三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

新型コペン

本年中に発売が予定されている新型コペン。
私は元コペンオーナーなので、かなり注目しています。

先日、確定ではないものの、新たな情報が上がってきましたが、良い情報と悪い情報が入り混じっている感じです。

今回は7速CVT、5速MTの2種類が用意されるそうです。
高速道路を考えるとMT6速が欲しかったのですが、コスト的に無理なのでしょうか?
しかし、燃費はかなり向上しています。
CVTがリッター25.2km、MTが22.2kmだそうです。
私はMTを乗っていましたが、カタログ値-1~2kmだったので、MT車でも実測値20kmは出ると思います。

ただ、残念な点が2つあります。

1つは走りです。
トルクが下がっているのと、着せ替えの出来るD-Frameにより車重が20キロほど重くなってしまいました。
以前の軽快な走りがどうなるか。
軽でオープンというコンセプトが最優先されるべき車なので、速さはそこまで重視されていないのかもしれませんが、ここは気を遣って欲しいところですね。

もう1つは結構大きな問題で、価格です。
「増税後も200万円を切る価格としてお客様にお届けしようと頑張っている」とコメントがありました。
これから察するに180万以上はしそうです。
私が購入したノーマルは159万くらいだったはず。
180万、190万ではアルティメットエディション並みの価格となってしまいます。

私がコペンに抱いていた印象は、庶民でも頑張れば買えるスポーツカーというものでした。
諸費用込みで180万くらいだったかな?
私のような低所得者でも何とか行けるという絶妙なレベルの価格帯だと思います。
(実際、フルローンは結構きつかったです)

これが200万を超えるとどうか。
躊躇する人がかなり増えると思いますね。
私はもうデッキバンを買ってしまいましたが、仮に今回乗り換えを検討していても、200万を超えたら諦めざるを得ません。

着せ替えは出来なくていいので、その部分をコストダウンに回して欲しかったです。
前車みたいにデザインが優秀なら着せ替えなんて出来なくても、売れると思うのです。

まあ、今更こんなこと言ってもどうしようもありません。
エントリーモデルとして安いグレードが出ることに期待しています。
庶民が買えるオープンカー。
このコンセプトは忘れないで欲しいところです。

色々書きましたが、心が躍る車であることは間違いありません。
正式な発表は6月らしいので、また続報に期待ですね。
  1. 2014/04/02(水) 21:15:23|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2.70を使ってみました | ホーム | ウォールストリート・ダウン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/417-942d8ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する