三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

体重制限とは何だったのか

山中 VS ネリ戦をご覧になられましたでしょうか。
村田選手が見事にリベンジを果たしたので、私も期待をしていました。

が、ネリ選手がまさかの計量オーバー。
しかも、やる気あるのかという2.3キロオーバーという。

ボクサーは1日でかなり体重を戻すみたいですが、ヘロヘロになるまで減量して戻すのと、ほぼ減量苦がない状態とでは話が違います。
ネリ選手は試合前は60キロになっていたそうです。
山中選手も負けじと無理やり59キロまで増やしたそうですが、コンディション面では雲泥の差だったでしょう。

ジャブがストレート並みの威力と化したネリ選手に全く歯が立たず。
試合は2RでTKO負け。

35歳で上積みは難しい山中選手に対し、23歳でまだ伸びしろがあるネリ選手。
正直、計量をクリアした状態でも厳しかったと思います。

しかし、勝負以前の問題です。
これでファイトマネーを全額貰えて、黒星がつかないというんだから。
初めから守る気がなかったように思えてしまいます。
興行面の問題でやるしかないのかもしれませんが、はっきり言って成立させるべき試合ではなかったですね。

「帰れ!」 「井上尚弥とやって負けろ!」と、会場はブーイングの嵐だったそう。
確かに日本が誇るリーサルウェポン、モンスター井上ならばこの条件でも互角以上の闘いを繰り広げたかもしれません。
が、試合をするに値しない、やる価値もないかと思いますね。
この条件で勝って、リング上で飛び跳ねて喜ぶとか、どういう神経をしているんだか。

私の中ではワースト2にランクイン。
相当に胸糞悪い試合となってしまいました。

1位はぶっちぎりでクソだと思った、ヌル山事件。
あれを超えるのはそうない……というか、あったら終わりでしょう。

ちなみに著名人の中では、青木真也選手のみがネリ選手を擁護しているとか。
「認めてリングに上がったら条件は一緒。嫌ならば戦わなければいい」
このぶれない姿勢は嫌いじゃないですが、拒否なんて出来るわけないですからね。
運営側が強制的にやらないと。
この辺り、ルール改正が必要かと思います。

それにしても計量を一発クリアし、最後までプロはこうあるべきという姿を見せた山中選手には感動しました。
これで最後とのことですが、ゆっくりと静養して新しい人生を謳歌して欲しいですね。
  1. 2018/03/02(金) 17:12:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<効果音実装 | ホーム | シカ肉を柔らかく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/1062-8bd24de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (212)
小説 (29)
時事 (59)
ゲーム (80)
Blender (94)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (310)
狩猟/射撃 (106)
Unity (79)
マイニング (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する