三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

日産リーフの加速力

少し前ですが、友人が勤めている日産にて、リーフに試乗しましたので、それについての感想でも。
リーフの特徴は完全な電気自動車であることです。
プラグインハイブリッドなどというチャチなものではなく、100%電気で走行します。

見た目は普通というか、余り格好良くないですw
そんな見た目とは裏腹に、走りはやばいの一言。

普通に運転していたのですが、「捕まるぞ」と隣に乗った友人から言われ、スピードメーターを見ていると、何と90km/hも出ているではありませんか。
エンジン音がないので、余りスピード感を感じないのですね。
普段の感覚で運転すると、出し過ぎてしまいます。

道中、信号待ちで先頭になったので、やってやりました。
通常の試乗では出来ないであろう、ベタ踏みですw

音は静かですが、「急発進です。ご注意下さい」とナビに注意されるほどの加速力。
制限速度程度で緩めましたが、後ろの車は豆粒に。
これ、確実にNinja250より速いです。
60km/hくらいまでなら600ccバイク並みの加速ではないでしょうか?

ここまで加速する車は初めてなので、びっくりしました。
ただ、運転していて楽しいかは別物。
さらにこんな運転をしていると、燃費ならぬ電費がやばいです。
200kmも走れないんじゃないかといった感じ。

そもそも、車体が300万近くしますし、ガソリン代で元を取るのは無理だと思います。
ミライースの一番安いモデルとかの方が、絶対にお得です。
裏技もありまして、日産だと電気を無料で充電してくれるので、それを利用して家ではリーフを電池として使うということも可能です。
まあ、そんなことは面倒臭すぎてやってられないし、元を取る前にバッテリーがへたりそうですがw

が、浪漫は感じましたね。
本気で走りを追求したテスラ・ロードスターとかは、0-100が3.9秒とかの世界ですので、走りの面ではまだ向上の余地があります。
1000万円しますし、大型バイクよりは遙かに遅いですが。

あとは走行距離が伸びて、価格がこなれてきて、インフラが整ったらといったところですね。
カメラによる自走も研究されつつあるようなので、近い将来、車業界も激変しそうな印象を受けました。

ただ、運転する楽しみは減りそうなのが残念ですね。
逆にそんな時代が来たら、昔のようなバイクブームが来るかもしれません。
各メーカーが切磋琢磨して、軽くて速くて燃費の良いバイクを作ってくれることを期待しています!
  1. 2014/09/08(月) 21:14:09|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サーキットへの道 | ホーム | またもやツーリング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/558-7dab4b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (170)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する