三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

恐怖の立ちゴケ

少しずつですが、普通2輪の教習が進んでいます。
バイクというのは危険な乗り物です。
その中でも、路面状況によるスリップや急な飛び出し、立ちゴケはバイク乗りからすると本当に恐ろしいものです。

で、先日やらかしました。
ゆっくりと減速して停車するという何でもないシチュエーションでしたが、足を出すのが早すぎてバイクが斜めに。
自転車でやったことがある方も多いかと思いますが、バイクは重さが200キロとかあるので、その状態から手で支えて立て直すのは室伏選手クラスでないと不可能です。

が、ここで僥倖なことが!
教官は背を向け、パイロンとかをいじっています。前で停車している人達もこちらに気が付いていません。
最後まで踏ん張った甲斐もあり、音がしなかったのが良かったのでしょう。

いやあ、人間、窮地に陥ると凄い力が出るものですね。
あれだけ起こすが大変だったバイクも、紙のように軽かったです。
さっと起こした後、何食わぬ顔をして跨り、事なきを得ましたw

教習車は傷がつかないようにガードが付いているのですが、市販車の場合は最初から付いていません。
自分のバイクでこれをやってしまうと、大ダメージ必至。その場で泣いてしまいそうです。

二度とこけまい、とか思っていたのですが、また今日もこけてしまいました。

初めての八の字で一瞬どちらに曲がればいいか迷ってしまい、ガターンと。
私はいち早く脱出していたので無傷でしたが、教官は養豚場の豚を見るかのように冷たい目……。

その後のクランクとか一本橋、スラロームは何とかこけずに済みましたが、また日が空くとやばそうな感じです。
相変わらず、発進はギクシャクしていますし。
教官の発進は四輪かよ、と突っ込むくらいスムーズなのですが、何が違うのですかね……。

まあ、まだ4時間(もう4時間とも言えますが)なので、残り13時間あります。
このまま路上に出るのは、虎を野に放つくらい危険(周りの運転者にとって)ですので、水準レベルに達することが出来るように頑張りたいと思います。
  1. 2014/04/15(火) 21:23:54|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サンプルゲームをどうするか | ホーム | 映画撮影を目撃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/430-459450cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する