三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ZX-6R試乗

Ninja250のオイル交換に行ってきました。
走行距離は5000km。
1ヶ月で1000kmほどのペースです。

バイクだと乗っている方なのですかね。
店長さんが驚いていました。
で、待ち時間に色々バイクを見て、情報を仕入れてきたので、ご紹介したいと思います。

まずはZX-6R。
私の憧れであるこのバイク、ついに試乗しました。
……え、大型免許、いつ取ったって?

鋭い質問ですね。
正しく表現するなら、試座となります。
まあ、平たく言うと、跨っただけですw

足つきはNinja250で両足べったりの私でも、片足の踵が若干浮きますね。
多少の不安はありますが、支えられないことはないのでは、というレベルです。

しかし、ポジションが凄いです。
まるで、「俺は速いぞ」というバイクの声が聞こえて来るかのよう。
Ninja250では不可能な前傾姿勢がデフォルトという感じです。
長時間のツーリングは辛いかもしれません。

レッドバロンの(灼熱の)120回ローンだと、月々1万弱のボーナス月3万払い。
つまり、月1万5千円程度で購入出来ると言うことになります。
(総額170万くらいなので、金利はかなり高めです)
思わず、「これ、行ったろうか」と心が揺れましたが、さすがに10年ローンは……。

で、見つけたのが、型落ちのYAMAHA R1です。
中古で何と45万!
現行型より馬力は低いとのことですが、それでも150馬力くらいありますからね。
Ninja250より安い値段で、サーキットでもトップクラスの運動性能のバイクが手に入るわけです。
これ、アリじゃないですかね!?

が、車体のデカさがネック。
Ninja250は言わずもがな、ZX-6Rと比べても相当にデカいです。

さすがリッターバイクと思っていたら、もっと凄いのがありました。
BMW 1200GSアドベンチャーというバイクです。
1200gs.png

このバイクにアルミケースみたいなのが、リアシートと左右に計3個も付いていました。
画像だと小さく見えるかもしれませんが、冗談抜きで競走馬くらいの大きさがありますw

ハンドルの位置も凄く高くて、「こりゃあ、1mmたりとも押せないのではないか」と感じましたね。
ほんと、ラオウみたいな体格でないと、似合わないバイクだと思います。
タンクも30リットル入るみたいですし、すべてにおいてスケールがデカい。
当然ながら値段もですw

これらのバイクを見た後に跨った、Ninja250のコンパクトさ
儚さすら感じるほどです。
しかし、店長曰く、峠とか走るなら250が1番面白いとのこと。
やはり100馬力以上あっても、サーキット以外では使う機会がないみたいですね。

それでも、あの加速力は捨て難いのもまた事実。
何とかNinja250のローンを完済して、ZX-6Rに乗り替えられるように頑張りたいと思います。

まずは天皇賞からですね。 ヾ(-_-;) オイッ
  1. 2014/10/30(木) 21:47:25|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しもふりにく、再び | ホーム | 防御力アップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/606-78e495ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (180)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (298)
狩猟/射撃 (95)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する