三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

Ninja250で高速走行(前編)

バイクに乗り出してから約、一月半。
通勤や週末のツーリングでほぼ毎日跨っているので、運転にもある程度は慣れてきました。
一般道が走れるようになったら、次は高速道路、その次はサーキットという順序になりますでしょうか?

3連休は私用で帰省することになったので、ここぞとばかりにデッキバンではなくバイクを選択し、遂に高速道路デビューを果たしてきました。
写真を撮る機会がほとんどなかったので文章中心になってしまいますが、、バイクでの高速道路走行、Ninja250の高速域での走りなどをレポートしたいと思います。
長くなりそうなので前編、後編に分けます。

どんよりとした鉛空。雨になるんじゃないか、という不安を抱きつつ、家を出て高速道路に向かいました。
その予感は的中し、高速道路に入る前に、ポツリポツリと冷たいものが。
途中で降られては敵わないと、道路脇にあったマッサージ店の駐車場にてレインウェアを羽織ります。
たまらなく蒸し暑いのですが、結果的にはこれが大正解でした。

さて、私のNinja250にはETCがついておりません。
バイクだとNに入れて、チケットを取り、チャック付きのポケットにしまわないといけません。
チケットを取った後、そのまま緩やかに前進し、脇に寄って停車、という手順を踏みました。
これなら後ろへの迷惑も最小限なので、お勧めテクニック? です。

チケットをポケットに入れてチャックをし、深呼吸をしてギアを1速に入れます。
正直、かなりびびっておりました。
今まで幾度となく走った高速道路ですが、バイクと車では全くの別世界ですからね。
ガコンッというカワサキ車独特の音を聞き、後部確認した後、アクセルを全開にします。
一般道では聞くことの出来ない咆哮を上げ、Ninjaが加速してきます。
この仰け反るような加速感。
(大型バイク乗りの方が見たら噴飯ものかもしれませんが、多少の誇張はご容赦下さいw)
難なく合流することが出来ました。

走行速度は約100km。
これ、風がやばいですw
フルカウル車なのでスクリーンが付いているのですが、小さすぎて、まるで意味がありません。
高速道路用にロングスクリーンへと変えたいところですね。

どれくらいの強さかと言いますと、後方を確認した際に首が風圧で回りすぎてしまう、という感じです。
とんでもない速度で走っていく大型バイクを見たことがありますが、あの速度で後方確認したらムチウチになるんじゃないですかね……。

とりあえず、浜名湖で土産を購入しました。
空模様はこんな感じです。この辺りだと、辛うじて雨は降っておりません。
ninja250_kousoku.jpg

バイク専用の停車場もあります。ご覧の通り、屋根付です。
ただ、それほど多くの台数は停められない感じです。
ninja250_kousoku2.jpg

ここで、赤いCBR250Rを見ました。
間近で見ると格好いいですね。
値段も手頃ですし、あの時、店にあったら、NinjaではなくCBRを買っていたかもしれません。

土産を買った後、愛車を見つめながらコーヒーを啜ります。
これから100kmほど走り通しになりますので、心を落ち着かせておきます。
メットを被り、グローブのベルトをきつめに縛り、愛車を手押しでバックさせます。
休日なので人も多く、ここで立ちゴケしたらどうしよう、と物凄く緊張していましたw

今回も合流は問題ありませんでしたが、ここらで追い越しも体験しておきたいところです。
追い越し車線へ移動した後、グイッとアクセルを捻ります。

だが、しかし。
合流時とは違い、ジワッと加速していくNinja。別のバイクになったかのようです。
やはり、250ccか。そんな考えが頭を過ぎります。
回転数を見ると9000回転ほど。

ここでピンときました。
これ、ギアを落とさないと駄目なんじゃ? と。
4速まで落としてアクセル全開。先刻とは別次元の伸びです。
排気量が小さいので6速のままだと、追い越しに時間がかかるのですね。
大型バイクだと6速でもグイーッと伸びていくのでしょう、きっと。

ただ、100kmから上の風圧はやばいです。
富士急ハイランドにあるフジヤマというジェットコースターに似ていると言えば、お分かりになりますでしょうか?
いや、なりませんねw
体が斜め後方に持って行かれそうなくらいの風圧です。
周りに車が居ないタイミングがあったので、コペンでは到達出来ない速度まで確認しました。
何キロかは言いません。あえてね(本田選手風に)

250ccだと高速はきついと聞いていましたが、何の何の。2リッタークラスの車と同等の加速をします。
走行車線をまったりは当然として、追い越しも全然問題ないです。
Ninja250が3台買えるコペンより圧倒的に速いですよ。比べる事自体が、烏滸がましいくらい。

ただし、風圧問題に加えて、もう一つ大きな問題があります。
それは何かと言いますと、振動です。
風圧はスクリーンの変更で対処出来ますが、こちらは厄介。

私は重たいバーエンドに変えていましたが、浜名湖まで20分ほど走っただけで、手がジンジンと痺れていました。
チェンソーを長時間使用したみたいな感じです。
(使ったことないけどw)
ノーマルのバーエンドだと、もっときついと思います。
厚めのグローブやゲルグリップへの変更等の対策が必要ですね。
大型バイクはここら辺の振動も少ないのでしょうか?

そんなこんなで追い越しも体験し、順調に走っていました。
この分なら車よりも早くつきそうだな、と思っていたところ、突然、体に痛みを感じました。
(後編へ続く)
  1. 2014/07/21(月) 21:03:07|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Ninja250で高速走行(後編) | ホーム | 高速前夜>>

コメント

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
  1. 2014/07/22(火) 11:41:31 |
  2. URL |
  3. 鬼藤千春の小説 #g.qUwJtQ
  4. [ 編集 ]

Re: こんにちは

千春 様

拝見させて頂きました。
情緒溢れる、素敵なブログですね。
小説に夢中だった頃を思い出しました。

今後も仕事に疲れた時の清涼剤として、ブログの記事を読ませて頂きたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2014/07/22(火) 19:34:48 |
  2. URL |
  3. 葉山洋三 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/519-44ca9791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (170)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する