三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

Ninja250SLを思う

バイクを乗るには最高の季節となってきました。
先日は花粉症にもめげず、山の方へと走ってきました。

秋葉神社の駐車場。
トイレを借りに何度も寄っていますが、一度もお参りしたことはありません。
Mountain_tu.jpg
もう少し早ければ桜が綺麗だったと思います。
近くでウグイスが鳴いていて、風情たっぷりでした。

そのままスーパー林道を通って、竜頭山へ。
避難小屋付近の駐車場でコーヒーブレイク。
身軽に行きたかったので缶コーヒーです。
Mountain_tu2.jpg
ヘルメットを脱いで景色を見ていたら、鼻水が。
フルフェイスはかなり花粉を防いでくれていたようです。
あと、水たまりにカエルの卵みたいなのがあって、写真を撮りました。
しかし、とんでもなくキモいので、写真は割愛しますw

そのまま山住神社方面へ。
お決まりのコースです。
ここの崖は要注意。
手前の水たまりはかなり深いです。
Mountain_tu3.jpg
え、どうしたかって?
白線の比較的浅い部分を突っ切るしかありませんw

走っていて思ったのですが、やはり山道は軽いバイクがいいですね。
SSなどで走ると絶対に持て余すと思います。
リッターSSでくしゃみをしてアクセルを捻ってしまおうものなら、奈落の底へ真っ逆さまの可能性も。

で、考えたのが、Ninja250SLは凄いのではないか、ということ。
2気筒Ninjaよりも20キロくらい軽いというのは驚異です。
こういうシチュエーションはWR250Xが最速かもしれませんが、あれはタンク容量が7.6リットルしかありません。
山の奥はちょっと怖いかと。
SLなら11リットル入りますし、燃費も30は行くはずなので、安心です。

何だか、2気筒Ninjaの面子がないようにも思えますが、確かにその通り!
あえて挙げれば、デザインは(個人的に)2気筒Ninjaの方がいいのと、余り実用的ではないのですが、最高速がちょっぴり上くらいでしょうか。

ただ、長距離ツーリングなら立場が逆転します。
17リットルの大容量タンクは、スタンドのない田舎道を走っている時に、心強いことこの上なし。
この点においてはフラッグシップモデルであるNinja1000でも勝てません。
荷掛フックで荷物も簡単に載せることも出来ますし、ポジションもかなり楽という。
最高のツアラーではないかと思います。

天敵は高速道路ですが、まあ250ccでは仕方のないことですね。
(100km/h巡航なら全然問題ありませんが)

個人的に、これから250ccを買うというのであれば、Ninja250SLをお勧めしたいですね。
ABSはないのですが、サーキットユースを前提としているので、この車種の場合はアリかと。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、250ccフルカウル市場に一石を投じるモデルとなるのでは、と思っています。
何と言っても、軽さは正義ですから。

もう少しすれば、町中を走っている姿を拝めそうです。
乗っている方に出逢えたら、色々聞いてみたいですね。
  1. 2015/04/19(日) 21:26:42|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペナルティきつすぎ | ホーム | 第75回 皐月賞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/712-49f26646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (75)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (298)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する