三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

負けたのに防衛

昨日の試合はご覧になりましたでしょうか?
一夜明けてみると、亀田大毅選手が叩かれていますね。

判定で負けたにもかかわらず、防衛が成功となったので、首を捻っている方も多いと思いますが、私の見解は少し違います。
むしろ、大毅選手は被害者なんじゃないかと。
ええ、アンチファンの非難の声が聞こえてくるかのようです。

何故、そう思うのか。順を追って説明したいと思います。

1.対戦相手であるソリス選手が計量に失敗。
2.大毅選手に確認を取ったところ、「やります」となったので、試合をすることに。
3.負けたら両王座が空位となると発表。
4.大毅選手だけ、当日計量を行う。ソリス選手、順調に体重を増やす。
5.大毅選手、約3キロの差がある相手と試合をして、判定で負ける
6.防衛は成功との判断が下る

大毅選手が勝っていれば問題なかったのかもしれませんが、ソリス選手は大変に強く、普通にやっても危ういくらいの相手だそうです。
拳のみでしか相手にダメージを与えられないボクシングにおいて、3キロの差はかなり大きいはず。
むしろ、KO負けされなかったのは僥倖と言えるかもしれません。

では減量に失敗したソリス選手が悪いのか?
確かにプロとしては失格と言われても仕方ないのかもしれませんが、ソリス選手はその場で3リットル以上の水分を飲んだそうです。
私も柔道をやっていましたが、稽古後でも3リットルなんてとても飲めません。
このことからも、ボクシングの減量がどれほどのものかが分かりますね。
チャンピオンも人間ですから、調整に失敗する時もあるでしょう。

結論としましては、1番悪いのは2.となります。
ここは聞いたら駄目でしょう。
立場もあるし、興業面のこともあるので、大毅選手が「いえ、やりません」なんて、言えるわけがないじゃないですか。
計量失敗したら負け確定で試合なし、というシステムを確立させておくべきでしたね。
長谷川穂積選手が「負けてもチャンピオンなら戦う必要はない」と言ったそうですが、まさにその通り。
最初から試合自体をするべきではなかったわけです。

3.と6.で発言が食い違うのも、最初から6.の発言をしていたら、盛り上がらないことこの上ないので、プロモーター側からすると、仕方ないと思います。結果としてみたら、大毅選手にえらい迷惑をかけましたがね。

それにしても酷い言われようです。
確かに普段から反感を買うような言動や行動(歌とかw)が見られますが、強敵とマッチメークし、不利な条件で判定まで持ち込んだ点は評価されてしかるべきではないでしょうか。
24歳の若さで世間から袋叩きにされて辛いとは思いますが、めげずに頑張って欲しいですね。
結果が伴えば、理解してくれる人も増えると思います。

あと、三男の和毅選手。良かったですね。
動きが素早くて、非常にアグレッシブなので観ていて面白いです。
KOは出来ませんでしたが、相手もかなり強かったと思うので、しょうがないかなと。
以前見せた3連発ジャブがなかったのは残念です。あれは見栄えもいいので、もっと使って欲しいですね。

読み返してみると、かなり亀田贔屓に見えますねw
でも、前回の興毅選手の判定は、かなり贔屓目に見ても引き分けが関の山といったところだと感じました。
あれはいけません。
それにしても、韓国で判定に手を加えられるとは到底思えないのですが、この世は金次第というところでしょうか?

和毅選手を見習って、次回は納得出来る戦いをしてくれることを望みます。
  1. 2013/12/04(水) 20:26:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<また電話が | ホーム | NHKが迷走中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/325-eebafaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (195)
小説 (29)
時事 (58)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (304)
狩猟/射撃 (98)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する