三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

教習射撃申し込み

本日、猟銃所持への第2段階と言える、教習射撃の申し込みを行ってきました。

色々突っ込んだことを尋ねられるとか聞いていたので緊張していましたが、担当が女性ということもあり、終始和やか? な雰囲気で申請することが出来ました。

ただ、私の場合、ヒグマと戦うという明確な目的があります。その為に猟友会へも入会して技を学ぶつもりですし、実際に今週末に狩猟免許試験も受けるわけです。
これがクレー射撃をメインにする方の場合、さらに担当が強面のいかつい男性だった場合は、ちょっと身構える必要があるかもしれませんw
あと、銃は好きなの? という質問があったのですが、これだけはトラップの匂いをちょっぴり感じました。
大好きですと答えるとまずかったかもしれません。ちなみに、私はそこまで好きではないと答えました。
実際にヒグマと戦う為の手段以外の何ものでもありませんからね。

担当の方が言っておられましたが、猟友会では50代でも若い内に入るとか。
驚きました。ここまで高齢化が進んでいようとは……。

統計を見ると、ヒグマにやられたハンターのほとんどが60歳以上です。
60、70の方だと追跡術や解体術の技量は凄いと思いますが、やはり反応速度は衰えてきますので、不意を突かれた場合にやられてしまうのでしょうね。
私は武道で鍛えた反射神経を駆使し、初撃をかわしつつ、至近距離からのスラッグ弾でカウンターを食らわせてやろうと思います。
はい、そんな決死の肉弾戦を前提に狩りをしては駄目ですねw

少々、気が早いとは思いますが、こんなものも購入しました。
Peltor Ultimate 10という商品です。
71NHREi-aML__SL1500_.jpg

何かと言いますと、射撃場で使うイヤーマフ(防音の為のヘッドホン)です。
これはライフルの音にも対応しているらしく、なかなか重量があります。
部屋で装着してみたのですが、完全に音が消えるわけではなく、低音がかなりカットされる感じです。
これで本当に射撃音が防げるのか、少し不安ですね。

大体、一月くらいで許可が下りるそうです。
実際の使用感や初射撃について、またレポートしたいと思いますので、楽しみにしていて下さい。
  1. 2013/08/20(火) 20:32:59|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<散財中 | ホーム | ジムニーは凄かった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/211-cad8ea59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (179)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (294)
狩猟/射撃 (94)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する