三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

競馬の税金

注目していた判決の結果が出ました。
そう、馬券に関する天賦の才を持った元公務員の男性が、脱税で訴えられた事件です。

この男性は100万円を元手に独自の競馬予想ソフトを駆使し、約3年間で28億7000万円分の馬券を購入し、30億1000万円の配当を得ました。
純利益は1億4000万円です。普通の感覚であれば、この額に税金がかかると思われるでしょうが、5億7000万円分の脱税と判断され、訴えられたという事件です。

簡略化して説明しますと、

1レースごとに100万をかける
      ↓
1~9レースまで全て負ける
      ↓
10レースで10倍の馬券を当て、1000万が戻ってくる
      ↓
国税局「1000万当てたから、税金200万払え」

という事です。(額は適当ですが)

男性は一生かかっても払えないと訴えていたのですが、今回の判決は外れ馬券も経費として認められるとなり、5000万程納めればいい事になりました。
雑所得、一時所得の関係からすれば、検察の言うことも間違ってはいないのでしょうけれど、1億4000万円しか利益を得ていないのに、5億なんて払えるわけがありません。

落ち着くところに落ち着いたといった感じですが、これはかなり曖昧な判断かと思われます。
WIN5で2億当てても、WINSで大量の外れ馬券を拾ってくれば、経費として認められるということですからね。
(PAT以外であれば、本当かどうかを証明する術がないので)
そもそも競馬は馬券購入時に税金を引かれているので、当たった後さらに税金を納めろというのは二重課税となります。

さらに言えば、この理屈ならパチンコやパチスロだって課税されないとおかしいですし、大口購入者の中にも税金を払っていない人間もきっと居るでしょう。
正直者が馬鹿を見るシステムなので、公営ギャンブルは宝くじと同じく、非課税にするべきではないでしょうか。

もっとも、私のように数千円で一喜一憂している人間には、無縁の話ではありますが。
とりあえず、検証の為にもこの男性の作った競馬予想ソフトをお借りしたいと思いましたw

  1. 2013/05/23(木) 19:55:32|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パジェロミニ、復活 | ホーム | Xbox One>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/116-bc6930a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (170)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する