三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第49回(Ocean)

何だか、アクセス数が凄く増えています。Blenderブームが到来したのでしょうか? 
詳細は不明ですが、多くの人に見られる重圧は意識せず、マイペースで更新していきたいと思います。

さて、今回ご紹介するのはOcean。その名の通り、海とかを表現する機能です。
私も本格的に使うのは初めてなので、他のサイトを参考にしたのですが、やり方自体はそこと変わらないわけです。
だったら、そちらのサイトを紹介した方が早いのでは、という疑念が浮かびましたw
まあ、当講座の売りは必要最小限で取っつき易いということなので……。

まずはPlaneを作成しましょう。大きさは小さめでOKです。
Blender49-1.png

Planeを選択して、Add ModifierでOceanを設定します。一気にオブジェクトが変化したと思います。
Wavesで波の荒さとかが設定出来ますので、適当に数字を変えてみましょう。
あと、Generate NormalsとGenerate Foamはチェックありにして下さい。
Coverageは波の白っぽい箇所を変化させるようです。余り大きいと真っ白になりますので、ご注意を。
Blender49-2.png

マテリアルを設定します。
表面の色、Tranparencyで透過率、Mirrorで反射率を設定します。
別に透過や反射がなくても大丈夫なのですが、あった方がリアルになります。
ここは好きに変えてみて下さいね。
Blender49-3.png

今回は2枚のテクスチャを割り当てます。
まずは波のNormalマップを。
下図のように設定すればOKです。Normalの数字はお好みで。
Blender49-4.png

同じマテリアルに別のテクスチャを追加します。
ちょっと複雑ですが、これは白い泡みたいな部分、先程チェックを入れたFoamに当たる箇所を設定しています。
Blender49-5.png

これでライトとかを設定してレンダリングすれば、波が表現出来ていると思います。
が、折角なのでアニメーションさせてみましょう。

まずは全てのオブジェクトを選択して、Iキーを押し、LocRotをクリックします。
OceanにTimeというパラメータがありますので、そこにカーソルを当ててIキーを押します。
フレームを50くらいにして、Timeを増やし、またIキーを押します。
ここら辺はアニメーションの講座でやった内容と同じですので、分からない方はそちらを参照して下さいね。
Blender49-6.png

完成したのがこちらの動画です。
Timeを1.00~2.00~1.00と繰り返したので、ちょっと波の動きが不自然かもしれません。



実際はこれの3分の1の長さをレンダリングして、それをムービーメーカーで3回繰り返しています。
4秒の動画にかかったレンダリング時間は、破格の2時間30分!
普段の私では一枚絵で済ませていたところですが……。
冒頭でマイペースと言いましたが、アクセス数増加をかなり意識しているようですw

リアルな波を作りたい方は使ってみて下さいね。
次回は50回記念ということで、やろうやろうと思って先延ばしにしていたSmokeを。
北斗剛掌波を再現したいので、しばらく時間を頂きます。

それでは。
  1. 2013/07/28(日) 19:19:45|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Blender人口、増加中? | ホーム | スクウェア·エニックスアカウントーー安全確認>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/192-eefb5214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (170)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する