三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

猟友会に入りたい

最近、熊による事件が相次いでいますね。
偶然出くわしたり、餌不足で人里に出てくるようになったりとか、理由は色々ありますが。
私は吉村 昭氏の「羆嵐」という小説を3回読んだということもあり、非常に熊を恐れます。
日本刀とショットガンを所持しないと、北海道は歩けないと考えるほどです。

で、そんな臆病者が何で猟友会に入りたいんだ、となりますが、猟友会は高齢化が進んでいるようで、このまま行くと人食い熊とかの駆除が出来なくなるんじゃないか、と危惧しているワケです。

皆さんの中には猟友会にいいイメージを持っていない方も居られると思います。
熊を追っ払うだけじゃ駄目なのか、とか。
しかし、そういった方もこんな爪を持った熊を見たら、考え方が100%変わるかと思いますw
saddlehillgrizzlypaw.jpg

私は猟友会の人たちは凄いと思いますね。
こんな怪物相手に立ち向かうというのは、銃を持っていても大変な勇気が要ることと思います。
実際に返り討ちに遭うこともあるようですし、本当に命がけの仕事です。
beruang_gergasi.jpg

……モンハンかよ、と突っ込んでしまうほどの巨体ですね。

ちなみに久保 俊治という凄腕ハンターの方が出された「羆撃ち」という本を読んだことがあるのですが、これは凄いです。
ノンフィクションということが、ヒシヒシと伝わってきます。泣けるシーンもありますし、読み物としても秀逸。
羆がどんなものかを知りたい方は、「羆嵐」とこの本を読まれることをお勧めします。

出来れば、久保氏のような技術を身につけたいですね。
ただ、最大の問題は熊に対する恐怖ではなく、金という結論に……。
銃を持つには相当に金がかかりますね。猟友会の会費もありますし、講習やら専用の金庫を持ったりとか。

と言うことで、こういった場合の駆除は、猟友会の方たちにお任せしたいという結論になりました。
……決して怖いからではありませんよ。

本当に大変な仕事なのに、色々叩かれたりして辛いと思いますが、ここに貴方たちの理解者が居ります。
猟友会の皆様、安全に気を配りつつ、頑張って下さい。



  1. 2013/05/30(木) 22:02:29|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新キャラ制作中 | ホーム | 1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第30回(Append)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/125-a74f32c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (189)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (302)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する