

動かす箇所が増えるので結構面倒臭いのですが、軽減する方法があります。
今回はその手法を紹介したいと思います。

まずは腕のボーン。
何と、前腕が2本に!
こんな人類は居ませんが、このようにします。
Blender67-3.png

1本目のボーンを選んで、下図のように設定。
手首の回転をコピーするというものです。
Influenceを半分くらいにしておきます。
Blender67-4.png

2本目のボーンも同様にします。
Blender67-5.png

もうお分かりかと思いますが、ボーンを2本にして捻れを分散させる作戦です。
勿論、前腕はある程度メッシュを分割しておいて、ウェイト設定の領域を分けておきます。
Blender67-6.png

テストしてみましょう。
手首を動かすだけで、前腕が追従しているのが分かります。
Blender67-7.gif

1本だけでやると、かなり捻れて腕が痩せてしまいますので、これは効果ありです。
IKだと腕が骨折状態になりかねませんが、FKなら肘に近いボーンを動かせば、腕を曲げる動作も問題なし。
私はIKではなく、これで行きたいと思います。
いやー、ここに辿り着くまで、えらい苦労しましたわ。

次回は集中講座のラスト。
腕の動きに合わせて二の腕の筋肉を動かす方法をご紹介。
他サイトの受け売りですが、完全版ということで。

それでは。
  1. 2015/12/29(火) 09:24:15|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界一濃い抹茶アイスを求めて | ホーム | 名曲に魅せられて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/824-28dbd0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (192)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する