三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

CAN-Cを1年使ってみて

CAN-C。
これが何かをご存じの方は少ないと思います。

N-アセテルカルノシンという凄そうな成分が配合された目薬です。
効能は白内障の改善。
日本では認可されていない薬で、2本入りで3500円ほどです。
私は一年半ほど前に若年性白内障を患い、この目薬を使ってきました。

その結果、今週末に検査を受けて、近々手術する予定ですw
ええ、効果がありませんでした!

使った人のコメントを見ると、ステマのごとく絶賛の嵐ですが、実際にステマの可能性が高いかと。
ただ、進行の早い若年性白内障にて、逆光が眩しいものの、まだ普通に見えているので、もしかしたら進行を遅らせる効果はあるのかもしれません。
でも、これで治ると思って使うと、がっかり感が凄いので、過度の期待は禁物ですよ。

他にもルテインやビタミンCなどで改善されたとかいう話も聞きましたが、私は気のせいだと思いますね。
何故ならば、それらも試したからです!
やっぱり手術しないと治らないかと。

白内障は手術すれば治るとは言え、水晶体がなくなるのでピント調整が出来なくなります。
が、今は白内障による乱視が進んでいるので、むしろマシになるかもしれません。
そこに期待しております。

今20代、30代の皆さんが白内障になる頃でも、目薬で白内障が治るようになるのは難しいかもしれません。
しかし、私の予想ではピント調整出来る眼内レンズが実用化されていると思います。
今も開発が進められているようですが、これなら素材さえ作り出せれば可能ですからね。
それが無理でも、全てにピントが合う多焦点レンズの精度が向上し、保険適用(TPPでどうなるか分かりませんがw)になっているはずです。

イモリという生物は水晶体まで再生してしまう能力を持っています。
100年くらい経てば、その研究から水晶体が再生されるようになる技術が実用化されるかもしれませんね。

世の中には治らない病もまだまだ沢山ありますが、医学は日進月歩です。
白内障だって江戸時代なら失明するしかなかったわけですから。
医療に携わる方々は、辛い病を患っている人たちの光です。
大変なお仕事だとは思いますが、誇りを持って頑張って下さいね。
  1. 2013/11/26(火) 20:22:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<U.S.A ! U.S.A ! | ホーム | iPhoneに凄そうなゲームが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/316-fecb43a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (193)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する