三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

体罰

表題の件、ブログを始めようと決めた時から、書こうと思っていました。
桜宮高校で若い命が失われたあの事件についてです。

知れば知るほど、本当に腹の立つ事件です。

私は高校の時、柔道部に所属していました。
締め技で落ちた後、気付けに頬を張られている同級生は居ましたが、
この顧問のような体罰なんて一度もありません。
ミスしたら殴るとか何事ですか。
さらに、一日十発以上殴られたとか……。これはもう体罰じゃなくて暴力です。
この教師は本当に人間の屑です。他人の痛みが分からない人間に、人に物を教える資格はありません。
顧問宛に書いた手紙を見ましたが、多感な高校生の少年がどんな思いでこれを書いたのかと想像すると、
胸が苦しくなります。
法が許すのであれば、この顧問を大外刈りで頭から落として、これは天罰だと言ってやりたい。

ああ……。しかし、何で命を絶ってしまったのか。
私は他人が楽して儲けてる話を聞くと、非常に面白くないと思う性質の小さな人間ですが、
他人が理不尽に損をしている話を聞くと、それ以上に腹が立ちます。
子供が死ぬというのは、その中でも最たるものでしょう。
本当に、本当に悔しいです。

ここからは、同じように体罰で悩んでいたり、酷いいじめに遭っている子がここを見ているものとして、
書きます。

若いということはそれだけで大変な価値を持っています。
ありきたりな言葉ですが、無限の可能性を秘めています。
ただ、私もそうでしたが、若さを享受している間は、その価値に気が付かないものなんです。
だから、絶対に自ら人生の幕を降ろすということは止めて頂きたい。
社会に出て働くようになれば、体罰やいじめは無縁の世界の物となります。
もしかしたら、相当なブラック企業にはあるかもしれませんが、職業はある程度自由に選択出来ます。
月に一本好きなゲームを買ってのんびりと生きていく人生なら、真っ当な生活をしていれば絶対に送ることができますよ。

今は辛くても、働くようになれば環境は一変します。
私にはここで言葉をかけることしか出来ませんが、どうか、それまで頑張って頂きたい。
辛くても、歯を食いしばって耐えて頂きたい。
死にたいと考える今よりも絶対にマシな日々を送れると、断言します。

最後に、若くして散ってしまった桜宮高校バスケットボール部のキャプテンの魂が安らかに眠れるよう、
ご家族の溜飲が少しでも下がる結果が出ますよう、心からお祈り致します。




  1. 2013/02/19(火) 21:46:23|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一太郎 2013 玄 | ホーム | 表紙完成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/3-5c8514b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (176)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する