三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第32回(Sculpt Mode)

お待たせしました。
これから2回に渡って、Sculpt Modeとそれを使ったBakeという機能について説明したいと思います。

今までオブジェクトは頂点を動かしたり、面を押し出したりといった操作で編集してきました。
今回説明するSculpt Modeとは、そういった操作ではなく、彫刻や粘土細工のような操作で、オブジェクトを作っていく機能です。
Texture Paintと同じくマウスで上手く操作出来ないので、私はほとんど使いません。
が、折角なのでラオウの体でやってみたいと思います。

まずは対象オブジェクトをShiftキー + Dキーでコピーします。
(これは次回のBakeを行う為の操作です)
で、Mキーを押して別のレイヤーに移動させて下さい。
Bake機能の関係上、コピーとコピー元の位置は動かさないようにして下さいね。
今回は移動したオブジェクト側を使うことにします。
Blender32-1.png

Sculpt Modeはメッシュを細かくする必要があります。
オブジェクトを選択した状態で、Add ModifierでMultiresolutionを選びます。
で、Simple → Subdivideを数回クリック → Applyを行います。
Subdivideが多いほど、メッシュが細かくなってリアルな造形が可能となりますが……。
ここら辺はPCのスペックと相談して下さいw
Blender32-2.png


これで準備完了です。
画面下部のコンボボックスからSculpt Modeへと切り替えます。
Blender32-3.png

イメージ的にはTexture Paintと似ていると思います。
多種多様なブラシというか彫刻刀らしきものがありますので、色々試してみて下さい。
私はと言うと、F BrushとF Smooth、F Grabくらいしか使いません。
簡単に説明しますと、F Brushは彫刻刀のような感じです。Addで凸、Subtractで凹。
F Grabは選択範囲を引っ張ります。
Blender32-4.png

非常に重宝する技をお教えしましょう。
Textureタブで下図のように選択し、テクスチャを読み込みます。
Blender32-5.png

Sculpt ModeのメニューにTextureがあるので、そこをクリックすると……。
先程読み込んだTextureが表示されました。
この状態でF Brushとかを使うと、テクスチャの形状をスタンプのように使えます。
このテクスチャは……。
Blender32-6.png

ご覧のように腹筋として利用しました。
こういったのを手で彫るのは大変ですので、テクスチャを使うと便利ではないかと思います。
他と同じようにテクスチャもRadiusで大きさを調節出来ますよ。
Blender32-7.png

最後にF Smoothで撫でると良い感じになります。
デフォルメキャラにしては、ちょっとゴツすぎますかね……。
ガチムチが好きな方は、範馬勇次郎並みの筋肉を目指してみて下さいw
ただ、余りにも凹凸が凄いと、Bakeが上手く出来ないので程ほどに!
Blender32-8.png

今回行った作業はSaveしておいて下さいね。
次はこれを使って、元のオブジェクトにテクスチャとして適用するBakeについて説明したいと思います。
それでは。
  1. 2013/06/05(水) 20:30:13|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第33回(Bake) | ホーム | NV100クリッパー ダブルキャブ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/132-dde51a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (179)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (298)
狩猟/射撃 (95)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する