三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第34回(Particle1)

今回はParticleのやり方を説明したいと思います。
これは粒子のような表現(Emitter)、髪の毛のような表現(Hair)と、大まかに分けると2種類の機能があります。
長くなるので、Hairについては次回説明しますね。

やり方自体は呆気ないくらい簡単です。
まずはPlaneを用意します。
Blender34-1.png

で、Particleタブで+アイコンを押します。
驚くことに設定はこれだけです!
Blender34-3.png

再生させてみましょう。
Planeから粒子が滴り落ちました。
Blender34-2.gif

後は色々設定をいじって、望む動きに持っていくだけです。
各設定の効果は実際にいじってみないと分からないと思います。
私の講座はそこまでディープではないので、個人的に利用頻度が高い設定をいくつか紹介しますね。

それでは、そのままの状態で、Render設定エリアでLineを選んでみましょう。
Blender34-4.png

再生すると、粒子が線になりました。
雨とかに使える表現だと思います。
Blender34-5.gif

次はNormalを増やしてみます。これは粒子の飛ぶ強さを設定する項目です。
あと、Gravityを0にします。重力がなくなるので、粒子が下に落ちなくなります。
Blender34-6.png

粒子が拡散しました。
花火や爆発っぽい表現に使えるかと思います。
Blender34-7.gif

DD北斗の拳のラオウが完成したので、今回は動画を作ってみました。
マリベルと同じではつまらないので、トゥーンにしてみました。
元絵と似てないのは、テクスチャを描く画力が足りないからなので、許して下さいw
Blender34-8.png

動きとかが甘いのは、効果音の調整で疲れた為ですw
オーラと浮かぶ岩はParticleを使っています。



体からオーラを出していますが、普通の設定だと元オブジェクトの色になってしまいます。
どうやったのか、説明しましょう。

Particleを設定したオブジェクトにマテリアルを追加して、色を変更します。
Blender34-9.png

ParticleタブのRender設定エリアでMaterialを2にします。
これで先程のマテリアル設定が反映されます。
Blender34-10.png

岩の設定は下記の通り。
Numberは粒子の数なので、減らしておきます。
表示開始をオーラが出た後にする為、Startフレームをずらしてあります。
特殊なのはRender設定エリアのObjectです。
これにしてDupli Objectで別に作成したオブジェクトを選択すれば、粒子ではなくそのオブジェクトが表示されるようになります。
後は重力をなくせば、浮遊する岩が再現出来るというわけです。
Random Sizeをいじっておけば、自動で大きさが変化するので、それらしくなりますよ。
Blender34-11.png

今回はこれまで。
次回はHairの方の説明をしたいと思います。
半端なく重い機能ですので、覚悟の程をw
  1. 2013/06/09(日) 19:26:59|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーシャンズ11、12、13 | ホーム | 第30回 エプソムカップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/138-6a190563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する