三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

君の名は。

昨今では異例の大ヒットとなった映画、「君の名は。」を視聴しました。

少し前からレンタル開始となっていたのですが、何だかプロモーションビデオとかが……。

この熱いノリについていけない気がして、隣にあったキングコングを選択する始末w
でも、知人の半数が絶賛しており、限定版の1万とかするブルーレイまで買っていたので、チェックしてみました。

以下、ネタバレ全開の感想を。
見ていない方はスルーして下さい。



視聴する前は男女の体が入れ替わったことによる、ドタバタ恋愛コメディみたいな印象でした。
見始めてしばらくは全くもって予想通りの印象で、苦笑しつつ見ておりましたが、中盤から一変。
急にシリアスになりますね。

てか、隕石怖ぇえ……。
さあ、祭りを楽しむぞ、というところで、ふと空を見上げたら死んでるわけですからね。
さすがに死ぬ瞬間は描写してはいないものの、それが逆に怖さを引き立てます。音も怖いし。
キラキラと輝いていた登場人物たちが一瞬にして砕け散る様を想像してしまい、トラウマとなってしまいました。
あの距離では一瞬にして臓腑は引きちぎられ、脳漿は飛び散り……いや、止めておきましょう。

プロモーションで描かれていた凄く綺麗な彗星に騙された……orz
何ですか、この災害映画は。

あと、私はエンディングまで気が抜けませんでした。
何しろ、この新海監督には「秒速5センチメートル」という前科作品がありますから。
また逢えずに終わるのか、とハラハラしてみておりました。
いや、むしろ、助からないエンドすらあるのでは、と。
そうなったらそうなったで、トラウマ映画の第一人者として更なる名声を得られたかもしれませんが、ここまでヒットはしなかったでしょうねw

恐らくですが、青春真っただ中の高校生たちは、この恋愛部分に感動するのでしょう。
しかし、私はそのようなピュアな心を失ってしまったのか、残ったのは隕石への恐怖のみ。
視聴から数日経った今も、人生や死について考えさせられております。
いやあ、見るんじゃなかったなあ、これ……。

ただ、これだけ多くの人が見た映画なので、その影響力たるや絶大です。
この映画、組紐というアイテムが出てきますね。
その組紐のみならず、3万とかする制作セットもガシガシ売れているとか。

で、食堂のおっちゃんが乗っていた車。
あれは何を隠そう、私の愛車デッキバンなのです。
登場するのは僅かなシーンながらも、車内がかなりリアルに描かれております。

これでデッキバンブームが来て、中古価格が激増してくれればしめたもの。
スパッと新型ジムニーに変えてやりますw

脱線しました。
売れるものには理由がある。
その理論通り、総評すると高い評価なのは納得の出来栄えでした。
相変わらず背景描写は文句なしで、特にジブリを彷彿とさせる自然描写は目を見張るものがあります。

しかし、個人的にはやはり隕石が……。
これ、皆さん平気なんですかねえ。
被害者名簿のシーンとか、背筋が寒くなるくらい怖いと思うのですが。

どちらかと言えば冒頭の「キングコング:髑髏島の巨神」をお勧めしたいですね。
なんてことはないアクション娯楽映画ですが、最後に突然うるっと来るシーンがありましたw
あれは不意打ちでやられましたわ。

未視聴の方は、盆休みに是非。
髑髏島の巨神をどうぞw
  1. 2017/08/08(火) 21:33:17|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラストラン | ホーム | ドドンパがリニューアル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8ayama.blog.fc2.com/tb.php/1010-5a93c155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (75)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する