三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第26回(Lamp:Spot)

今回はライティングに関するテクニックについて書きたいと思います。
所謂、スポットライト的なあれです。

こんな感じで、ライト(Spot)を配置します。
板ポリでいいので、床も作って下さいね。
Blender26-1.png

レンダリングしましょう。
初期設定だとこうなります。
Blender26-2.png

ライト設定で、Haloにチェックを入れます。これで光線の途中部分が表現されるようになります。
Shadowの種類はBuffer Shadowにしておきましょう。
Ray Shadowとの差はよく分かりませんでした。設定出来る項目が違うようですが……。
Blender26-3.png

レンダリングすると、スポットライトっぽくなりました。
Blender26-4.png

主要項目を簡単に説明しておきます。

Energy:光の強さ
Size:円形の大きさ
Step:影のクオリティ(1にしておけばOK)

あと、Clip Endも調節してやらないと、変な点が出てしまうことがありました。
Blender26-5.png

Stepを0以外にしておくと、途中に障害物があった場合、リアルな影が出ます。
これらは雲から光が漏れたり、窓から光が射し込んだりといった表現に使えそうです。
Blender26-6.png

バットマンのライトもこの通り。ダークナイトライジングは秀作でしたね。
Blender26-7.png

こんな風に、ドラゴンボールっぽい表現にも使えます。
映画でもよく見る構図ですね。
Blender26-8.png

ちょっと短いですが、今日はここまで。
簡単ですが、使いようによってはクオリティが上がると思うので、シチュエーションに応じて使ってみて下さい。

大体動かせるようになったので、次回は剛体シミュレーションについて説明したいと思います。
かなり面白い機能なので、お楽しみに!
  1. 2013/05/15(水) 20:45:44|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジムニー、シミー(ジャダー)現象について | ホーム | オーバーグラス購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/108-494d7dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (168)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する