三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第9回(Blenderアニメーション1)

今回から2回に渡って、Blenderで作成したアニメーションを取り込む方法をご説明します。
紙面スペース上、Blenderでの作成方法は割愛しますので、Blender講座の方を参考にして下さいね。

物凄く大雑把かつ分かりやすく説明しますと、RPG向きなものとアクション向きなもの、2種類のアニメーションがあります。
アクション向きなものは、敵の動きに応じて、首だけを動かすとかも可能ですが、RPG向きなものだとそれは出来ません。
ただし、それをやるにはスクリプトを書かないといけないですし、設定も難しくなります。

私はRPGを制作しているのでRPG向けのもので説明したいと思います。
これでも複雑なことをやらなければ、アクションゲームみたいなことは可能ですので。

それでは、BlenderのアニメーションをUnity上で確認出来るところまでやってみましょう。
Blenderでアニメーションを作成します。
この時、Fボタンを押しておかないと、Unityでは表示されないので注意して下さい。
Unity9-1.png

保存したらUnity上でキャラクターを選択します。
Unity9-2.png

すると、右側のInspectorに色々と設定が出てきます。
Rigを選んで、TypeをLegacyにしたら、Applyを押して下さい。
これはRPG向きなアニメーションの下準備です。
Unity9-3.png

Animationsタブに移動します。
Blenderで作ったアニメーションが見えていますでしょうか?
見えていない場合はBlender上でFが押されているかを確認して下さい。
見慣れないDefault Takeというものがありますが、Unityが自動で作成するものなので、気にしなくていいです。
Unity9-4.png

さあ、動きを確認してみますか。
適当なアニメーションを選んでPreviewの再生ボタンを押して下さい。
Blenderと同じ動きが再現されればOKです。
Unity9-5.png

これでBlenderからのアニメーションをインポートすることが出来ました。
次回は移動とかに合わせてアニメーションを再生させるやり方をご説明します。
スクリプトでやるので、面白みは皆無ですが……。

それでは。
  1. 2014/03/01(土) 09:25:13|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<iPSでパーキンソン病治療 | ホーム | エリジウム / マン・オブ・スティール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/391-7bff8f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (192)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する