三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

技能講習へ

猟銃を所持した場合、3年ごとに更新手続きが必要になります。
私の場合、取得してすぐに誕生日が来たのでほぼ2年なのですが、今年中に更新することになりました。

例によって書類の山に加えて、猟銃等講習会(座学での講習)と実技である技能講習を受けて、修了証明書を取らないといけません。
猟銃等講習会はすでに終えていますが、今回、技能講習を受けてきました。
ちなみに費用は12300円。
何なの、この適当に設定したんじゃねーか、という舐めた数字は……。

内容としては所持している銃の分解、基本的な取り扱いや射撃場でのマナー、実技となります。
実技は25皿で1皿でも割れればOKなので、初心者でも受かるレベルです。

受験者は7人くらいでしたが、レピーター(スライド式の銃)は私1人のみ。
他は皆、上下二連です。
説明が2種類になって、迷惑をかけてしまいましたw

最初は座学で取り扱い等に関しての説明が1時間弱くらい。
その後、銃の分解の練習 → 本番です。

この分解が厄介でした。
勿論、何度もメンテナンスしているので、バラバラにして組み立てることは出来るのですが、手順の説明に先台を外すとあるではないですか。
やったことある人なら分かると思いますが(滅多に居ないかw)、M870で先台を外すと、ブリーチボルトとスライドブロックがバラバラになって、戻すのに苦労するのです。

分かりやすく図で説明しますと、この部分です。
M870_zukai.png
これを戻すのが結構大変なのです。
途中で外れたり、落っこちたりとか。
練習で外したものの、さすがにやり過ぎと思われたのか、採点する本番時は「あそこまでバラバラにせんでええから」と言われましたw

講習の採点ですが、同じ注意を2回受けると、その場で失格というシビアなものです。
いやあ、かなり緊張しましたね。

もっとも、余程危ないことをしない限りは、ほぼ受かるみたいです。
教えてくれる方も射撃や狩猟をやるわけですからね。
同じ仲間として受かって欲しいに決まっているし、意地悪なことはされません。

実技はクレー射撃1ラウンド分をストレートで撃ちます。
ただ、普通のクレーとは違います。
3人組となり、最初の人が3発ずつ一気に1番射台 → 5番射台と15発撃ちます。
で、他の人が同様に撃った後、次は2発ずつ撃つという感じです。

久し振りの射撃でしたが、いきなり5連続で当たりました。
「レピーターの達人が居たか」と、後ろで待っている人達は思ったことでしょう。
……が、すぐに化けの皮は剥がれることに。
最終的には25枚中、13枚という、何の進歩も見せない結果となりましたw

何せ、10枚目くらいで左腕がプルプルと震えていましたからね。
3キロ以上の物を何十秒も支えるなんて動作、普段しませんので。
1週間前くらいから、筋トレするべきだったかな……。

とりあえず、規定はクリアしたので、大丈夫だと思います。
後は書類の山を片付けないと……。

ほんと、ハンターの減少を嘆くくらいなら、この煩雑さMAXの更新手続きを何とかして欲しいですね。
3年目で止める人は少なくないかと思います。
警察署でも、やたら返納を迫ってくるし、ワケが分からないよ……。
同じ話を何度もされるのには本当に辟易しました。

ある程度、射撃場に通っておくと、スムーズに手続き出来るかと思います。
私は頻度が少な過ぎたのかもしれません。
所持者の皆さんの参考になれば幸いですね。
  1. 2015/10/23(金) 21:29:01|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第76回 菊花賞 | ホーム | トップブリッジの傷対策>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/794-4d287916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (176)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する