三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

車検とマフラー

多くの方が肩を落としたであろう、パニガーレのマフラー。
車検に通す為、というのは分かるのですが、一体、どんな測定をしているのだろう、と疑問に思い、色々調べてみました。

車検で使われるのは、近接排気騒音という方法で、音量を測定するマイクロフォンはマフラー端から45度後方の同じ高さで距離50cmに設置して測定、とのこと。

パニガーレ(1299)の本国仕様のマフラーはご覧の通り。
SBK-1299-Panigale.png
何でもパニガーレはエンジンノイズが凄いみたいで、例のクラッチカバーもその対策らしいのです。
つまり、本国仕様のマフラーだと排気音のみならず、エンジンの音も拾ってしまい、余計に厳しくなるというわけですね。

こちらは日本仕様のマフラー。
1299-Panigale_japan.jpg
こいつで50cm離せば、確かにエンジン音はほとんど影響なくなりそうです。

余談ですが、899の場合、排気音のみの音量なら本国仕様でもクリア出来るらしい、という情報もありました。
それほどエンジンノイズの影響が大きいみたいですね。
まあ、浜名湖SAで聴かせて頂いた、1199の本国仕様マフラーはかなりの爆音でしたがw
バッフル外していたのかな、あれ……。

それに引き換え、国産車はさすがです。
Ninja1000のアイドルと発進音を間近で聴いたことがありますが、Ninja250と大差ありません。
嘘つけ、と思われた方も居るかもしれませんが、これは大マジですw

回せばリッターバイクの咆哮を響かせるに違いありませんが、あれならマンション住まいでも気兼ねなく乗れそうです。
この辺りはさすが国産といったところですね。
確か6Rもパニガーレに比べれば、非常に大人しい音だったと記憶しています。

閑話休題。

(これ)の騒音規制欄を読んで、私がどうにも理解出来なかったのが、2017年から実施される追加騒音規定。
要は規制が緩くなるといった趣旨なのですが、加速騒音規制にかかるものと読めます。
なら、冒頭で述べた車検に使われる近接排気騒音には関係ないんじゃね? というのが素朴な疑問点。

この場合、新車登録はクリア出来ても、車検は通らない、といったことにならないのでしょうか?
本当に規制が緩くなるのかな……。
法規に詳しい方が居られましたら、是非ご教授下さい。

馬力は落ちてもいいから、外車はスタイリングを優先して欲しいですねえ……。
  1. 2015/08/30(日) 20:23:51|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グダグダの東京五輪 | ホーム | バイクのふるさと浜松 2015(後編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/771-9512f26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (175)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する