三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

猛練習

来るべき大会に備えて、愛知県総合射撃場に行ってきました。
かなり久しぶりだったので、ポイントカードを持っていくのを忘れてしまいました。

相方のジムニーに同乗しましたが、坂道で鈍重さを感じました。
新車で余り踏んでいないからかな。
でも、常にブーストがかかる乗り方だと燃費が酷いことになりそうですからね。
悪路走破性とトレードオフなのは分かりますが、新型でもう少し燃費が改善されると嬉しいですね。

天気が良かったからか、ライダーの多いこと。
道も曲がりくねっていて、非常に走り甲斐のある所です。
羨ましいと思いつつ、射撃場へ到着。

今回は標的を一回り小さいものにしました。
ライフル用100mのやつです。
aichi_slug16.jpg
この小ささ。
でも、大会はこれに近いサイズでやるみたいですからね。

漢の仕事場感が出ております。
aichi_slug17.jpg
弾頭に謎の黒い物体が見えます。
金がなくてクレーは撃たない予定でしたので、弾頭にモリブデングリスを塗布したのです。
蛇腹のものがそれ。
怪しいオモチャじゃないですよ!
掃除が多少楽になりますが、マガジンチューブが汚れてしまう諸刃の剣。

今回は先客でライフルを撃っている方が居られました。
距離が同じだったので散弾銃でも一緒にやれました。
パシュッという音なのでエアライフルかと思ったら、スモールボアという非常に小口径のライフルだそうです。
イヤーマフなしでも大丈夫なくらい音が小さくて驚きました。

それにしても、ここでM870をぶっ放すのは最高ですね。
撃った後フォアエンドを引くシャガッという音、飛び出た薬莢が床に落ちた時のカツーンという澄んだ音。
これで悦に入らないというのは難しいです。

30発と思っていましたが、金がなくて20発で断念。
立射、座射でそれぞれ10発ずつ。

結果はこちら。

立射
aichi_slug18.jpg
座射
aichi_slug19.jpg
最初、全然当たらなくて愕然としました。
しかし、座射の5発目くらいから開眼。
全弾黒丸に命中、しかも最後はど真ん中に直撃です。
そう、尻上がりこそ、私の真骨頂。
完全にゾーンへ入ってましたね、あれは。

やはり、座った方がブレが少なくなり、当たるようです。
ただ、肩が痛くて痛くて。
恐らくは窮屈なフォームにより、肩付けが甘くなるのでしょう。
衝撃を逃がしきれず、大ダメージが。

これ、撃ったことがないと、どれほどのものか分からないと思います。
そうですねえ、東京マルイの次世代電動ガンでリコイルを謳っておりますが、あれの100倍くらいでしょうか。

で、最後にライフルの方とお話をしました。
何でも、ランニングボアが好きで、何度も撃ちに行っているとのこと。
私は大会で初めて撃つことになるので、食い入るように質問しました。

まとめると、イノシシの頭が両方についた的に標的が貼られ、それが左右に往復すると。
つまり、こういうことですか。
Running_Bore.gif
制作時間5分、レンダリングは10秒くらい。
まあ、こんなに速くはないはずですが。
これじゃ、誰も当たらねえw

本物は牙があり、そこを狙って撃つとちょうど的に当たるそうです。
ただ、銃や弾により弾速が異なるので、調整が必要とのこと。
スラグなら口先を狙うくらいなのかなあ。

この方、私が会った中で、ダントツの猛者と認定出来ます。
何しろ、北海道でヒグマを仕留めたという伝説の持ち主ゆえ。
フォームについても教わり、かなり実りのある練習となりました。

クレーほどではありませんが、3キロ以上ある銃を支えているので、腹が減ります。
帰りがてらインドカレーを食べることに。

結構腹が減っていたので、ナンのおかわりがないと聞き、「足りるかな……」と不安でした。
出てきたものは……。
aichi_slug20.jpg
いやあ、でけぇ、でけぇ。
もう十分ですw

カレー、サラダ、ナン、飲み物(定番のラッシーを注文)がついて850円。
ココイチがいかに高級店か分かりますね。
というか、ここが良心的過ぎるのかな。
インドカレー店、超お勧めです。

来月はいよいよ大会です。
あのゾーンに入ったかのような感覚が再現出来れば、スコープ付きのハーフライフルとも渡り合えるかもしれませんねw
  1. 2017/05/28(日) 21:05:56|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCを新調

長らくお待たせしました。
もしかしたら、誰も待っていないかもしれませんが、故障の為に新調したPCについて書きます。

表にしてみました。
NewPC_2017.png
OC(CPUの性能アップ)はしない派なので、7700Kではなく7700という手もありましたが、クロック速度に結構な差があったので、7700kにしました。

電源とPCケース、blu-rayドライブ、HDD以外は刷新しています。
それでも10万とか高いなあと思う人も居られるでしょう。
これが自作の世界なのですw
グラボだけでポンと10万とか出す猛者がひしめく世界であります。

さて、この中で最も期待していたのはCPU。
数か月前に出たばかりのIntel最新CPUです。

スペック表を他サイトより抜粋してみました。
CPU_SPec.png
どうですか、この倍のスコア。
ちなみに、上の方のメーターが振り切れそうになっているやつは、庶民が買えるものではありません。
20万近くしますのでw
そりゃ、レンダリング速度も凄いことになるでしょうから、欲しいですが……。

グラボは金がなくて妥協しました。
今のところ、別にやりたいPCゲームもないですからね。
箱〇時代にドはまりしたギアーズオブウォー最新作である4は気になっていますが、距離の関係か、PC画面だと酔ってしまうので。

もっとも、数字だけ見ても、どれだけ凄いかは実感出来ないでしょう。
以前、こんな記事を書きました。
その中のデータを使ってテストしてみました。
当時のPCで13秒かかったと書いてあります。

果たして、私の最新鋭のPCだと何秒か!?

7秒でございます。(Blenderのverは2.78c)
圧巻でございます。

この7秒という数字がどれだけ凄いのか。
皆さんも試して頂きたいですね。
超えるようであれば相当のPCマニアと断言出来ますw

しかし、OSは無駄でした。
知人から教えてもらいましたが、何と何と、まだWindows7から無償アップグレードが出来るとか。
とっくに終わったと思っていました。
いつまでやってんの!

それはともかく、新PCに関しては非常に満足しております。
レンダリング時間は短くなりましたし、Windowsも10秒ほどで立ち上がり、Unityも快適と、言うことなし。

ただ、作業速度が倍になったかと言うと、そうではなく。
なまじレンダリング速度が上がった分、「この表情、微妙だな」とか、手直ししちゃうんですよね。
結局プラマイゼロな感じ。

が、一番重要なのはリリースすることです。
あんまり凝っていつまでも出せないようでは本末転倒。
割り切るところは割り切って、制作していきたいと思います。

一応、後はクライマックスシーン、エンディング(これ不要だとは思うのですが……)、吹き出し、BGM、効果音等で完成です。
うーむ、書き出してみると、まだまだやることあるなあ……。
やはりモーションを付けるのが一番大変です。

とりあえず、最低限PC代は出てくれるよう、頑張ります。
  1. 2017/05/24(水) 21:09:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

確率を超えて

今日こそはブイブイいわせている新PCのスペックを書こうと思ったのですが、またもや予定を変更してお送りします。
もはや、誰も興味ないかもしれませんが、スロットの話を。

クソみたいな純増の5号機がホールを侵食しつつあり、もう打っていない方も多いかと思います。
が、私はまだ大丈夫。
何故ならば、まどマギがあるからですw

そう、6度目のフリーズを引いてしまいました。
有難いことに、通常時に引いた中段チェリーの8割がフリーズしている感じです。
オカルトになりますが、これが相性というやつなのかもしれませんね。
今回も盛大にケツが浮きました。
5cmは浮いたんじゃないですかね。

で、本題はここから。

フリーズの何が強いというと、9割継続のアルティメットバトル。
正直、新調したPC代の半分でも返ってきてくれと思いました。
が、欲を出して良いことがあるはずはありません。
ここは謙虚に、単発は回避、単発は回避と祈りました。

運命の6戦目(5戦は継続確定)にスイカを引きました。
これで、もしも負けていたとしても、5割で復活してくれます。

……単発でした。

ワケがわからないよ。
ちょっとこれ、ほんとにどうなっているの。
半分くらいのアルティメットが単発な気が……。

結局、85Gしか乗せられませんでしたorz
まあ、遡行フリーズとかが来てくれて、何とか2000枚程出てくれましたけど。
その前に1000枚くらい出ていたので、3000枚ちょっとのお持ち帰りです。
でも、5スロですし、PC代には全然足りません。

確率というのは偏ってもおかしくはありませんが、いくら何でもこの単発率はなー、と思った次第です。
それを言うと、私の通常時のフリーズ率もおかしい確率かもしれませんが。

「希望と絶望のバランスは差し引きゼロ」とは、ほんとよく言ったものです。

アルティメッター? な方々、戦績は如何でしょうか?
私はもはや、裏で隠しプログラムが動いているような気がしてなりません。
さすがにもうフリーズは引けないと思いますが、次も単発だったら、確信してしまいそう。

機械的なものでないとするならば、何か取り憑いているとしか……。
暇を見て法多山辺りでお参りしてきますかね。

もう一度アルティメットを引けるのがいつになるかはわかりませんが、また記事にしたいと思いますw

次回こそPCについて書きます!
  1. 2017/05/22(月) 20:14:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疑惑の判定

新調したPCについて書こうと思ったのですが、予定を変更。

ボクシングミドル級の村田選手の試合はご覧になれましたでしょうか?
仕事中だったのですが、幸運にも休憩時間と重なり、6R~12Rを観ることができました。

12Rが終わった直後、「よしよし、これは勝ったな」と思い、食堂を後にしました。
後からスマホで結果を見てみると……。

いやあ、あれで負けますか。
団体により採点方法が異なり、手数を評価されたという記事がありました。
でも、そんなんだったら、逃げながらジャブを打っている方が勝ってしまうのでは……。

採点も117-110(村田)、116-111(エンダム)、115-112(エンダム)となりました。
この割れ方、採点基準が審判間で統一されていないんじゃないかという印象。

今までにも疑問符が付く判定を何度も目にしてきました。
今回とは逆に疑惑の判定で日本人が勝った試合もありました。
しかし、今回のは竹原氏以来のミドル級王者の誕生がかかっていましたからね。
重みが全然違います。

WBA会長も村田選手が勝っていたとコメントしているように、多くの人が不可解な判定だと感じたようです。
再戦の提案もあるようですが、覆水盆に返らず。
ここまで無敗で来た村田選手の気持ちを考えると、それもしんどいでしょう。

あと、倒さないとダメという意見もありました。
それも確かに一理ありますが、お互い非常に高いレベルで試合をしているので、なかなかKO勝ちは難しいと思います。
やはり副審に運命を委ねるケースが大半となります。
WBCみたいに4Rごとに採点を公表してくれると、見ている人も選手も安心して試合が出来ることでしょう。
やらないのは後ろめたいことがあるからでしょうか?

はっきり言って、試合は完全に押していました。
次やればきっと勝てると思います。
村田選手は気持ちを切らさずに、また熱い試合を魅せて欲しいですね。

とりあえず、これから始まる私のイチオシ、井上尚弥選手に期待しましょう!
  1. 2017/05/21(日) 20:08:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCがぶっ壊れた

遂にこの日が来てしまいました。
以前からプチフリーズが起こったりと調子の悪かったMy Windowsマシン。
遂にぶっ壊れてしまいましたorz

SSDが原因と推測したのですが、もしもマザボが原因だった場合、相当の労力と時間のロスになります。
本当は同人ゲームの売り上げでPCの刷新を目論んでいましたが、この際だからとパーツを買ってしまいました。

そう、何を隠そうこの私、生粋の自作派なのであります。
ちょっと専門用語が多くなってしまい、一般の方には分かりにくい記事になるかもしれませんが、ご了承ください。
購入したのはCPU、マザボ、メモリ、SSD、グラボ、Windows10です。

引き続きWindows7で行くという手も考えたのですが、これから最低でも5年は働いて貰わないといけませんからね。
さすがにサポート等を考えると、ここらで更新しておくべきかと思ったわけです。

メーカー製のPCを購入される方は知らないと思いますが、DSP版というものがあります。
抱き合わせのパーツとWindowsを同時購入すると、安くなるという画期的なシステム。
一応、そのパーツと一緒に使うルールになっていますが……確認する術はないというw
昔はフロッピードライブ(すでに死語?)と一緒に購入とかもありましたな。

DOSパラの通販で購入しましたが、いやはや凄いですね。
注文した翌日に届くという、amazonを真っ青の迅速さ。
古いパーツも買い取ってくれるし、最高です。

パーツの入れ替えとはいえ、3時間はかかりました。
まずは取り外し。
掃除? 何それ? 状態だったので、ひどい有様。
面倒だったからケーブルの整理もしておりませんし……。
2017New_PC_2.jpg

お世話になったRadeon5870。
当時4万くらいしましたっけ。
しかし、スペックといい、安定度といい、最高の働きをしてくれた戦友です。
これだけの時間が経った今でさえ、FF15すら動くという、素晴らしきカード。
2017New_PC.jpg
DOSパラの売値は2000円でしたが><
さらば、5870。

そして……。
2017New_PC_3.jpg
こんにちは、1050ti!
元はRADEON派だったのですが、今回を機にゲフォに乗り換えることに。
Blender(Cyclesレンダリング)にはゲフォ系が相性いいっぽいし、今ではスペック面でもAMDと差がついておりますから。

ほんとは1070が欲しかったのですが、金がなくて断念しました><
まあ、主目的はBlenderなので、CPUが重視されますしね。

でも、このカード、補助電源がないのに5870を上回ります。
全く技術の進歩は凄いものです。
13000円とお手頃なのも好印象。

ドライバなどのインストールで1時間以上かかりましたが、こうしてブログを書ける状態まで持っていけました。
長くなってきたので、詳細なスペックは次回の記事で。
誰も興味ないかもしれませんがw

ちなみに、ちょっと試してみたところBlenderのレンダリング時間は半分になりました!
Unityに至っては爆速です。
起動直後は再生ボタンを押してから、5分くらい固まっていたのが、一瞬で再生されるように。
例えるならば、500km先のゴールを目指して軽自動車で走っていたのが、NinjaH2に変わったレベル。
マジで快適過ぎて、感動しております。

もしかしたら、壊れて良かったかもしれませんね。
てか、半年前に壊れていれば、すでにゲームは完成していたかもw

とりあえずはWindows10に慣れようと思います。
マイコンピュータを探すのに5分以上かかりました。
何だ、このクソみたいなUIは……。
  1. 2017/05/19(金) 19:53:45|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

盛者必衰

先日、射撃大会に参加してきました。
前回の射撃大会にてトップの成績を収め、スラグ王の名を欲しいままにしておりました私。
今回も格の違いを見せつけようという意気込みで臨みました。

よく分からないのですが、市の射撃大会なのかな? 参加者が凄かったです。
総勢40人弱もの人数。
これだけの銃が並ぶ場面は見たことがありません。
これでもまだ一部です。
misakubo_Shooting5.jpg
この圧倒的な火力。
40挺もの散弾銃の一斉射撃を食らえば、三毛別の巨大ヒグマでも一瞬で絶命したことでしょう。

それはさておき。
今回の成績は惨憺たるものとなってしまいました。

見難いですが、赤い旗が50m地点。
ここに的が出て、それを撃ちます。
misakubo_Shooting6.jpg
写真を見ると想像出来ると思いますが、的の黒点は本当に点に見えますw

それでも前はそこそこ中央に寄ったのですが、今回は一発も10点が取れませんでした。
辛うじて紙に当たっている感じです。
クレーにいたっては射撃教習時代の点数に……。
(何点かは秘密です)

この落差は一体どうしたことか。
おごる平家は久しからずってか。
別に奢ってはいないのですが……w

でも、原因が分からないんですよね。
しっかりと狙い、捉えたと思っても当たらないという。
銃を所持してから初めてスランプというものを味わうことになりました。

ただ、最後のダブルトラップでは急に当たるようになり、半分以上も撃墜。
もうワケが分からないよ。
全くもって謎です。

一応、弾が原因という可能性も考えられます。
スラグ弾をレッドバードからレミントンに変えてみたのですが、もしかしたらそれがよくなかったかも。

心なしか、反動がデカい気がするんですよね。
珍しく、数発撃った時点で肩が痛くなってしまいました。
(フォームが悪かった可能性もありますが)
で、その痛みを庇うために、姿勢が乱れ、クレーも当たらなくなってしまったと。

うん、それに違いない。
次はレッドバードにしますw

しかし、こんな有様で富士の射撃大会に出てもいいのかどうか。
何せ、100人以上の参加者が居るそうですからね。
恥をかきに行くだけのような……。

とりあえず、今月中にもう一度、練習しにいくこととなりました。
同じく大会に参加する相方と行くのですが、その若い鉄砲撃ちの気合いは並々ならぬものがあり、スラグを30発持っていくと息巻いております。

さ、30発ですと。
肩が痣だらけになりそうな……。

しかし、先輩である私(一年程度ですがw)が、その気概に応えないわけにはいきません。
やってやりましょう、30発。
肩の痛みなんざ、気合いで我慢です。
それに最も痛いのは肩ではなく、懐ですので!w

また、成果の程を書く予定ですので、お楽しみに。
それなりに当たるようになってくれると嬉しいですね。
  1. 2017/05/16(火) 21:00:30|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

959パニガーレがお買い得?

959パニガーレが遂に値下げとなりました。
赤男爵のフェスタ対象になったからですが、新しいモデルの発表もなかったので、謎であります。
新車もDucatiの項目はやたらとラインアップが寂しいですし、もしや取り扱いを縮小する方向なのでしょうか?

それはさておき、959の価格です。
フェスタ前は200万超えでしたので、20万弱もの値下げとなります。
Ducati_festa5.png

何という美しさ。
もはや、バイクという枠を超えているのでないでしょうか。

カラーは白ですが、赤と甲乙つけがたいですね。
格好良さより、芸術的な美しさを強く感じるという、ほんと希有なバイクだと思います。
マフラーもこれなら許容範囲でしょう。

しかし、値下げしたとはいえ、まだ高いですな……w
国産ならリッターSSが買えるお値段。
ミドルクラスなので150万くらいなら良かったのですが。

ちなみに前フラグシップモデルの1199はまだ残っています。
Ducati_festa.png
959より安いですね。
何でこんなに売れないのか。
私は恐らくスペックではないかと思います。
鬼規制の時期に発売されたからか、馬力が135PSしかないのです。
(959はそのままで140PS)

勿論、あの最高にクールなマフラーを付けて、フルパワーにすることも出来ますが、30万近くかかりますからね。
騒音基準を超えてしまうので、赤男爵だとメンテも受けられなくなるというデメリットも出てしまいます。
これなら899、959を買うわという人が多数なのも致し方なし。

ただ、959は重量増になってしまいましたので、悩ましい所ではありますね。
まあ、お金に余裕がある方は1299という選択肢になるのでしょうけど。

ちなみに150万ちょっとだった899はあっという間に売り切れました。
無理して抑えておけば良かったかなと、少し後悔しております。
出来れば、このまま959が売れ残り、150万くらいになってくれれば……w

ただ、この価格でも間違いなく売り切れてしまうと思います。
購入を迷っている方は、赤男爵へダッシュを!
  1. 2017/05/12(金) 21:24:44|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亀田興毅に勝ったら1000万

長かったGWも終わりました。
(私は1日しか休みがありませんでしたが……)
皆さん、五月病は発症しておりませんでしょうか?

ご覧になられた方も多いかと思いますが、GW最後の日、興味深い番組がやっていました。
亀田興毅に勝ったら1000万という番組で、元世界王者の亀田興毅氏と素人が戦うというものです。

1人3Rで行い、4人の挑戦者が挑みます。
大雑把に職種で説明しますと、ホスト、ユーチューバー(ボクシング経験者)、学校の先生、元暴走族総長となります。
グローブは14オンス、両者ともヘッドギアありというルール。

現役時代はヒールといって差し支えない亀田氏でしたが、今回は一癖、二癖もあるチャレンジャーです。
亀田氏を応援していた方も多かったのでは、と思います。

各試合はこちらから。

Abema TVへ

後半になるほど挑戦者が有利になりますね。
ユーチューバーのジョー氏は最後だったら、もう少し接戦になったかもしれません。
一番ボクシングっぽい戦いになっていました。

途中で感じたのが、その昔、一世を風靡したガチンコファイトクラブの臭いがするということ。
見終った後、TBSが制作に関わっていると知り、膝を打ちました。
この確かなDNA……紛れもなく、とw

見せ方も上手かったです。
最最後に一番悪そうな総長をもってきたりと、大いに盛り上がりました。
グローブの大きさに加えてヘッドギア、さらに連戦で消耗していたこともあるのでしょう。
最後はちょっと本気でやっていたように見えましたが、唯一KO出来ませんでしたね。
とは言え、最初からフルパワーのコンビーネーションで攻めていたら、全員1R負けだったはず。
尺的、絵的にそれも出来なかったでしょうから、亀田氏は相当きつかったかと思います。

挑戦者の中ではこの総長がMVPではないでしょうか。
何せ、「亀田氏と戦えたことは1千万以上の価値がある」と、およそ悪人とは思えない名台詞を口にしましたからね。
終わってみればノーサイドというか、ちょっと感動してしまったわ。
亀田氏もそうですが、前日会見の煽り方も役どころを知っている、素晴らしい演技でしたしね。

視聴者数が示すように興業的には大成功みたいです。
これらの試合はAbemaTVにより、YouTubeでリアルタイムに放送されたのですが、サーバーがダウンするほどの視聴率だったとか。

やはり、亀田氏を起用したのがデカかったですね。
これが仮に「マイク・タイソンを倒したら1千万」だったら、誰も挑戦しなかったかとw
あの条件でも死者が出る可能性がありますw

今回、一番心に残ったのは、入場曲でした。
亀田氏の入場曲、サバイバーのBurning Heartです。

私の中では断トツで、筋トレしたくなる曲No.1。
前から欲しかったダンベルを注文してしまいました。

この手の企画は回を重ねるごとにマンネリ化してきます。
それこそ、ガチンコファイトクラブの末路を辿る恐れも十分に。
とりあえず、この大成功で綺麗に終わるのがいいかもしれませんね。

でも、かなり楽しめました。
今後も面白い企画を期待しています。
  1. 2017/05/09(火) 20:27:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪夢再来

皆さん、GWは楽しんでいますでしょうか。
私は1日しか休みがないという激務に溺れています。

そして、GWと言えば……。
ついにこの時期がやってきてしまいましたね。

「おいしょ、おいしょ」

というかけ声で何か分かった貴方は浜松マニア。
そう、浜松祭りの開催です。

この浜松祭り、去年も記事にしましたが、私の中では忌避したいお祭りになりつつあります。
24時間勤務に備えて早く就寝しようと思うものの、爆音にやられてしまうのです。
こんな感じです。

これが23時近くまでw

21時までという法規制があるみたいなのですが、祭り好きの浜松人にとっては、そんなルールはあってないようなもの。
むしろ、取り締まる立場の警察官すら、そちら側の人間という可能性が高いという。

祭りに積極的ではない地域の生まれだからでしょうか?
私にはこれの何が面白いのかさっぱり分かりません。
まー、屋台が綺麗なのは認めますがね。
(これも場所によって差があります)

祭り好きからしたら、つまらないヤツと思われるかもしれませんね。
しかし、こちらは仕事です。
安眠を妨げる輩は許せぬ……と言いたいところですが、そんなことを口にしたら袋叩きにされること必至。
ある種、仕事はおろか、宗教よりも凄いというか、皆、とにかく異常な熱意なのです。
実際、有休を使って打ち合わせしたりしますしね。

近くで爆発が起ころうが、銃声が聞こえようが、彼らは止まらないでしょう。
もはや唯一の対策方法はパチンコ耳栓。
深くすればかなりの音がシャットアウト出来ますし、枕元の目覚ましは聞こえるという優れもの。
パチ屋でも必需品ですね。
これに頼るしかありません。

開催日は5月3~5日です。
日中には凧をあげたり、色々なイベントもあるみたいです。
興味のある方は、是非浜松へお越し下さい。

……私はガン無視で寝ますけどw
  1. 2017/05/02(火) 21:11:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (180)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (298)
狩猟/射撃 (95)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する