三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ロングスクリーンの実力とか

Ninja250のスクリーンをカワワキ純正ロングスクリーンに変えて、高速道路を走ってきましたので、レビューしてみたいと思います。
さて、その実力は如何に?

標準スクリーンに比べて、腹から胸辺りの風圧がかなり軽減されました。
が、胸から上、特に両肩近辺の風圧は余り変化がありません。
伏せる姿勢ではなく、いつものナチュラルな姿勢だと、そこまで変わらない気がします。
どうも期待が大きすぎたようです。

まあ、肩を覆うくらいのスクリーンだと見た目が酷いことになりそうなので、この辺りで妥協するしかないかもしれません。
ただ、これならもう少しお金を出して、ETCを取り付けた方が良かったかな、とも思います。
購入を検討されている方、過度な期待は禁物ですぞ。

ちなみに今回、大型バイクの後ろを走る機会があったので、ついていってみましたが、やっぱり排気量の違いはデカイですね。
Ninja250のレベルを知りたかったので、前の車が居なくなった時、一緒に加速してみたのです。
あっという間に開く差。
こちらは言うまでも無く、フルスロットルですw

さすがだなあ、と思い、前が詰まった際に横から車体をチラ見してみますと……。
そこには神々しく輝く「隼」の文字が。 
ええ、差が付くのは当たり前でしたね。
比べることすら烏滸がましいレベルでしたw

最近、隼とよく出会う気がします。この車体価格でも売れているのかなあ?
それにしても、やっぱり大型バイクはいいですね。
ZX-6Rに乗っていたら、と思ってしまいます。

Ninja250と比べた場合のメリットとしては、回転数に余裕が出る分、振動が軽減されることや、圧倒的な馬力による追い越しのし易さ、言いしれぬ無敵感でしょうかw

当然ながらデメリットもあります。
燃費が落ちる、維持費も上がる、新車の車体価格も軽自動車並みとか。
Ninja250の軽さによるヒラヒラ感も、薄れてしまうことでしょう。

Ninja250なら一般道も高速道路も不満なくこなせるレベルなのですが、何でここまで惹かれてしまうのか。
強者への憧れ。
一言で言うのであれば、そんな言葉がしっくりと来ます。

まあ、そんなバイクに乗っていたら、スロットルを開けないという自制心は保てないと思いますので(今でも結構保てていませんがw)、憧れで終わらせる方がいいのでしょうね、きっと。

ちなみに浜松ICの料金所の横で、覆面パトカーに捕まっているセダンが居ました。
私が狙われていたら赤切符となるところでしたね。
追い越し車線で前が開いていると、どうしても回しちゃいますので。
デッキバンに乗っているつもりで、自制して運転しないと行けませんねえ……。

皆さん、くれぐれも事故や違反にご注意下さい。
  1. 2014/08/31(日) 19:51:18|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドラクエ無双 | ホーム | Ninja250のスクリーンを交換>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/550-69d93ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (195)
小説 (29)
時事 (58)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (304)
狩猟/射撃 (98)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する