三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

新型電動焙煎機、発売!

昨日知ったのですが、少し前に新型の電動焙煎機が発売されたようです。
パナソニックのAE-NR01という焙煎機。

動画があります。

本体のデザインは素晴らしいの一言。
他の電動焙煎機と比べても、断トツで洒落ております。

しかし、この本体、どこかで見たような気がしているのです。
私の記憶が確かならば、昨年に海外のサイトで上がっていたものではないかと。
それだとスマホで焙煎の時間や温度を細かく設定出来るみたいなことが書いてありましたが、本機はプリセットのみの焙煎となるみたいです。
ダウンロードで色々なプリセットが選べるみたいなのですが、少し面白味に欠ける気がしますね。
自分で色々と試行錯誤したいというか。

まあ、それはプロが考えた理想の焙煎を再現しようとしているので、良しとしましょう。
最大のネックは価格です。

本体価格、何と10万円!
……ずっこけた方、目を見開いた方など大勢居るかもしれませんねw
人気のジェネカフェとかも7~8万しますし、飛び抜けて高いわけではありませんが、一般人が出せる金額とはとても言えません。

あと、毎月5500円払うと、3種類の生豆がそれぞれ200gずつ届くようです。
(それらを総称してThe Roastというサービス名称みになるたいです)
綺麗にハンドピックしてあるのでしょうし、ハワイコナやブルマンなど高級豆を送ってくれるのかもしれませんが……私は正直ぼったくり高いと思います。
それなりの豆も1000円ちょっと出せば1Kg買えますからね。

敷居の高そうに思える焙煎を一般人に浸透させたいのであれば、5500円を24ヶ月続けたら本体は無料。
もしくは何とか5万前後で販売するべきでした。
それが無理ならせめて契約中はリースしてくれるとか。
まあ、安い生豆を自分で購入し、焙煎し続ければ、10万円でも元は取れると思います。
壊れなければ……。

あと、本体についてです。
残念なのは1回の焙煎量。

50gなのですが、これは正直少ないです。
一杯10~12g程度使うので、4~5杯分にしかなりません。
連続焙煎の耐久度は不明ですが、お裾分けなども考えると、100gは欲しかったですね。

Iotというか、スマホとの連携もiOSだけというのも、どうなのでしょうか。
私はiPhone派なのでいいのですが、androidユーザーを舐めているのではないかと感じますw

自家焙煎の素晴らしさ、コスパの良さを皆さんにも是非知って頂きたいのですが、これは間違いなく売れないでしょうね。
ただ、売れないからこそ、この価格になってしまうのもまた事実。
この状況を打破するには、どうすればいいのでしょうか……。

とりあえず、私は5万で買った焙煎機が壊れるまで、様子見です。
(気にはなっています)
ご購入された方が居られましたら、是非とも感想をお聞かせ下さい。


……と言いたいところですが、そんなセレブな方は中々居ないでしょうねw
  1. 2017/01/31(火) 21:57:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊戯王にハマる

携帯ではハースストーンというゲームをやっていますが、最近マンネリ気味なので、別のカードゲームを落としてみました。
タイトルにもある通り、遊戯王デュエルリンクスというゲームです。

遊戯王と言えば、ジャンプで連載され人気を博したマンガなのでご存じの方も多いと思います。
私もリアルタイムで読んでおり、甥っ子たちがカードを集めているのを眺めたりしていました。

懐かしさもあいまって、どハマリしてしまいました。
いや、ハマるだけならいいのですが、課金まで……。

久し振りに国産ソシャゲをやりましたが、課金への誘惑感は随一ですね。
例えばこちら。
yugioh.png
中央に1回限定の課金240円があると思います。

240円でSR(スーパーレア)が確定なら、やってみるかという気になります。
で、やってみたら、今度は960円で10パック+SR確定ガチャがw

この人間心理に基づいたかのような、高度な課金システム。
脱帽でございます。
ええ、勿論960円も買いましたとも。

ハースストーンなら要らないカードを砕いて、欲しいカードに変換出来るのですが、このゲームは出来ません。
代わりにBOXと呼ばれるシステムがあります。
要は箱買いで、全部買えば、全てのカードが当たりますよ的な感じです。

なら全部買えばいいじゃないかと思ったそこの貴方。
何とこのゲームは3枚までデッキにセット出来ます。
そう、3周分買わないとダメなんですな、これが!

3600円で36回引けます。
2万弱で1BOXとすると、運の良さで多少変動するものの、総額は何と6万!!
何ですかな、このブルジョワ仕様は……。

でも、どうしても欲しいUR(ウルトラレア)があったので、1万5千円くらい行ってしまいました。
後悔しておりますが、星のドラゴンクエストよりはマシかな、とも思っております。

あれは9000円突っ込んでロト装備が出ず、「この野郎」とさらに9000円突っ込んで出ず、そのままアンインストールした伝説のゲーム……。
数分の間に何が起こったのか、私は一体何がしたかったのか、未だに自問する時がありますw
ほんと、20スロのまどマギにでも突っ込んだ方が、まだ夢がありましたね。

ただ、課金したのはゲームが面白いからというのもあります。
(星ドラは微妙でしたが)

こんな感じで画面は非常に綺麗。
yugioh2.png
海馬でブルーアイズなどを召喚出来た時は、「ワハハハ」という原作に近い笑いが出てしまいます。
ちなみに海馬ならブルーアイズ、遊戯ならブラックマジシャンなどを召喚すると、3DCGで登場ムービーが流れます。
これはハースストーンにはない演出で、痺れるポイントです。
勿論、対戦は凄い熱さ。

しかし、サーバーが貧弱なのか、人が多すぎるのか分かりませんが、ログイン制限が酷いです。
昨日などは数時間のメンテナンスが終わったにもかかわらず、人が多すぎてサーバーダウン&イベント延期という、客を蔑ろにしたかのようなコンボを食らいましたw

まあ、お詫びのジェムが配布されて、ガチャが引けたのでいいのですけどね。

とりあえず、もう課金はしない方向で、ちまちまとプレイしたいと思っています。
ID:550-287-365でプレイしていますので、お暇な方、対戦待っていますw
  1. 2017/01/26(木) 21:23:11|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横綱昇進、待ったなし

初場所、千秋楽はご覧になられましたでしょうか?
稀勢の里関(以下、敬称略)が白鵬と対戦しました。

動画がありました。

いやはや、これだけ手に汗握ったのは久し振りです。
時間にしたらわずか数秒、瞬きをする暇もないほどの戦いですが、お互いのプライドが迸る濃密な一戦でした。

白鵬が空気を読んで負ける……などということでは、これだけの名勝負にはならなかったでしょう。
現横綱のプライドを賭けた気迫の寄り、そしてそれを受け止め、鮮やかにかわした稀勢の里の技術。
これぞ、大相撲といった、本当に素晴らしい勝負でしたね。

それにしても、勝ててよかったです。
やはり現横綱を破って勝つのとそうでないのでは、印象ががらりと変わってしまいます。

これで横綱への昇進はほぼ間違いないはず。
若貴以来、待ち焦がれてきた日本人横綱の誕生です。

しばらくは取材やテレビ出演などが続くことでしょう。
浮かれて稽古を怠らずこれからも優勝を重ねていって欲しいですね。
個人的には琴奨菊はそれでダメだったのでは、と思っています。

春場所が早くも待ち遠しいです。
手に汗握る、名勝負の数々を期待しています!
  1. 2017/01/23(月) 20:58:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稀勢の里、優勝決定

大関、稀勢の里関(以下、敬称略)がついに優勝しました。
白鵬が貴ノ岩に敗れた為、千秋楽を待たずしての優勝となります。

ここ最近、他の横綱よりも成績は安定していると言えますし、昇進の期待が高まりますね。
明日、白鵬に勝てば文句なしだと思いますが、今のままでも行けそうな気配はあります。

もしも横綱になれば、超久し振りの日本人横綱の誕生です。
モンゴル勢に独占されていましたので、大変感慨深いものがあります。
おっと、まだ気が早いかな。

しかし、モンゴル出身の力士は強いですね。
白鵬に勝った貴ノ岩もモンゴルです。
今場所のような成績を維持出来れば、綱取り争いに加われる逸材ではないかと思っております。
まだ若いですしね。

先場所、注目された石浦は残念ながら負け越しとなっています。
組む前にやられてしまう相撲が多く、やはり体のハンデは大きいと言わざるを得ません。

が、それだけに勝った時は盛り上がります。
非常に多彩な技を誇る、宇良にも要注目です。
例えばこちら。

たすき反りと言う技らしいですが、技名がきちんとあることに驚きましたw
奥が深いですね。

それにしても……差別ではありませんが、やはり日本人力士が優勝争いしてくれると、面白いですね。
いつポカをやらかすか、ハラハラしながら見ていましたが、見事優勝してくれて本当に良かったです。

明日も勝って、完全勝利(負け越しの琴奨菊に負けていますがw)し、優勝に華を添えて欲しいところ。
最後に流れるであろうザ・千秋楽の神編集にも期待しております!

頑張れ、稀勢の里!
  1. 2017/01/21(土) 22:05:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

設定なんて関係ない

今回の記事、興味のない方は完全に置いてけぼりですが、書かせて下さい。

やりました。
またもや、まどマギ(初代)にてフリーズを引きました。

まどマギでのフリーズはこれで5回目。
打ったことない人だと、しばらくの間、何が起こったのか理解出来ないと思います。
しかし、さすがに5回目ともなると、フリーズした瞬間分かりますね。

ただ、それだけフリーズを引きまくっていても、ケツが浮くのを抑えることは出来ませんでした。
恐らく、1.5センチは浮いていたかと思います。
これはもはや、化学反応と言っても差し支えないかと。

アルティメットバトルは16戦、つまりは90%継続がちょうど10回続きました。
終わってみると、このようなゲーム数に。
center_cherry4.jpg
しかも、ボーナス終了後、キュゥべえが「これは、マイナス収支への反逆だ!」と言うではありませんか。
そう、天国B確定でございます。

私、思いました。
「見えたわ! 万枚への道しるべ」と。

が、これが何と3回で天国抜けにorz
天国Bってこんなものなの……。

しかし、そこは98304分の1という激レアフラグ。
なんやかんやで出てくれました。
center_cherry5.jpg

で、話はこれで終わりません。
その後の出玉が気になって、翌々日にチェックしにいきました。

すると、宵越しで600ゾーン手前という、おいしい状態で落ちていました。
これが座って20ゲーム程で夜の見滝原市にw

残念ながらマミさんエピボでしたが、上手い具合に一発で天国へ。
そして、そのボーナスの最後のゲーム、枚数が表示される画面がありますよね。
そこで!!!という表示が。

強チェリーでも引いたか、と思ったら、何と中段チェリー様がご降臨。
いや、危なかったです。
1ゲーム後だとしょっぱい結果になるところでした。

アルティメットが20戦まで続いてくれて、ご覧の上乗せに。
center_cherry6.jpg

グラフを見て下さい。
赤枠の部分が私が打った箇所になります。
center_cherry7.jpg
間違いなく低設定だと思いますが、中段チェリー様の前では、そんなの関係ねぇ!
店長は今頃、首を捻っていることでしょうw

で、その日の帰り、家の近くのホールもチェックしてみました。
病気ではないか、と思った人も居るかもしれませんw
が、勝っている時は手を緩めてはダメなのです!

すると、200G止めの台が。
240まで回すかと思ったら、何とこの台もいきなり穢れMAXに。

それがまさかの……。
center_cherry8.jpg
出ました、裏ボーナス。
物凄く久し振りに引けました。
フリーズよりも難しいかもしれませんね、これ。

しかし、ベルが余り来ず、しょっぱい結果に。
center_cherry9.jpg
うーん、300は欲しいですねえ。
なぜ、裏ボになると、スイカや弱チェがステルスモードに入るのか。

ただ、その後、神懸かった展開が続き、3000枚近く出てくれました。
ここ2日で合わせ万枚達成でございます。

やっぱり、まどマギ(初代)は面白いですね。
個人的には他の追随を許さない、NO.1の出来映えだと思っています。
もう少しARTに入りやすければ、言うことなしでしたね。

数日経った今でも、まだフリーズの心地よい余韻が体を満たしております。
撤去される前に、弱チェからの裏ボ直撃、ワルプル20戦超えを、是非見てみたいです。

まどか神、よろしくお願いします m(_ _)m
皆さんもフリーズが引けますように。
  1. 2017/01/18(水) 21:30:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びぎ屋へ

急激に冷え込んできました。
雪除けの結界が張られている浜松でさえ、粉雪がちらつく始末。
他県は相当の荒れ模様かと思われます。
皆さん、大丈夫でしょうか?

こういった寒さの日には、ラーメンが食べたくなりますね。
少し前に磐田市にオープンしたラーメン店があります。

その名も「びぎ屋」。
何でも東京の有名店らしく、連日、大変な行列が出来ておりますが、どうにか食べることが出来たので、レポートしてみたいと思います。

ちなみに4度目の正直です。
1回目と2回目は駐車場が一杯で断念。

「この野郎」と思い、平日の10時半(11時オープン)に行きました。
はい、スキル発動。
謎の店休日です。

ネット上では定休日なしとなっていたのですが……。
恐らく正月の代休ではないかと推測しますが、ほんと呪われているとしか思えない確率ですね。

中に入れた日も15分くらい前に行きました。
それでも10人以上並んでいて、待たされました。

椅子は結構沢山ありますが、数人が店内に入ると、しばらく待たされるのです。
私は思いました。
パチ屋の新装開店じゃあるまいに、とw
寒いし、一度に中に入れてくれてもいいと思うのですがね。

肝心のラーメンはこちら。
bigiya.jpg
特徴としてはチャーシューが2種類あることでしょう。
片方はヤマドリみたいに固く、歯ごたえがあります。
豚とのことですが、味も鳥肉そっくり。

結局、美味しいの? ということですが……。

正直、醤油ラーメンということで嫌な予感はしていました。
私の持論に「醤油ラーメンなら自宅で十分」というものがあります。
それが覆ることはありませんでした。

良く言えば上品、悪く言えば何の変哲もないラーメンです。

個人的な意見ですが、並ぶ価値は全くないと感じました。
1080円する値段も微妙。
並ばなくて食べることが出来て、750円くらいなら何とか……といったところです。

もしかしたら、並んでいるのは皆、一見さんなのかもしれません。
まあ、あと半年くらい経って、まだこの行列が続いているようなら、私の味覚がおかしいということになりますね。

近場にお住まいの方、是非食べてみて感想をお聞かせ下さい。
私はもう行くことはないと思いますw
  1. 2017/01/15(日) 21:45:03|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

改良ウッドストーブを試す

約2000円で購入したウッドストーブ。
煤が凄いのと火力が安定しないので、もう二度と使うまいと思っていましたが、改良することにより、安定した火力を得ることが出来るという記事を見つけました。

正直、使い勝手はガスバーナーが圧勝です。
しかし、雰囲気だけは最高なので、もう一度、試してみました。

今回は新たなアイテムも投下。
キャプテンスタッグのテーブルです。
Wood_Stove7.jpg
このテーブル、ツーリングライダー御用達の一品。
約1400円とリーズナブルなお値段となっております。
椅子は前から持っていましたが、奇しくも同じメーカーです。
何故ならば安いからw

で、改造したウッドバーナーはこちら。
Wood_Stove8.jpg
改造点は2つ。
100均の網を内部にセットしたのと、灰受けとして灰皿を追加しました。
灰皿はテーブルに灰が溜まるのを防ぐことを目的としています。

網は燃えかすなどで空気が流れなくなり、火が消えてしまうのを解消する為のものです。
緩やかなドーム状になっているので、炭などが周りに落ちてくれることを狙っています。

ちなみに本家ソロストーブはこのようにメッシュ状になっている為、不完全燃焼にはなりにくい模様。
伊達に8000円もしないですね。
Wood_Stove9.png

賑やかになってきました。
ナイフは新しく手に入れたモーラナイフです。
Wood_Stove10.jpg

枯れ枝と松葉で燃料を作成。
Wood_Stove11.jpg

ラーメンを投下!
安定かつ最強の袋ラーメンと呼び声が高い、サッポロ一番みそラーメンです。
ちなみにファイヤースチールは呆気なく着火してくれました。
Wood_Stove12.jpg

燃料を入れすぎたっ!
Wood_Stove13.jpg

タマゴも入れて完成です。
Wood_Stove14.jpg
旨いっ! と言いたいところですが、ネギが辛すぎましたw
あと、薪が足りなくて火力が安定せず、ちょっとぬるかったり。

食後の楽しみはこれ。
珈琲を頂きました。
Wood_Stove15.jpg

さて今回、改良した成果はどうなったのか。

まずは灰皿。
Wood_Stove16.jpg
これは成功と言ってよろしいかと。
直径12cmの灰皿でぴったりです。

網の方はどうか。
こうなりました。
Wood_Stove17.jpg
やっぱり詰まっていますね。
角度が足りないのかもしれませんが、これ以上のものにした場合、かなり短い薪を入れないと、上がつかえてしまいます。
てか、掃除が大変です、これw

総評すると、やはり微妙ですね。
こうなると、ファイヤーボックスという、シンプルな焚き火用の囲いを買った方がいいのかもしれません。

ただ、二次燃焼と言いますか、煙の出ない火も捨て難いです。
Wood_Stove18.jpg

結論を言います。

火の心配をしたくない人はファイヤーボックスで、豪快に焚き火を。
煙の少ない美しい炎が見たい人は、ソロストーブを買いましょう。

つまり、パチモンはやめた方がいいということですな!
このmotomoウッドストーブが唯一ソロストーブに勝っているのは携帯性ですが、僅かの大小よりも火力が安定した方がずっといいと思います。
5~6000円足せば、ソロストーブが買えますので、個人的にはそちらを強くお勧めします。
一生物ですしね。

ちなみに今回の殊勲賞はキャプテンスタッグのテーブルです。
ちょっと背が低いですが、あるとかなり便利です。

技能賞は創業125年というスウェーデンが誇るモーラナイフ。
2500円とは思えない切れ味、頑丈さです。
薪を作る際のバトニング(斧みたいにして使うこと)に重宝しました。

敢闘賞は……まあ、ファイヤースチールにしておきますか。
ほぼ一発で着火してくれましたしね。

さて、今度こそ、ガスバーナーに戻りたいと思います。
ファイヤーボックス、ソロストーブを買われた方は、良きキャンプライフをお楽しみ下さい;;
  1. 2017/01/11(水) 20:03:17|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ちゴケよ、さらば

ホンダがバイクにて凄いシステムを開発しました。
その名もHonda Riding Assist。

何かと言いますと、バイクが自動でバランスを取って、転倒を防ぐというものです。
R1とか10Rなども6軸、5軸センサーなどで補正する機能が付いています。
ですが、それらは立ちゴケを防ぐ類いのものではありません。

百聞は一見にしかず。
この動画を見ると、凄さが分かります。


うーむ、素晴らしい。
これさえあれば、取り回しの際や、右左折での痛ましい転倒などから、完全におさらば出来ることでしょう。

後半の後ろをついてくるというシーンも、よく考えたら凄いですね。
もはやペットというか、アイアンマンのジャービスみたいに喋ってくれれば、完全に未来の乗り物となりそうw

市販車への搭載は未定とのことですが、動画を見る限り、いつ実用されてもおかしくないレベルにありそうな感じ。
重量が何十キロも増えるとかだと微妙ですが、数キロアップ程度で収まってくれるのであれば、今後はスタンダードの装備となるやもしれません。

ホンダ以外も標準装備になってくれる日を心待ちにしています。
  1. 2017/01/06(金) 21:01:21|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真の鴨南蛮そばを

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末ジャンボプチが当り(1万円ですがw)、今年は良い年になりそうだと思ったのも束の間。
信じられない事実を知ってしまいました。

それは鴨南蛮そば。
皆さんも一度は食べたことがあるかと思います。

あれに乗っている肉、何だと思います?
恐らく、カモ肉と思っておられる人が大多数でしょう。

だが、しかし。
何と大半の鴨南蛮そばには、アヒルの肉が使われているとのこと。

何と言うことでしょう!
今まで旨いと思って食べていた肉が、アヒルの肉だったとは……。

これは許し難い事実。
本物を食べるしかありません。

と言うことで作ってみました。
頂きものですが、正真正銘のカルガモです。

出汁を取るべく、肉を落とした体部分を煮込みます。
kamonanban.jpg

フライパンで極上胸肉を炒めます。
kamonanban2.jpg

「鴨が葱を背負ってくる」という言葉があるように、相性の良いネギも投入。
kamonanban3.jpg

流行のペンパイナッポーアッポーペンではありませんが、出汁で煮込みつつ、蕎麦と合わせて完成。
これぞ正真正銘、紛うことなき鴨南蛮そばでございます。
kamonanban4.jpg
素材は文句なし、作り方も間違っていないはず。
これで不味かろうはずはありません。

汁を啜り、肉をパクリ。

ま、不味いじゃねえか。

いや、血抜きが甘かったです。
これがカモの味と言えばそれまでなのですが、自己主張が激しすぎました。

思うに、出汁を取るガラですが、あんなに肉が付いていて良かったのか。
もしかして、もっと骨だけのものを煮ないとダメ?
まあ、胸肉の臭みが一番強いので、どちらにせよ失敗だったと思います。

やはり、オレンジソースでフレンチ風にするのが、最良の調理方法かもしれません。
まだ1枚、胸肉が残っているので、そのお肉は前回成功した調理方法で頂くことにします。

やはり、料理の世界は奥が深いですね。
猟期も残り少なくなってきましたが、獲ることは勿論、調理方法に関しても邁進していく所存です。

とりあえず、冷凍庫を埋め尽くしているシカ肉を消費しないと……。
  1. 2017/01/02(月) 19:47:37|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (169)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する