三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ミラノショー、国産バイクは

イタリアはミラノにて、世界最大のモーターショーが開催されました。
EICMA、通称ミラノショーです。

この前、記事にしたパニガーレもここで展示されていたものです。
そのパニガーレが肩透かし感たっぷりだったのですが、国産メーカーはどうか。
いくつか気になったバイクを独断と偏見でピックアップしました。

まずはホンダ。
CBR500Rです。
cbr500r.jpg
KTMと被るかもしれませんが、このカラーは中々いいですね。
欧州だと47馬力以下、国内は400ccで発売されるらしいです。

CBR400Rが事実上のモデルチェンジとなるのでしょうか。
しかしまあ、クソッタレの免許制度が高い壁となります。
馬力は40ちょっとでしょうから、RC390並みに軽いとか、セールスポイントがないと厳しいでしょうね。

お次はYAMAHA。
MTシリーズのフラグシップモデル、MT-10。
MT-10.jpg
巷ではトランスフォーマーなどと言われていますが、確かにこれはw
でも、この何かが吹っ切れたかのようなライト周り、個人的には嫌いじゃないです。
熱がやばそうな気がしますが。

スズキからはGSX-R1000コンセプト。
gsxr1000p.jpg
まだコンセプトではあるものの、2017年モデルとなるようです。
今までの日本製スーパーバイクの中で最軽量、最大の馬力を誇るとのこと。
この物凄い期待感。
いいんですか、信じちゃいますぜ。

ただ、ただなあ……。デザインがちょっと……。
MT-10を見習って、ライト周りはもっとぶっ飛んで欲しいですね。
異形感こそがGSXと思っています。

まあ、優等生デザインはこちらに任せましょう。
我らがカワサキ。
すでに発表されていたZX-10Rですが、ウィンターエディションなるカラーリングが。
ZX10R-Winter-edition.jpg
うーん、やっぱり格好良いなあ。

……おや、スクリーンに何か付いていますね。
拡大してみましょう。
ZX10R-Winter-edition2.jpg
ち、違う。
そうじゃないんだ、カワサキさんよぉー。
漢字は隼に任せておきましょうや。

パニガーレに続き、国内メーカーも何だかパッとしませんでした。
もっとも、毎年H2みたいなインパクト大の発表は無理でしょうし、致し方ないかとも思います。
MT-10なんかは好きな人だと垂涎ものかもしれませんが、私はフルカウル派ですので食指が動きませんでした。
無論、買うお金もありませんw

少し気が早いかもしれませんが、ZX-6Rのモデルチェンジに期待したいですね。
10Rは200万超えそうだし……。
  1. 2015/11/24(火) 20:56:44|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銃の更新に | ホーム | ボーンが最難関>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/808-1e1a4450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (169)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する