三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

初めてのスラグ射撃

愛知県総合射撃場にて、スラグ(スラッグという表記が多いですが、楽なのでこちらで)射撃をしてきました。
今日はそのレポートを書きますが、長文となりますので、興味が無い方はスルーして下さい。


ここは山の中にあり、非常に坂道が多いので、ノンターボの軽だと厳しかったです。
1月、2月は道が凍結してチェーンの四輪駆動でないと行けないとのことですが、私が向かった時も急に天気が崩れ、ご覧の有様。
所々、すでに薄く雪が積もっていました。
来月からはチェーン付きのジムニーとかでないと厳しいかもしれません。
aichi_slug.jpg

浜松から有料道路を使わずに行くと、約2時間かかります。
半分くらいの所に道の駅があるので、遠方から来て宿代を浮かしたい方は、車中泊するのもありですね。

こんな天候では誰も居ないだろう、と思っていたら、かなりの車の数で驚きました。
ちなみに、これは受付内からの写真です。ここはほんの一部で、途方もなく広い射撃場です。
aichi_slug1.jpg

スラグは50m先の標的を狙うのですが、何故かライフル用の150mと同時には撃てないらしく、先客を待つことに。
待つこと約20分。先客が撃ち終わったので、200円で標的用紙と画鋲を貰い、いざ射撃場へ。
何と車で移動します!

私1人だったので、貸し切り状態にw
標的用紙を木の板に画鋲で固定します。
射台から見ると、こんな感じ。これで50mです。
とんでもなく遠く感じるかと思いますが、肉眼だともう少し大きく見えます。
aichi_slug2.jpg

準備が終わると、備え付けの電話で受付に連絡します。
さあ、いよいよ人生初のスラグ射撃です!

レミントンのスラグ弾を薬室に送り込み、静かに構えます。
膝射の構え方が分からなかったので、今回は全て立射です。
スラグを撃ったことのある人間は、その衝撃の強さから反動に備えようと体が強張り、狙いが逸れてしまうという、フリンチングと呼ばれる現象が起こるそうです。
私はスラグ射撃の記事を読み漁っていたので、一発目からそれが起こっていたように思います。

そろそろと引き金に伸ばした指に力を込めます。
「撃つぞっ」と心で叫び、引き金を絞……れず、指を外し、一旦、深呼吸。

いやあ、怖いです。
甥っ子たちと乗った富士急ハイランドのドドンパ。あれの発車寸前に匹敵する恐怖感と言えば分かりますでしょうか?
どうぞ、ヘタレと罵って下さい。
この動作を3回は繰り返しましたw

このまま撃たずに帰ろうかと思ったくらいですが、さすがに遠路はるばる来てそれはないわ、と思い直し、発射しました。

……これはもう、大砲でございます。
音で表現しますと、クレー射撃の7.5号弾が「パーン」、スラグが「ドグゥオォーン!!」。
衝撃で表現しますと、7.5号弾が亀田興毅選手のジャブ、スラグが白鵬関の突っ張り、いやぶちかましです。
こんなのを至近距離で食らったら、T-ウイルスにでも感染していない限り、ヒグマでも倒れるかと。

撃った直後、銃口が60度くらいまで跳ね上がったので、天井に当たったのか、と焦ったほどです。
記念すべき一発目の結果は標的図の赤丸部分でした。一応、的というか、木の板には当たっていますね。

銃口から立ち昇る糸のように細い煙。床に転がる空薬莢の音、仄かに香る硝煙の臭い。
完全にハードボイルドの世界であります。

……実際は双眼鏡が必要と知らなかったので、数発おきに標的まで走って着弾を確認するという間抜けっぷりだったのですがね!
しかも、3発目を撃った直後、固定が甘かったのか、用紙が吹き飛んで風に舞い、小さな悲鳴をあげながら追いかける始末……。

以下が結果です。
5000円分の20発撃ったのに15発しか弾痕がないのは気にしないで下さい。
黒丸に当たっているのは10発以降のものです。
初めてにしては、まあまあですかね?
aichi_slug4.jpg

後半は衝撃にも慣れ、フリンチングも起こらなかったんじゃないかと思うのですが、悪い癖がついてしまいました。
何かと言うと、撃つ瞬間に目を瞑ってしまうのです。
これは余りよろしくないと思うので、修正しないとですね。

でも、動く的を撃つクレー射撃と違って、じっくりと構えられるので(ゴルフに似てますね)修正は簡単に思えます。
目の乱視が直れば、黒丸に8割くらい当てられるかもしれません。

分厚いダウンジャケットにリコイルパットの入ったシューティングベストを羽織っていたので、20発撃っても肩は痛くありませんでした。
ほっぺたも頬付けをしっかりしていたので、全く痛みは感じませんね。
無理に反動を抑えようとしないで、受け流す感じがいいのでは、と思いました。

あと、ライフルの方と思われる標的用紙が捨ててあったので、こっそり撮影してきました。
見た瞬間、口があんぐりと開きました。150mでこの集弾率。遠距離射撃に特化した銃は一味違いますね。
また、スラグに比べると、穴がかなり小さいのが分かります。これなら衝撃はもっと少ないのかな?
aichi_slug5.jpg

うーむ、標的射撃、面白いですね。クレー射撃よりこっちの方が好きかも。
ただ、一つだけ難点が。

銃身の掃除が物凄く大変なのですorz
無限に鉛が湧いているのでは、と思うくらい、磨けども磨けども綺麗になりません。
愛銃のメンテナンスは至福の時間なのですが、これはかなり辛い……。
冗談ではなく、ティッシュ一箱は使いましたね。
終わった後、テストを兼ねて空撃ち弾を入れて撃ったのですが、その瞬間、見事に目を瞑ってしまいました。
やっぱり体が覚えているのですねw

そうそう、標的射撃のお値段は1時間1100円です。
この1時間というのは相当に長く、私は30分くらいで終わりました。
標的までの往復が大半で、撃っている時間は10分もなかったと思いますw
弾代が20発で5000円、ガソリン代が145円×11リットルで約1600円の計7700円。
袋井クレー射撃場で3R遊ぶのとほぼ同じです。

愛知県総合射撃場の方がクレー代金も安いので、沢山撃つ人はこちらの方がいいかもしれません。
ここをホームグラウンドにしたいところですが、さすがに往復4時間は厳しいので、クレー射撃の方は袋井クレー射撃場で行おうと思います。

トラップ射撃だと思うのですが、帰りがけにかなり高齢の猟友会の方をお見かけしました。
大変失礼かつ、大きなお世話かもしれませんが、スラグを撃ったら、腰をグキリとやってしまうのではないか、と心配になりました。
まあ、あれだけのベテランなら、狩猟ではライフルを使うのでしょうね。

ただ、ライフルでも大口径のものはスラグよりも反動が凄いと聞きます。
あれ以上の反動だとすれば、もはや凶器ですね……。
  1. 2013/12/15(日) 18:50:09|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<少年団を追加 | ホーム | 第65回 朝日杯フューチャリティS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/337-cac8ca3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (188)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (301)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する