三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

とんでもないクソ台に

少し前ですが、スロットのまどかマギカ2がリリースされました。
前作は未だに高稼働が続く神台でしたが、今作は酷評の嵐の模様。
そんなに酷いのか、と初打ちしてみました。

いやもう、聞きしに勝る酷さ。
ちょっと打っただけでも、色々と粗が目に付きました。

・回らない
 ベルが全然落ちなくて、沖ドキ並みに回りません。
 1000円で25ゲーム回るかどうかかも。

・レア役が重い
 前作はスイカがそこそこ出て、それなりに期待が持てたのですが、今作は全然出ません。
 弱チェリーは存在価値なし。

・CZ(チャンスゾーン)が当たらない
 高設定だと違うのかもしれませんが、全然当たらないです。
 さんざん引っ張った挙げ句、「気のせい・・・?」で終了。
 「お前、ほんといい加減にしろや」と心の中で突っ込まざるを得ないレベル。

・出ない
 私はARTに突入する前にギブでしたが、隣が裏ボーナスを引いていました。
 300ゲームくらい乗っていましたが、まあメダルが増えないですね。
 リプレイばっかり。

それもそのはず。
機械割りがこんなことになっています。
slot_madomagi2.png

機械割りというのは、どれだけ出玉が出るかの目安で、数字が高い方がいいことになります。
設定5、6が削られすぎです。
1、2が0.6くらい増えていますが、何の影響も及ぼさない誤差レベルかと。
こんな数字じゃ、奇跡も魔法もありゃしません。

さすがに客も馬鹿ではないのか、すでに通路状態となっていました。
いくら萌え豚といえども、こんな機械割りをいつまでもブヒブヒ言いながら打っていると思ったら大間違い。
5スロに落ちる日も遠くないでしょう。
が、2スロで何とか……というレベルだから始末に負えぬ。

とは言え、全ての癌は新基準。
全くもって新基準はクソです。
スロット業界の終焉も近い気がします。

一応、良いところを挙げるなら、アニメーションの美麗さがあります。
全て描下ろしみたいで、マミさんがブルマになったりしていました。
あざといと言うか、「いつの時代だ」と突っ込んでしまいましたw
もっとも、そんな演出すら楽しめないほどの苦行を強いられるのですが……。

こんな台でも事故れば出るのでしょうね。
でも、通常時が退屈すぎます。
この動画、6らしいですが……。


私は1回ボーナス引いただけでギブアップ。
ARTはプレイ出来ませんでした。
マギカクエストとかで爆発すると、楽しいのかもしれませんね。

もうすぐ北斗の新台も出るようですが、目くそ鼻くそというのは間違いありませんw
これからはアプリで楽しむ時代になりそうですね。
まどマギ2が出た暁には、クソッぷりを堪能したいと思いますw
  1. 2016/09/30(金) 19:35:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豪栄道関、全勝優勝!

いやー、秋場所、熱かったですね。
稀勢の里関の綱取りに注目していましたが、まさかの伏兵、豪栄道関が優勝とは。
いや、大関なので伏兵と言うのは失礼に当たるかもしれませんが、驚きました。

何と言っても、カド番でしたからね。
8勝でリセット出来れば上出来かと思いきや、優勝、それも全勝優勝です。

激熱だったのが13日目。
横綱である日馬富士関との一戦です。
動画がありました。

立ち会い前の、この睨み合いはどうです。
私は現横綱の中では日馬富士関が一番好きなのですが、さすが盛り上げ方を分かっておられるw
優勝への分水嶺と言っても差し支えない一番で、観客の興奮度も最高潮に達したことでしょう。
土俵際の鮮やかな逆転劇も素晴らしく、心底痺れた一戦でした。
生で見たかったなあ、これ。

非の打ち所のない見事な全勝優勝ですが、ここで気を抜いてはいけません。
次に13勝くらい出来れば、超久々、日本人横綱の誕生ですので。

横綱になってしまえば、こっちのもの。
いくら負けようが番付は下がりませんw
現在も大関レベルではないか、と首を傾げたくなる横綱が1人居ますよね。

羽目を外すのは横綱になってからでも遅くはありません。
怪我には注意して、何とか悲願を達成して欲しいです。

頑張れ、豪栄道関!
  1. 2016/09/26(月) 22:55:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

業務用コーヒーミルを購入

私は(自称)コーヒー通です。
家で自家焙煎もやっており、日々、味の追求に勤しんでおります。

コーヒにおいて、味を決める要素は何か。
私は大きく分けて、焙煎、粉砕、ドリップの3つがあると思います。

焙煎は以前に記事を書いたように、本格的な焙煎機を購入しました。
ドリップはゴールドフィルターを使い、ハンドドリップしているので、問題なし。
ただ、粉砕に関しては1600円くらいの手挽きでゴリゴリやるやつでした。

しかし、この度、本格的なミルを手に入れました。
こちら、Fuji Royal社のR-440です。
R-440.jpg
もう少し小型の「みるっこ」というミルで有名な会社です。
これはその原型となった業務用のミルになります。

お値段は7万ちょいくらいだと思います。
それが何と、オークションにて1万円で落札出来ました!
……が、壊れていましたw

メーカーにメンテナンスを頼み、プラス1万。
総額、約2万ちょっとでした。

噂には聞いていましたが、瞠目に値する粉砕能力です。
ザーッという音がしたかと思うと、粉砕完了。
1杯分が3秒ほどですw

飲む度に手で20秒以上ゴリゴリやっていた日々は何だったのか……。
物凄く楽になりました。

あと、素晴らしいのが、ダイヤルを捻るだけで挽き目を簡単に変えられること。
このダイヤルを回すだけです。
R-440_2.jpg
折角ですので、挽き目を。
撮影日が異なっていますので、豆の種類は違います。
まず、これが手挽きでゴリゴリやっていたやつ。
1600円という値段の割には、相当綺麗な挽き目ではないでしょうか。
入門者にはこういった手挽きがお勧めですね。
(上から目線ですいませんw)
R-440_3.jpg
R-440のメモリ8。
数字が高いほど粗くなります。
ほぼマックスですね。
豆の消費量は増えますが、まろやかな口当たりになる、贅沢な飲み方。
R-440_4.jpg
メモリ1のエスプレッソ用。
ただ、エスプレッソ好きな人に見てもらったところ、エスプレッソ用のミルだともっと細かいらしいです。
残念ながら、ドリップには向きませんでした。
フィルターが目詰まりを起こしてしまい、ドリップするのにえらい時間がかかってしまいます。
味に関しては雑味がよく出るのか、苦くなります。
R-440_5.jpg
数字の4、DRIPとダイヤルに書かれている位置です。
豆にもよると思いますが、個人的には4が一番バランスの取れた味になりました。
下の画像はフルシティローストのエルサルバドル、ハイローストで酸味を出したアンデスマウンテンのブレンド。
「う、うめえずら……」と、不覚にも古き良き静岡の言葉で唸ってしまうレベル。
これはやばかったです。
R-440_6.jpg
この手のレビューで「ミルでこんなに味が変わるとは!」みたいなものをよく見かけますが、それほどまでは変わりませんでした。
いや、勿論、味は変わります。
でも、機械が違う以上、挽き目を完全に同一にすることは出来ません。
粗さで味が変わるのは当然ですので、比べる事自体、余り意味がない気がするのですよね。

強いて言えば、均一性とかですかね。
それと、粒の形状自体が変わっているので、そこで差が出ているとも言えるかな。
まあ、1600円のやつよりは美味しい方向に向かったのは間違いないと思います。

素晴らしいミルですが、唯一の欠点はそのサイズです。
コーヒーを一杯飲むのに、50cm程もある大きさはどうか。
周りを威圧するかのような、凄まじい存在感があります。

そして最大のネックは重さ。
15キロという、途方もない重さです。
これはもう、あれですね。殺傷力がありますw
サスペンスドラマの凶器になってもおかしくないかと。

お金があるのなら、一回り小さく、重さも5キロ程度の「みるっこ」をお勧めしますね。
4万くらいで新品が買えます。
ただ、R-440はそのサイズゆえか、オークションで安く取引されています。
性能自体に差はないと思われますので、安さを取るか、サイズを取るか、ですね。

正直、1万以上するミルならどれも大差ないのでは、という気もしなくはないですw
でも、「俺、ミルは業務用の使っているんだわ」という、素晴らしい台詞を言える資格が得られました。
コーヒーと共に優越感を味わえるR-440。
お勧めです!
  1. 2016/09/24(土) 21:11:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

義侠心あふれる店員さん

予約していたiPhoneシルバー32G。
待てど暮らせど一向に入荷しなかったのですが、128Gなら売っているお店があると聞き、Ninja250で颯爽と行って参りました。

駐車場に停まっていたパニガーレに軽く嫉妬を覚えつつ、店内へ。
浜松の某店ですが、店名は伏せておきます。
理由は後述。

事前に得ていた情報通り、在庫はありました。
128Gを買うならジェットブラックにしたかったところですが、残念ながらゴールドとピンクしかありませんでした。
「ピンクはいくら何でもなあ……」と、ゴールドをチョイス。
しかし、これが予想外の良さ。
透明ケースに入れてみたのですが、角度によっては淡い銀色に見えたりして、びっくりするくらい綺麗なのです。

さて、本題はここからです。

携帯を買い替えた際、ワケの分からないオプションに入らされ、引き落とし時に気付くといった経験をした方は多数居られるのではないでしょうか?
私もiPhone6の時に、煮え湯を飲まされたクチです。
もはや、機種変更時の儀式みたいになりつつありますね。
今回もまた色々解除しないとなあ、と思っていました。

ところが!
まだ若い店員さんが、「オプションはそのままでいいですね」と言う耳を疑うような言葉を発したではありませんか。
私は思わず聞き返しました。
あの意味不明なオプションは入らなくていいのか、と。

返ってきた言葉はこう。
「ええ、それ上から言われているんですけど、やっぱりお客さんも面倒だと思いますし……」

「痛みに耐えてよく頑張った、感動した!」と、立ち上がって叫びそうになりました。

何という熱き志を持った漢か。
「オプションをつけないと、契約出来ないんですよ」とiPhone6の契約時に、いけしゃあしゃあと言い放ったクソ野郎、もとい、店員さんとは大違いです。
ほんと、Yahoo!プレミアムとか、携帯の契約と何の関係があるんだか。

こういう店員さんが居るのであれば、ソフトバンクもまだ捨てたものではないかもしれませんが、店名を特定された場合、上から何か言われそうな気がw
ソフトバンクに限ったことではないでしょうけど、3大キャリアレベルの大木になると、あちこち腐ってそうですからね。

とりあえず、次回に買い替える際はまたこのお店を利用しようと強く思いました。
恐らく、次の買い替えは2年後となります。
その頃には、あの店員さんが居なくなって、クソみたいなオプションを大量につけられるかもしれませんw

そうならないことを心から祈っています。
どうか、正しい若者が憂き目を見ない世の中でありますように……。
  1. 2016/09/21(水) 22:21:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja250に限定モデル

Ninja250に限定モデル、KRTウインターテストエディションが登場しました。
デザインはこちら。
Ninja250_2016winter.png
シックな感じでなかなか良いと思いますが、もう少し緑成分が欲しかったかも。

ウィンターという言葉でピンと来た方はカワサキ通。
そう、ZX-10Rであったやつです。
ZX10R-Winter-edition.jpg
うーむ、さすがのNinja250といえども、これには負けますなw
Rの文字を緑色にしたところにセンスを感じます。
スクリーンの冬の文字で大幅マイナスですが……。

ただ、よく見ると分かりますが、普通のNinja250と違い、スモークタイプのハイスクリーンとラジアルタイヤも標準装備しています。
それに伴い、フロントホイールリムとリヤタイヤもワイド化されているとか。
走りも少し違うかもしれませんね。

このウインターテストエディション、600台限定とのこと。
今から買う予定で、緑成分は不要という方は、これにするのもありかもしれません。
やはり、限定カラーというのはいいものですので。

一気に600台完売ということはないと思いますが、欲しい方は早めのご予約を!
  1. 2016/09/18(日) 18:38:22|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不気味の谷を超えた

不気味の谷という言葉があります。
ロボットなどが人間に近付くにつれ、嫌悪感や警戒心を抱いてしまうという意味です。
簡単に言うと、中途半端に似ているので不気味、ということかと思います。

その谷を越えたらどうなるのか。
超えたと言われるCGが話題になっていました。

私もいささかCGを扱います。
「どんなもんじゃい」と鼻息荒く見てみると……。
CG_saya.jpg
「す、すげえずら、たまげたずら……」と、思わず古き良き静岡の言葉が出てしまうほどのインパクト。
いや、もう谷を越えたどころか、遙か上空を舞ってますがなw
この質感、只者ではありません。

この少女、Sayaと言うみたいです。
作ったのは何と夫婦のCGクリエイター。
そう、つまり制作人数は驚愕の2人ということに。

相当凄いレンダリングソフトを使っているのかな、と思ったのですが、地道な手描きで人間らしさを出していったとか。
確かによく見ると、微妙に左右が非対称になったりしていますね。
似ている子を募集したら、居るんじゃないか、と思えるほどリアルです。
熱意と執念の賜物ですね。

もっとも、この質感のレベルはBlenderでは不可能な領域です。
例えば、この靴。
CG_saya2.png
cyclesならいける……いや、それでもここまでは無理でしょう、きっと。
靴下のナチュラル感も素晴らしいです。

こんな感じで筋肉まで意識して作っているとか。
CG_saya3.png
何だか、進撃の巨人みたいに見えますなw
使っているソフト何て言うのかな。
なかなか高そうなソフトですね。
Blenderで左右非対称をやると、ミラーが使えなくなるという欠点がありますが、このソフトなら大丈夫なのかなあ。

このSaya、いずれショートムービーを公開するらしいです。
しかし、このクオリティのものをレンダリングしてムービーにするのは大変ではないでしょうか。
スパコンレベルのPCがないと、何週間、いや何ヶ月間もマシンが唸りっぱなしになりそうです。
視点によってライティングの調整とかも必要でしょうし。

でも、見てみたいですねえ。
この静止画のレベルでレンダリング出来るのであれば、スクエニを超えるやもしれません。
個人クリエイターが圧倒的資金力、技術力を持つ大企業を超える。
何とも夢のある話ではありませんか。

何かこんなのを見てしまうと、自分の作っているCGが物凄くしょぼく見えてきますが、ジャンルが全然違うので気にしないことにしますw
コツコツ頑張ろうっと。
  1. 2016/09/13(火) 20:17:48|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhone7、発表

ついにiPhone7が発表されました。
詳しいスペックはもう説明不要かと思いますので、カラーバリエーションだけ。
iPhone7.png
一番右のピアノブラックが一番人気になりそうですね。
3GSを使っていた私としては感慨深いものがあります。
が、32Gモデルはないみたいです。128Gも要らないんですよね……。

予約は9/9の16:01から。
残念ながら仕事で土曜日になりそうですが、必ず手に入れます。

なぜならば、現在使用しているiPhone6が壊れたから。
いや、正確に言うと壊したからです。

この2Lの水筒をッ!
iPhone7_2.jpg
iphoneの約20cm上空から落としてしまいましたorz
足の指にでも落ちてくれればいいものを、何だってよりによってiPhoneに……。

でも、画面は割れませんでした。
「おお、さすがはApple、さすがはiPhone」と感動していたのも束の間、電源を入れたら画面に大量のノイズがw
しかも、静電センサーが壊れたのか、予期しないタップが起こってしまいます。
用事もない人に電話をかけた挙げ句、意味不明なメールまで送りつけてしまうという始末。
もう処置なしです><

当然ながら写真が撮れないので、ツーリングの記事も書けないです。
てか、携帯なしで出かけるのって、結構怖いですね……。
大海に浮き輪なしで放り出されたというか、凄い不安感があります。

6sならすぐ手に入るでしょう。
しかし7の発表があった後に6sを買うなどというのは愚の骨頂。
何とか耐え凌いで7を手に入れようと思っています。

とりあえず、人気が出そう&大容量のピアノブラックは諦め、グレーかシルバー辺りを狙います。
ただし、手に入れても記事は書かないつもりです。

思い切りぶっちゃけますと、大して変わらないのでw
大きな変化と言えば、スピーカーが2個になったくらいじゃないですかね……。
値段も高いし、6sから乗り替える意味は全くないと思います。

私のように意図せずiPhoneの耐久テストを行ってしまった方は是非ご一緒にw
  1. 2016/09/08(木) 19:09:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近場で海鮮丼

新鮮な魚を使った海鮮丼はとても美味しいです。
今までは焼津へ1時間近くかけて行っておりましたが、近場で本格海鮮丼を味わえると聞きつけ、早速行ってきました。

浜松からバイクで30分ほどですかね。
着いた先は磐田市にある渚の交流館というところです。

避難タワーが目印。
nagisa_kouryu.jpg
残念ながら普段は入れないみたいです。
眺めは良さそうなので勿体無い気がしますね。

素晴らしいオーシャンビュー。
nagisa_kouryu2.jpg

で、目当ての海鮮丼はこちら!
nagisa_kouryu3.jpg
ご飯大盛りにして計1200円。

味は焼津で食べたものと比べても、ほとんど変わらないと思います。
そもそも、不味い刺身なんて食ったこと無いわけで……。

優れている点があるとすれば、一切れ一切れが巨大ということです。
一口じゃ食べられないくらいなので、ボリューム感があります。

ただ、ご飯は大盛りにしても全然足りません。
華奢な女性でも足りないんじゃないかなあ、これ。
焼津でもそうだったのですが、量が少ないのは海鮮丼の宿命なのかも。

デザートにミニパフェを頼みました。
nagisa_kouryu4.jpg
400円でしたが、250円が妥当といった感じ。
素直にソフトクリームにすれば良かったかもしれません。

しかし、のんびりしていい所ですが、何もやることがないという。
周りの道も走っていて特に面白い感じではないので、食べるか、海を見るか、の二択ですw
でも、焼津に比べると値段も交通費もお得になりますので、純粋に海鮮丼が食べたい方は、こちらがお勧めかな。

そうそう、この場所、非常に釣り人が多かったです。
釣りをやられる方は自力で調達というのにチャレンジしては如何でしょうか?
食べ放題です。
……腕があればw
  1. 2016/09/06(火) 19:01:03|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZX-10R 2017年モデル

ZX-10Rの2017年モデルが発表されました。
ソースはカワサキイチバンさんです。
さすが、情報が早い!

当然ですが、新型が出たばかりなのでスペックには変わりなく、変更点はカラーのみとなっています。
しかし、この新色が凄い出来映え。

こちら。
ZX-10R_2017.png
定番の緑もあります。
ZX-10R_2017_2.png
いやー、いいんじゃないでしょうか、この新色。
カワサキと言えばグリーンですが、これは正直迷うと思います。

余談ですが、私が白色のバイクに惹かれたのはパニガーレ……ではなく、隼です。
所用でグランドホテルに行ったのですが、その時、展示してあったコイツにやられました。
ZX-10R_2017_3.jpg
この美しさはどうです。
いやもう、ハートを撃ち抜かれましたね。
ライトアップで2割増しくらい格好よく見えていると思いますが、隼を買おうかな……と、一瞬迷ったほど。
300キロ近い重さを思いだし、すぐさま想いを断ち切りましたが。
いかにシート高が低かろうと、絶対に立ちゴケする自信がありますw

スーパーバイク世界選手権で証明しているように、圧倒的な戦闘力を持つZX-10R。
私は手が届きませんが、買われる方は緑か白で大いに悩んで下さい。

悩んでいる時が一番楽しいのでw
  1. 2016/09/02(金) 20:13:59|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (192)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (303)
狩猟/射撃 (96)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する