三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

謎のバイクイベント

本日、所用で浜松駅を通ったのですが、謎のバイクイベントがっ!
baike_show.jpg

どうも外車のみのイベントのようです。
この特徴的なカラーリングはKTMのコーナー。
baike_show2.jpg

トライクというのでしょうか?
3輪のバイクもありました。
baike_show3.jpg

私が1番惹かれたのはこちら。
パニガーレ1199。
以前にちらりと書きましたが、キックアスのヒットガールが乗っていたバイクですね。
baike_show4.jpg

200kgを切る車重に135馬力のハイスペック。
次のバイクはこれにしますかね。
baike_show5.png

……はい、無理!
さすがは外車。何ともいいお値段でw

あと、このバイクですが、海外仕様だと195馬力なので、国内仕様はかなり出力が抑えられていることになります。
恐らくは騒音規制絡みだと思いますが、ZX-10Rとかもそんな感じなので、規制の壁は越えられないみたいですね。

ちなみに今年になって騒音の規制が緩和されましたが、それは国内メーカーの話で、外車はあと数年かかるみたいです。
Ninja250は国内生産ですし、来年辺りに馬力アップしたフルモデルチェンジが来るかもしれませんね。

しかし、これが試乗イベントだとしても、普通免許の私では乗ることが出来ません。
やはり、大型免許にトライしたいところではあります。
さすがに毎日乗っているので、教習は問題なくクリア出来るのではないかと。

問題は費用。
万枚降臨をもう一度、まどか神にお祈りしてみたいと思いますw
  1. 2014/08/22(金) 21:27:36|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<1日15分でマスターするUnityトレーニング:第27回(タグ指定) | ホーム | Ninja400Rとの邂逅>>

コメント

グローブの件、返事が遅れてしまいすみません。

防水防寒面でゴアテックスは、いいですよ。
自分は、冬の雨の日あまりバイクに乗らないのでコミネの電熱グローブGK-777『キケロ』を愛用してます。キケロ自体防寒性が高いのと、電熱ヒーター内蔵でヌクヌクですw
RSタイチからも電熱グローブ出てますが、両方試着した結果RSタイチの方がゴワゴワしてて操作感覚がう~んという感じ(ハンドル握った感じが)だったので、コミネ選びました。
雨の日ようにデイトナのウエットスーツ素材で出来てるバイク用レイングローブしてます。(年間通して)高速じゃ流石に無理でしょうけど、街中流す分には、冬場でもあまり寒くありません。

グローブに関しては、毎年新商品も出てくるのでもう少し待ってみたほうが良いかと思います。試着だけしてアマゾン等で購入する手段もありますしねw
  1. 2014/08/23(土) 05:47:44 |
  2. URL |
  3. 通りすがりのコミネマン #DexK2noU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントどうもです。

さすが、コミネマンを名乗るだけあって、電熱グローブはコミネ製をお使いなのですね。
私も気になっていましたが、値段が高いのと、急に雨が降ってきたら感電するのではないか、という懸念から躊躇していました。

で、実はもうGK-775を注文してしまいましたw
ちょっと高いですが、天候問わず使えそうなので、いいかなと思いまして。

来週の夜にまた高速を利用する予定ですので、これで振動がどれくらい軽減されるかを試してみたいと思います。
スクリーンとかも間に合えばいいのですけどねー。
  1. 2014/08/23(土) 07:25:26 |
  2. URL |
  3. 葉山洋三 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/543-11f9c2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (188)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (302)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する