三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

走り屋との邂逅

休みの日は朝5時に起きて、2時間ほど走るのが日課となっています。
先日、いつものコースにて走り屋と遭遇しました。

本当に走り屋かどうかは分かりませんが、私の前で加速したかと思うと、すぐに減速したり、左ウィンカーを出したりします。
Ninja250はあのルックスなので、速いバイクと勘違いされたのでしょうね。
初めての経験でしたが、「ああ、これ誘っているのかー」と気付き、少しついていってみることにしました。

が、すぐに断念。
いやあ、四輪を舐めていました。
速いのなんの。

プジョーの406という車だったと思います。
加速もさることながら、コーナーリングが圧巻でした。
地面に磁石で吸い付いているのか、と思うほど。

wikiで調べたところ、190馬力で0-100は7.9秒とのこと。
信号ダッシュなら何とかなるかもしれませんが、中間加速では無理なスペックですね。

「おのれ……6Rならば……」とは思いませんでした。
6Rの加速なら190馬力の車など話にならないはずですが、私の腕ではコーナーが曲がれず激突必至かと。
それにバンクの感覚が楽しくて走っているのであって、車と競いたい気持ちはありませんからね。

ただ、ああいうのを見ると、加速に不満が出てしまいます。
最高速は別に必要ないのですが、やはり、もう少しパンチ力が欲しいところ。

でも、なかなか得難い体験が出来ました。
別れる時に手を振りたかったくらいですw

また会うことがあり、流す程度の速度なら、後ろをついていきたいですね。
Ninja250では厳しいので、その時は6Rで出会いたいものです。
  1. 2015/08/14(金) 20:30:28|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カキ氷が進化 | ホーム | 凱旋でAmazing Graceが>>

コメント

お久しぶりです。

そういった輩は、放置するのが正解かと。

6Rに乗ってるとそういった輩も極まれに出てきますが、正直相手にしないようにしてます。

速く走っても誰もほめてくれる訳ではなく、寧ろ怪我やK殺のお世話になることを考えると、自身が気持ちよく流せる程度の速度で走ってる方が良いかと。

6Rをはじめとした大型SS系は、冷静な考えと自制心がないと、大怪我&修理代で痛い思いをするので、気をつけて下さいね。

それにとばすなら、サーキットに行って走ったほうが安全に楽しめますよ。
  1. 2015/08/14(金) 20:59:46 |
  2. URL |
  3. うっぴー #UzUN//t6
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

後ろから煽ってくるミニバンはむかつきますが、今回の場合は「凄いコーナーリングだ」と、むしろ見とれてしまう感じでした。
四輪とはリスクが違いますし、仰る通り、バンクだけ楽しむようにします。
サーキットは洗濯できない革ツナギが何とも……。
  1. 2015/08/14(金) 21:29:39 |
  2. URL |
  3. 葉山洋三 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/766-305201ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (192)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する