三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ペットの死から狩猟を考える

甥っ子の家で長年飼われていたメスのビーグルが、息を引き取りました。
私はアレルギーもあって、帰省時に軽く散歩させてやるくらいの付き合いでしたが、顔を見せると千切れんばかりに尻尾を振って飛び付いてくるほど好かれていたので、辛いものがあります。

夕方くらいから呼びかけに応えなくなり、深夜3時頃に激しく痙攣してそのまま事切れたようです。
家族全員に見守られながらの往生だったので、飼い犬としては幸せな一生を送れたのではないでしょうか。

思い出だけを残して、煙のように消えてしまう。
死というものは不思議なものですね。
会いたいと思っても二度と会えず、記憶を辿ることしか出来ません。

野良猫とかが車に轢かれているのを見て、可哀想とは思うものの、涙までは流しません。
そういう感じで距離を置けば、辛い思いをしないで済みそうですね。
死の悼みも心の糧となるはずなので、悪いことではないのかもしれませんが、私は遠慮しておきたいので。

昨年は狩猟をやる為に色々な手続きを踏んで、資格を取得してきました。
しかし、傷ついたシカがキュンキュン鳴きながら近寄ってきたのを撃てるか、と問われれば、難しいと言わざるを得ません。
クマとかでも親子連れとかだと、やはり躊躇ってしまうことでしょう。

小難しいことを考えず、肉だ、肉だ、といって追いかけ回すのが、狩猟の醍醐味かもしれませんが、窮鳥懐に入れば猟師も殺さず、という言葉もあります。

銃の腕もそうですが、そこら辺のバランスも考えて行動しないといけませんね。
まだ次回の猟期までは半年以上ありますので、色々考えていきたいと思います。
  1. 2014/02/12(水) 21:06:28|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白内障の手術 | ホーム | 1日15分でマスターするUnityトレーニング:第5回(重力を表現する)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/379-774d7ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (192)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する