三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第14回(ステージの移行1)

ステージの移行。これはゲームを作る上で、使う頻度が1番高いテクニックかもしれません。
Unity的にはシーンの遷移という名称で呼ばれることが多いです。

タイトル画面からゲーム画面への移行という、もっとも分かりやすい例で説明したいと思います。
今回は前編として、画面を作るところまで行ってみましょう。

まずは皆さんが作っているプロジェクトを開きましょう。
その後、新しいシーンを作成する為にNew Sceneをクリックします。
Unity14-1.png

カメラのみのシーンが出来ますので、Planeを1枚作成します。
配置はこんな感じですかね。
Unity14-2.png

タイトル画面に使う背景をBlenderで作成しておき、それをPlaneにドラッグ&ドロップします。
Unity14-3.png

そのままだと暗いのでライトを当てます。
これで背景は完成しました。
Unity14-4.png

次はボタンを作りましょう。
CreateからGUI Textureをクリックします。
Unity14-5.png

ここで注意点が。
このGUI Textureですが、他のオブジェクトみたいに矢印とかで移動させると消えてしまいます。
詳細は不明ですが、作成した時点でカメラを基準に配置されるのかな?
位置調整は下図のX、Yで、大きさはW、Hで行いましょう。
Textureボタンを押してテクスチャ読み込めば、オリジナルのボタンが表示出来ます。
位置の確認はSceneではなく、Game(中央上部のボタン)画面で確認します。
Unity14-6.png

とりあえず、こんな感じになりました。
金曜ロードショーのルパンを観ながら作成したので、クオリティについての苦情は受け付けておりません。
スライムにビルとかを飛び越えるようなジャンプをさせてみたいと思っていますので、このようなタイトルに。
ゲームとも呼べない代物になりそうですがw
Unity14-7.png

上手く出来ましたでしょうか?
次回はこのSTARTを押したら、ゲーム画面に移行するスクリプトについて説明します。

それでは。
  1. 2014/03/29(土) 21:13:27|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第44回 高松宮記念 | ホーム | Unity5とかiPhone6とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/413-40d35c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (181)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (298)
狩猟/射撃 (95)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する