三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第35回(Particle2)

前回はEmitter(粒子っぽいやつ)の説明をしました。
今回はHair機能をご説明します。

とは言え、私はリアルキャラを作ったことがありません。
マリベルの背景で使った草むらとかには使用したものの、経験が足りないので上手く扱えないかもしれません。
その為、不出来なものが出来るかもしれませんが、ご了承下さい。

今回はお猿さんのスザンヌに毛を生やしてみたいと思います。
Monkeyを作成します。
Blender35-1.png

前準備として、Weight Paintで毛の強弱を付けます。
やり方はSoft Bodyの講座であったのと同じです。
赤くなる箇所ほど毛が沢山生えますが、後でカット出来たりするので、面倒な方は飛ばしてもOKかと思います。
こんな感じにしてみました。
Blender35-2.png

Particleを追加し、TypeをHairにして下さい。
その瞬間、スザンヌがハリネズミみたいになるかと思いますw
Blender35-3.png

着色する為にマテリアルを追加します。
ここでは001が肌の色、002を毛の色として使うことにします。
Blender35-4.png

例によって細かい説明はWikiや日本語表記を参照して下さいね。
とりあえず、Hair Lengthを下げて毛の長さを調節しましょう。
今回はChildrenも使います。
何故かというと、毛の数を増やすと後で説明するParticle Modeでの編集が大変になってしまう為です。
これはParticle Modeには現れませんが、レンダリング時にはきちんと毛として存在する便利な機能です。
Blender35-5.png

レンダリングしてみましょう。
スザンヌの代わりにタワシが現れました!
Blender35-6.png

ご心配には及びません。ここからです。
Hairを設定したオブジェクトにはParticle Modeが現れますので、それに切り替えます。
Blender35-7.png

まあ、これもSculptとかと同じ感じです。
左上のBrushで毛を引っ張ったり、切ったりする機能が切り替えられます。
では、久し振りに出来を競うとしましょうか。
皆さんも色々編集してみて下さい。
Blender35-8.png

出来ましたよ、凄いのが。
私は山登りをするのですが、こんなのに遭遇したら腰を抜かすと思います。
いや、これはもう人類の危機を感じるレベルです。
Blender35-9.png

最後に一つ、分かりにくい設定があるので、ご説明しましょう。
マテリアルタブのStrandで根元と先端の太さを変えられます。
Blender35-10.png

編集画面上では分かりませんが、レンダリングするとこんな風に設定が活きています。
Blender35-11.png

今回はここまで。
そろそろSmokeの説明をしたいのですが、最近Unityの勉強を始めたので、なかなか動画を作る時間が取れません。
よって、しばらくはアドオン機能をご紹介していきたいと思います。
簡単に使えるにもかかわらず、凄く重宝する機能ですよ。

それでは。

  1. 2013/06/12(水) 20:33:09|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狩猟免許 | ホーム | PlayStation4 価格決定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/141-6ca656d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (179)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (294)
狩猟/射撃 (94)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する