三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

Ninja250、軽自動車に敗れる

同僚お勧めのラーメンを食べるべく、高速道路を走ってきました。

短い距離でしたが、8000回転以上の音は、やはりいいですね。
4000回転辺りは耕耘機と揶揄されても仕方ないレベルですが、1万回転を超えると、途端に変化。
やる気にさせてくれるというか、これぞバイクというサウンドになります。

ちなみに、あのオーバーグローブ、効果はありました。
下道でも冷えてしまいますが、一定以上は冷たくならない感じです。
万全を期すならば、やはりハンドルカバーか、高価な電熱グローブがベストだとは思います。

で、表題の件。
途中で軽自動車を追い越そうとしたのです。
が、軽自動車が頑張る、頑張るw
まあ、タンクに伏せるほど本気ではありませんでしたが、目的地も迫っていたので結局抜くことが出来ず。

何という屈辱か。
カメに負けたウサギの気持ちが痛いくらいに分かります。
市バス相手に信号ダッシュで大差をつけた、Ninja250。
高速で煽ってきたファミリーカーを視界から消した、Ninja250。
向かうところ敵なしと思いきや、よもや軽自動車をパス出来ないとは……。
果たして、このようなことがあっていいのでしょうか。

これが600SSやリッターバイクだったら、余裕でパスしていたでしょう。
パスどころか、視界から消えるレベルなはず。

ただ、そんな速度で追い越し車線を走るというのは、かなりやばいな、とも感じました。
車がこちらの接近に気付かず、急に進路変更する可能性があるからです。
そうなったらエアバッグのある車はともかく、バイクは確実に即死コース。
自分一人で死ぬならばまだしも、下手したら反対車線に吹き飛ばされて、大惨事になりかねません。
ある意味、250ccの最高速度は安全面で一役買っているとも言えますね。

うーん、でも悔しいです。
あれがGT-Rとかなら良かったのですが(抜こうとも思わないけど)、軽自動車てw
一応、こちらの方が加速、最高速度共に上なのは間違いないですが、すぐにパス出来なかったのは紛れもない事実です。
クソッタレがっ。

……ふう。
とまあ、皆さんは私のように阿呆な走りはしないで、安全運転で快適なバイクライフをお楽しみ下さい。
  1. 2014/12/12(金) 20:52:01|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何処に投票するか | ホーム | 第65回 チャレンジC>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/647-f7a01d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (188)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (301)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する