三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ジムニーは凄かった

あれは、お盆休みに入る直前のことでした。
甥っ子が浜松まで遊びに来たので、新車のデッキバンで海に行きました。

砂浜に下りることの出来るスロープがあるので、そこを下りました。
デッキバンは4WDに切り替えることが出来ます。
行けるかどうか、少々不安を抱いたものの、四駆なら大丈夫だろうと思い切って突っ込みました。

ちなみに、こんな場所です。奥の方なので、この画像よりは柔らかい砂ですが。
IMG_0228.jpg

さすがはデッキバン。上下に弾みながらもグイグイ進んでいきます。
中程まで来た辺りで車から降りて、しばしの間、荒々しく押し寄せる波飛沫を見つめていました。
潮風は車にも良くないだろうということで、5分程で切り上げたのですが……。
何たることか、アクセルを踏み込んでもちっとも進みません。
全開にすると数秒でエンストしてしまい、それを繰り返している内に、ゴムが焼けたような匂いが漂ってきました。

これはやばいと、甥っ子と一緒に車を押しますが、ビクともしませんw
軽自動車とはいえ、動かすにはハンマー投げの室伏選手クラスの力が必要ですね。侮っていました。

結局、甥っ子に押してもらいつつ、エンジンを吹かすことで事なきを得たのですが、少し離れた所をジムニーがスイスイと走っています。
上の画像でもジムニーが見えますが、この砂浜がジムニーだらけな理由が分かりました。
ジムニーでないと行けないのですねw

何かに特化した道具が、その能力を発揮している光景というのは、神々しくすらありますね。
いやあ、ジムニーは本当に凄い車です。感服しました。

デッキバンが能力を発揮する場面はどうか。
最高潮のシーンは後ろにクマの亡骸を積んでいる状態でしょうか?
ブルーシートが風でめくれて舌を出した顔が露わになったとします。
それを見て感動するかと言われると……間違いなく後ろの車から悲鳴が聞こえると思いますw
  1. 2013/08/19(月) 19:47:22|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教習射撃申し込み | ホーム | FF14オープンβ 開催中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/210-329fe183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (175)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (292)
狩猟/射撃 (92)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する