三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

FF14か、ドラクエ10か

FF14の世界である新生エオルゼア行きのチケットが届いたので、旅立っていました。
βテストは週末しか出来ないようで、ワイプ(データが消える)されるにもかかわらず、沢山の人がインしていました。

FF14は8月、ドラクエ10は9月に正式サービスが開始される予定です。
ゲーム開発者の端くれとして、それぞれの特徴を書いてみたいと思います。

FF14に関しては苦い思い出があります。
旧14のタンブラー(飲み物を入れるとやばい凄いやつ)を持っていますので。
そう、1万もする限定版を買ったのですが、余りの出来に1週間で止めてしまったのですw
本当にゲームが苦行にしかなりませんでした。

今回、新生となりUIは勿論のこと、グラフィックやクエスト関連の見直し、新JOBの追加など、盛り沢山の変更が行われています。
正直変わってないだろう、と思ってプレイしましたが、予想以上に改善されていましたね。
マウスとキーボードプレイを考えた操作はストレスなく(歩く途中で視点変えると、動きが変になるのは直して欲しい)、美麗グラフィックでもそれほど重くありません。
ただ、計算し尽くされ過ぎという感じがします。
敵から得られる経験値は少ないので、クエストでレベルアップしていく感じなのですが、ここにやらされている感があります。
戦闘が面白いか、と言われればそうでもありません。FATEとかいうシステムは良かったですけれど。
正直、こういった方向のMMOは韓国産には勝てませんね。TERAとかAIONとか。
まあ、韓国産MMOは数が出ている為、マンネリ化しているので、国産MMOであるFF14の今後には期待したいところです。

ドラクエ10はFF14の後にすぐプレイ再開しましたが、さすがにグラフィックは見劣りします。
トゥーン表現なので一概には比べられませんが、FF14はグラフィックが売りというだけのことはありますね。
でも、面白いです。
これが鳥山キャラのお陰なのか、堀井氏の底力なのかは分かりませんが、私がややドラクエ派という点を除いても、続けさせる魅力があります。
他者を褒める「いいね!」とか、「おうえん」とかは秀逸の一言。
本当にユーザーの立場になって考えていないと、出来ないシステムだと思いますね。
ただ、操作性は悪いです。旧FF14を思わせます。
Windows用なので、FFみたいにキーボードとマウスを使った操作に変更して欲しいところです。

現時点で、私がプレイするとしたらドラクエ10を選ぶかと思います。
スライムの安定感はやはり凄かった。
FF14は敵に魅力を感じません。用語もそうですが、ちょっと複雑過ぎる気がしますし。
がっつりとやり込みたい人、超絶グラフィックで再現された世界にどっぷり浸かりたい人は、FF14がよろしいかと思います。
FF14はオープンβテストも控えているので、PCのスペック確認も兼ねてプレイしてみるといいですね。

ただ、言えることは、創作活動をしている私にとっては、どちらも恐ろしい敵となりそうですw
  1. 2013/06/29(土) 09:14:08|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<苦戦中2 | ホーム | 1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第40回(Metaball)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/159-1bc62836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (189)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (302)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する